グローバルニュース

シスコ、サービス プロバイダー ネットワークのサービス管理を簡略化


シスコ、サービス プロバイダー ネットワークのサービス管理を簡略化

伝送、Ethernet、NFVとサービス プロバイダーWi-Fiソリューションの マルチレイヤー、マルチドメイン管理を提供するCisco EPN Managerを発表

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2015年6月2日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、本日オープンで弾力性があるアプリケーション セントリック ネットワーク インフラストラクチャ フレームワーク、Evolved Services Platform(ESP)向けの新しいネットワークサービス管理ツールを発表しました。

サービスプロバイダーはこのツールによって、クラウドベースのサービスを収益化するまでの時間を 短縮し、導入の運用コストを削減できます。シスコの新しいEvolved Programmable Network(EPN)Managerは、統合型のネットワークサービス管理ツールであり、シスコのマルチレイヤー ネットワークサービス ライフサイクル管理ソリューションの主要なコンポーネントです。新しいCisco EPN ManagerをCisco WAN Automation Engineと補完的に併用することで、管理を自動的かつリアルタイムに最適化する設計、プロビジョニング、保証機能が実現されます。

物理ネットワーク要素向けに構築されている現在のネットワークサービス管理の実装は極めて複雑で、高コストな手動プロビジョニングを必要とする、オンプレミスのサイロ化されたシステムに依存しています。このため、新規サービスの導入に数か月の時間を要し、複数のネットワークサービスドメインにまたがる障害解決は煩雑になり、エラーが生じやすくなっています。

これに対して、Cisco EPN Managerはユニークなモデル主導型のアーキテクチャを採用し、コンテンツ、プラットフォーム、デバイスを明確に分離することで、物理と仮想の両方にまたがるSDNとNFVベースのプログラマブル ネットワーク アーキテクチャへの移行を迅速化します。パケット光伝送、キャリアイーサネット、サービスプロバイダーWi-Fi、データセンターなどの複数のネットワークサービスドメインをカバーするEPN Managerは、自動化とアジリティ(敏捷性)の達成という、サービスプロバイダーの将来的な要件に対応できる専用の設計になっています。初期バージョンは、急速に増加している光とEthernetアプリケーションが対象となっていますが、今後のリリースでは機能の追加が予定されています。

可視性とトラブルシューティングを強化するための動的地理マップと、3D、相関マルチレイヤーサービストレースを備えた先進のユーザーインターフェイスを持つEPN Managerは、問題の根本原因をより迅速に特定し、全体的な平均修復時間を短縮することでカスタマーエクスペリエンスを改善します。

シスコ 、クラウド/バーチャライゼーショングループ製品管理担当バイスプレジデント、JL・ヴァレンテ(JL Valente)は、次のように述べています。
「業界をリードするシスコ プログラマブルネットワークライフサイクル管理ソリューションのポートフォリオは、Cisco EPN Managerの発表によってさらに強化されます。お客様サイトからサービス プロバイダーWi-Fiアクセスポイント、データセンターアプリケーションに至る全領域で、光とパケット、さらにネットワーク内の物理的プロパティと仮想プロパティのシームレスなコンバージェンスを、完全な障害追跡可能性とともに実現できるようになります。サービスプロバイダーの企業は、新しい機能、新しいテクノロジー、新しいデバイスを迅速にサポートできるソフトウェアアーキテクチャによって、シンプルな設計と統合されたエクスペリエンスの活用が可能になります」

コメント

Analysys Mason、ネットワーク ソフトウェア/バーチャライゼーション担当リサーチ ディレクター、ダナ・クーパーソン(Dana Cooperson)氏
「Cisco EPN Managerのようなマルチレイヤーのリアルタイム管理ソリューションを導入することによって、事業者はデバイス運用の自動化、高速なプロビジョニング、サービスの保証が可能になり、ビジネスの敏捷性と運用効率を向上できます。物理と仮想の両方の要素を管理する能力は、事業者がNFVテクノロジーを導入する上でもとても重要です」

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Cisco Simplifies Service Provider Network Services Management>