グローバルニュース

シスコとMicrosoft、協業範囲を新しいクラウド プラットフォームまで拡大


シスコとMicrosoft、協業範囲を新しいクラウド プラットフォームまで拡大

協業強化により、クラウド プロバイダーによる統合型クラウド プラットフォーム経由での サービス提供を迅速化

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2015年3月11日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、クラウドとデータセンターに関するMicrosoftとの協業の対象範囲の拡大を発表しました。これにより、サービスの提供を迅速化し、クラウド プロバイダーによるインタークラウドへの移行を合理化するための新規テクノロジー プラットフォームが、新たに協業の対象となります。

今日の次世代クラウド サービスにおいては、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、ストレージ、コンピューティングの間に緊密な互換性が求められます。その結果、クラウド プロバイダーが新しいクラウド サービスを市場に投入する際には、管理の複雑さと、インフラストラクチャとアプリケーション層間の統合コストが課題となります。これらの問題に対応するために、シスコとMicrosoftはCisco Cloud Architecture for the Microsoft Cloud Platformを開発しています。これは、Windows Azure PackとCisco Application Centric Infrastructure(Cisco ACI)の組み合わせによる統合型ソリューションであり、クラウド プロバイダーはハイブリッド クラウド サービスの配備/展開に要する時間を短縮し、運用を大幅に簡略化すると同時にコストも削減できます。

本日、新たに14社のクラウド プロバイダーが、シスコのIntercloud パートナー エコシステムへの参加を表明しました。これにより、Intercloud プロバイダーの数は60社を超え、データセンターの数は50か国の350カ所以上にまで拡大しました。

シスコとMicrosoftによる統合型クラウド プラットフォームの提供

Cisco Cloud Architecture for the Microsoft Cloud Platformは、従来のIaaS(インフラストラクチャ アズ ア サービス)ソリューションの枠を超えて、IaaS、PaaS(プラットフォーム アズ ア サービス)、SaaS(ソフトウェア アズ ア サービス)ソリューションを組み合わせ、クラウド プロバイダーが顧客に一層の価値を与えるためのビルディングブロックを提供します。

シスコとMicrosoftのテクノロジーの統合は、クラウド プロバイダーがかつてない価値を実現することを目的としています。Windows Azure PackとCisco ACIを組み合わせることで、パートナーはサービス(ネットワーク サービス、ディザスタ リカバリ、ビッグデータ、エンタープライズ アプリケーション サービスなど)をDevOpsのスピードで提供できるようになり、総保有コスト(TCO)を大幅に削減し、収益化までの時間を短縮できます。このコラボレーションによって、事前にパッケージ化されたポリシー管理ライブラリが提供されるようになり、クラウド プロバイダーはポリシー管理の一貫性を維持しながら、より迅速にアプリケーションを配備/展開できるようになります。さらに、Microsoft System Center 2012 R2Cisco Unified Computing System(UCS)Managerを統合することで、クラウド プロバイダーは、成長するビジネスを簡略に運用やコントロールができるようになります。

最終的には、シスコとMicrosoftは、ライフサイクル全体の市場進出アプローチでエコシステム パートナーをサポートし、サービスの発想から需要創出、顧客維持に至るすべてを提供する予定です。Cisco PoweredおよびMicrosoft Cloud OS Network(COSN)プログラムは、相互に完全に補完し合い、この新しいプラットフォームを導入するクラウド プロバイダーにこれまでにない充実したサポートを提供します。これにより、パートナーは先行投資額を削減し、市場進出のリスクを最小化できます。

この新しいソリューションは、従来のエンタープライズ アプリケーションのニーズに適合するように設計されています。これは、クラウド ネイティブ ワークロード向けのOpenStackベースのシスコのアーキテクチャを補完し、IntercloudとAzureに接続するためのシームレスなハイブリッド クラウド機能を提供します。シスコは、最初のリファレンス アーキテクチャを2015年4月に発表する予定です。

パートナーとのIntercloudの構築

シスコは、パートナーと連携してIntercloud(グローバルに接続されたクラウドのネットワーク)を構築しています。Internet of Everything(IoE)向けに開発されたシスコのIntercloudは、高価値なアプリケーション ワークロード、リアルタイム アナリティクス、無限に近い拡張性、各国のデータ主権法順守に合わせて設計されています。シスコのビジョンは、世界最大のクラウド ネットワークを構築することで、最も総合的でプロビジョニングと利用が簡単なハイブリッド対応クラウド サービスの市場を提供することです。

本日、新たに14社のクラウド プロバイダーが、シスコのIntercloud パートナー エコシステムへの参加を表明しました。これにより、クラウド プロバイダーの数は60社を超え、データセンターの数は50か国の350カ所以上にまで拡大しました。新しいIntercloud プロバイダーは、Bezeq International(イスラエル)、City Cloud Technology(中国)、CTC - 伊藤忠テクノソリューションズ(日本)、Freudenberg IT(ドイツ)、iland(米国)、Proximus(ベルギー)、QSS(ボスニア)、QTS(米国)、Skyscape Cloud Services(英国)、Telecom Italia(イタリア)、Telefonica(スペイン)、Troila Technology Development(中国)、ViaWest(米国)、Yunan Nantian Electronic Information(中国)です。

コメント

シスコ、クラウドおよびマネージド サービス担当シニアバイスプレジデント、ニック・アール(Nick Earle)
「パートナーとなったクラウド サービス プロバイダーには、弊社と共に高級市場を動かし、よりハイエンドなクラウド サービスを提供してもらいたいと考えています。Microsoftとの協業により、アプリケーション セントリックな緊密に統合されたクラウド アーキテクチャを提供できます。パートナーは、この新しいユニークなプラットフォームを利用することで、革新的なハイブリッド クラウド サービスを顧客に提供する時間を飛躍的に短縮できます」

Microsoft、ホスティング サービス プロバイダー担当ジェネラルマネージャー、アジズ・ベンマレク(Aziz Benmalek)氏
「シスコとMicrosoftは、すでにクラウド、データセンター市場の分野において強力な関係を築いています。両社は現在、両社のパートナーが迅速にサービスを提供し、クラウド対応プラットフォームによる収益拡大を迅速化するためのソリューションの分野にまで協業を拡大しています。Cisco ACIとWindows Azure Packの統合により、クラウド プロバイダーは市場投入までの時間を大幅に短縮すると同時にコストを削減できます。シスコとMicrosoftは、現在の市場需要と急速に変化する顧客ニーズに対応するパートナーを共に支えています」

Concerto Cloud Services、バイスプレジデント、グレッグ・ピアス(Greg Pierce)
「仮想プライベート クラウドとMicrosoft Azureの間をシームレスに統合する機能を備えたハイブリッド クラウドを市場に最初に投入する上で、Microsoftのクラウド プラットフォームで構築されたシスコのクラウド アーキテクチャは有益でした。シスコの強固なインフラストラクチャにより、リアルタイムに近い冗長性、広範なコンプライアンス、優れたパフォーマンスをお客様に効果的に提供できます」

Proximus、クラウド ソリューション担当製品管理責任者、ファブリス・フェイテン(Fabrice Feyten)氏
「Proximusは、長年にわたってプライベート、パブリック クラウド ソリューションを提供しています。当社のお客様は現在、オンプレミス コンピューティングとクラウド間のバランスを常時変更できる拡張性と柔軟性を備えた、パブリックとプライベートのクラウドによるハイブリッドな組み合わせを求めています。Intercloudに接続することで、当社はハイブリッド クラウド サービスを次のレベルへと引き上げることができます。ユースケースとビジネス ニーズに応じて複数のクラウド上のアプリケーションをサポートし、一貫性のあるアーキテクチャによって一貫性のあるサービスとSLAを保証できる、ハイブリッド クラウドの柔軟性とモビリティをお客様に提供できます。シスコとMicrosoftの新しいクラウド アーキテクチャにより、『アプリケーション セントリックなハイブリッド クラウド』というお客様への約束を現実のものにすることができます」

TELUS Business Solutions、マネージドITサービス、クラウド担当バイスプレジデント、トム・ジョリー(Tom Jolly)氏
「カナダのビジネス リーダーたちが、イノベーションの推進と競争優位性獲得の方法を思案するときに一番に思い浮かべるのは、ハイブリッド クラウドです。TELUSは、シスコとMicrosoftが協業してクラウド サービスのポートフォリオを充実させ、今日のIT環境に必要な柔軟性を提供するハイブリッド機能を両社で開発しています。シスコとMicrosoftは、両社のテクノロジーを当社のユニファイド クラウド アーキテクチャへ統合することを通じて、お客様へ革新的なサービスを迅速かつより効率的に提供することに貢献しています」

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Cisco and Microsoft Extend Relationship with New Cloud Platform>