グローバルニュース

世界のサービスプロバイダーがシスコ技術を利用してネットワークとビジネス サービスを変革


「Mobile World Congress 2015」の見どころ
世界のサービスプロバイダーがシスコ技術を利用してネットワークとビジネス サービスを変革

シスコ、テクノロジー ポートフォリオの拡張版を紹介し、世界の顧客に向けた収益創出、 Opex削減、アジリティ強化のためのイニシアティブを発表

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2015年3月1日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、バルセロナで開催した「Mobile World Congress 2015」において、Internet of Everything(IoE)の新しい可能性を求め、世界のモバイル事業者のネットワーク、ビジネス、カスタマー エクスペリエンスの変革を支援しています。

また、シスコは、Intercloud戦略を前進させ、オープン ネットワーク アーキテクチャと同アーキテクチャの3層(Applications and Services、Evolved Services Platform、Evolved Programmable Network)を強化するソリューションをはじめ、サービス プロバイダー ポートフォリオ全体を網羅する各種のイノベーションを紹介しました。

ハイライト

  • ビジュアル ネットワーク ナレッジのパワーを解き放つシスコの革新的なMobility IQ
    シスコは本日、ビジュアル ネットワーク ナレッジのパワーを解き放ち、サービスプロバイダーにかつてないビジネス成果をもたらす革新的なモビリティSoftware as a Service(SaaS)分析ソリューション「Mobility IQ」を発表しました。市場を先導するこのSaaSソリューションは、Cisco Cloud Services上にホスティングされ、Wi-Fi、3G、LTEのすべてのネットワーク活動に関する高度な洞察と比類のない鳥瞰図をリアルタイムで提供します。サービスプロバイダーは、柔軟なas a Service消費モデルを利用することで、新たな商機を特定・活用し、新しい画期的な体験を顧客に届けることができます。詳しくはこちらをご覧ください。(日本語)
  • Telstraとシスコによるオンデマンド ユニファイド サービスの進展
    シスコはTelstraとの戦略的提携関係を拡張し、Telstraの国内外の企業顧客にクラウド サービスとマネージド ネットワーク サービスを統合したオンデマンド サービス スイートを提供する計画を発表しました。Telstraとシスコは、以下の4つの主要分野にフォーカスし、オープン アーキテクチャに基づく仮想マネージド ネットワークとクラウドのサービスを提供していく予定です。
    1. クラウドサービス、ネットワーク サービス、付加価値サービスのすべてをカバーする統合型のカスタマー エクスペリエンスと製品エクスペリエンス
    2. 速やかな製品開発による商品化までの時間の短縮
    3. オンプレミスおよびクラウドにおける、動的で弾力性のあるほぼリアルタイムのサービス プロビジョニング
    4. 運用の効率化と簡素化
    詳しくはこちらをご覧ください。(英語)
  • シスコ、SpiderCloudとVodafoneと共同で、大規模企業環境向けのスモール セル ソリューションを発表
    シスコは、大企業および大規模施設向けに設計されたUniversal Small Cell (USC) 8000シリーズの商業提供を開始すると発表しました。本ソリューションはシスコとSpiderCloud Wirelessの戦略的提携によって誕生したものであり、シスコの企業顧客およびチャネル パートナーに向けて提供されます。グローバル契約に基づき、シスコはSpiderCloudのスモール セル ポートフォリオの全製品をUSC 8000シリーズ ブランドのもと販売します。加えて、SpiderCloudはシスコのためにカスタムのスモール セル テクノロジーを開発する予定です。またVodafoneは、同モバイル サービスを企業顧客に提供する最初のサービスプロバイダーになることが決まっています。 詳しくはこちらをご覧ください。(日本語)
  • XL Axiata、アジア太平洋・日本地域のサービスプロバイダーで初めて、インドネシアのモバイル サービス配信の変革に向けてシスコのテクノロジーを導入
    インドネシアでコンシューマ サービスとマシンツーマシン(M2M)サービスを提供する大手セルラー事業者のXL Axiataは、今日の市場の急成長と絶えず変化する需要に対応するためのネットワーク弾力性とサービス アジリティを提供すべく、Cisco® Virtualized Packet Coreの採用を決めました。これに伴い同社は、アジア太平洋・日本地域でCisco Virtualized Packet Core(VPC)を導入する最初のサービスプロバイダーとなります。詳しくはこちらをご覧ください。(英語)
  • Equinix、全世界の企業顧客を対象としたマルチクラウド アクセスの実現に向け、シスコのTail-f Network Control Systemを採用
    相互接続とデータセンターのサービスを提供するグローバル企業Equinix, Inc.とシスコは、Equinix Cloud Exchangeを動かす基本技術Equinix Programmable Networkの一部としてCisco Tail-f Network Control System(NCS)が採用されたと発表しました。Cloud Exchangeはクラウド プロバイダーとその企業顧客のネットワークとサービスのプロビジョニングを自動化することで知られており、これを可能にしているのがEquinix Programmable Networkです。買収によりシスコに統合されたTail-f Systemsは、NETCONFとYANGに基づくマルチベンダー サービス オーケストレーションとネットワーク自動化のソリューションを提供しています。詳しくはこちらをご覧ください。(日本語)

また、シスコ ブースでは、サービスプロバイダーの増収、運用コストの削減、即応性促進に向けたアジリティの強化を支援するための製品デモを紹介しました。

  • Cisco Evolved Services Platform
    シスコの仮想化アーキテクチャは、マルチベンダー仮想化ネットワークのサービスの自動化、オーケストレーション、ライフサイクル管理を通して、動的なサービス構築を提供し、サービスプロバイダーのビジネス アジリティを高めます。
  • Cisco Universal Wi-Fi
    シスコはMWC Gran Fira NoCをお客様にお届けします。サービスプロバイダーはシスコが提供するネットワークとサービスをMWCにてライブで体験できるほか、分析ダッシュボード、メトリクス、KPIなどから洞察を得ることも可能です。
  • Cisco Internet of Everything
    ハイセキュアなエンドツーエンドのConnectedソリューションにおけるシスコのリーダーシップは、Smart+Connected Cities、Connected Transportation、Public Safetyなど、IoTとIoEの分野においてサービスプロバイダーの新たな機会を創出します。デモ シナリオ:Connected Bus Stop(接続されたバス停)。
  • Cisco Connected Life
    ジオローカライゼーション、推薦と予測、ソーシャル、ホーム オートメーションなどのユースケースをはじめ、既存のテクノロジーとオープンソース ソリューションを利用したConnected Lifeに関するシスコのビジョンを、お客様とサービスプロバイダーの両方の視点からご覧いただけます。
  • Cisco Intercloud
    シスコが主要パートナーと共同で提供するクラウド ネットワーク ソリューションは、Internet of Everythingの根強い需要に対応可能な、グローバル分散型のハイセキュアなクラウド プラットフォームを求めるお客様の声に応えます。
  • Cisco Network Services Orchestrator by Tail-f
    シスコは、NFVと物理ネットワークにおいて、マルチベンダー、マルチテクノロジーのネットワーク サービスのオーケストレーションとライフサイクル管理を自動化する、極めて包括的でオープンなソリューションを提供します。
  • Cisco Telco Cloud Manager
    シスコのVNF-Mはシスコおよびサードパーティのネットワーク機能をサポートし、完全な仮想化によりサービス アジリティを高めつつ、クラウド対応ソリューションの一般的な操作を自動化することでOpExを最小化します。
  • Cisco Policy Suite
    Cisco Policy Suiteは、仮想ネットワーク、M2M、ANDSFによるアクセス コントロール、ビデオ最適化、RAN輻輳管理のサポートなど、収益につながる新機能を提供します。
  • Cisco Voice over Wi-Fi
    シスコのVoWi-Fiソリューションは、シスコのEvolved Packet Core、Evolved Packet Data Gateway、キャリアグレードのUniversal Wi-Fiアーキテクチャに基づき構築されており、サービスプロバイダーが屋内のカバレッジと容量を拡張するための最も簡単で低コストな方法を提供します。
  • Cisco SP Analytics
    サービスプロバイダーとその顧客にネットワーク データに基づく洞察をもたらす、シスコのサービスとソリューションについて知ることができます。
  • Cisco 5G
    シスコの5G戦略によって、自動化と、オーケストレーション、仮想化がなされ、情報指向ネットワーク技術を用いたクラウド ネットワークを利用しつつ、新サービスの追加と情報アーキテクチャの再開発を行なえるようになります。
  • Cisco Collaboration Cloud
    シスコのCollaboration Cloudは、ベストインクラスのコラボレーション体験を可能にする次世代プラットフォームです。

コメント

  • シスコ、サービスプロバイダー ビジネス、製品、ソリューション部門シニア バイスプレジデント、ケリー・アフジャ(Kelly Ahuja)
    「世界のモバイル化が進むなか、Mobile World Congressは、サービスプロバイダーが業界の急速な変化に遅れを取らないよう支援するサポート役としてシスコがいかに適しているかを知っていただくための、大切なイベントです。シスコは、サービスとネットワーク、ネットワークとクラウド、そしてクラウド同士を接続することで、サービスプロバイダーの収益の創出を可能にする唯一のベンダーです。ここバルセロナで、世界のサービスプロバイダーと協力として、アーキテクチャとビジネス、そして最終的にエンドカスタマーのエクスペリエンスを変革し、これまでになかった画期的な機会をとらえることを目指すなか、非常に大きなモメンタムを目の当たりにしています」

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Global Service Providers Transform Networks and Business Services with Cisco at Mobile World Congress 2015>