ワールドニュース

2014 Internet of Things World Forumの開催都市はシカゴに決定、シスコ、Internet of Thingsイノベーション グランド チャレンジを発表


2014 Internet of Things World Forumの開催都市はシカゴに決定、シスコ、Internet of Thingsイノベーション グランド チャレンジを発表

Internet of Things の業界、課題、機会、次のステップを明らかにするInternet of Things World Forumが2014年に再び開催

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2014年4月10日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、本日Internet of Things World Forumが2014年に再び開催されることを発表しました。またシスコは、新興企業を対象としたInternet of Thingsイノベーション グランド チャレンジ開催を発表しました。

Internet of Thingsイノベーション グランド チャレンジの発表

Internet of Thingsイノベーションの推進に対する継続的コミットメントをさらに示すためにシスコは本日、新興企業を対象としたInternet of Thingsイノベーション グランド チャレンジを発表しました。このグローバルな公開コンペティションは、Internet of Thingsの成長と進化に貢献する新興企業が生み出す画期的なテクノロジーおよび製品の認知、普及、採用促進を目的としています。

シスコはInternet of Thingsイノベーション グランド チャレンジを通じて、アプリケーション、アナリティクス、管理、接続性の分野でテクノロジーを開発している次世代の起業家や新興企業を啓発、支援したいと考えています。4月21日〜7月1日までwww.cisco.com/go/iotchallengeで応募を受け付けます。コンペティションの勝者は、シカゴでの2014 Internet of Things World Forumで発表されます。

シスコが最近発表したInternet of Thingsセキュリティ グランド チャレンジと同様、新興企業向けのInternet of Thingsイノベーション グランド チャレンジの勝者には、Internet of Things業界に貢献する新規および既存ビジネスの活性化に利用できる総額25万ドルの賞金が授与されます。

受賞者に対しシスコは、賞金以外にも指導教育、トレーニング、シスコとその他のサポート企業が持つビジネス技能の利用機会を提供します。受賞者には、新規テクノロジーの開発、テスト、パイロット運用の機会が提供され、将来の出資およびパートナー提携の機会が提供される可能性もあります。

2014 Internet of Things World Forumはシカゴで開催

このグローバル イベントは、急速に浮上してきたInternet of Things市場の発展を加速させるために、ソート リーダー、ビジネス リーダーおよび関係者、業界、行政機関、学術機関が再結集します。2014 Internet of Things World Forumは、10月14〜16日にシカゴのHyatt Regency Chicagoで開催の予定です。

2014 Internet of Things World Forumの参加者は、今回もInternet of Thingsが世界の各種業界をどのように変えつつあるのかを示す例を直接目にし、その変化を実践している当事者の話を直接聞くことができます。さらにInternet of Thingsが世界経済にどのように影響を与えるか、また、さまざまな市場が現在直面している多くの課題をInternet of Thingsがどのように解決するかについての予測も聞くことができます。

シスコの調査によれば、2020年には500億台を超える数のデバイスがインターネットに接続されて、Internet of Thingsによってビジネス プロセス、業務効率、カスタマー サービスのイノベーションが作り変えられ、企業と業界を転換する膨大な機会が生じます。このような機会は、製造、運輸、石油およびガス、水道光熱事業、医療、スポーツおよびエンターテインメント、行政、教育、小売などの市場に存在します。

Internet of Thingsは、ヒト、プロセス、データ、モノのネットワーク化された接続として定義されるInternet of Everythingの技術的基盤です。シスコは、Internet of Everythingによって生じる接続の増加の潜在的影響によって、今後9年間に企業と行政機関にもたらされる「経済価値」が19兆ドルに達するものと予測しています。

2014 Internet of Things World Forumのスポンサー

今年で2回目となるInternet of Things World Forumが、10月14〜16日にイリノイ州シカゴで開催されます。今回のイベントにも、製造、運輸、石油およびガス、水道高熱事業、医療、スポーツおよびエンターテインメント、行政、教育、小売などの市場のグローバル リーダー、専門家、イノベーターが集結します。

2014 Internet of Things World Forumの主なスポンサー企業は、現時点では次のとおりです。今後数カ月の間にさらに多数のスポンサーが追加される予定です。

  • ダイアモンド レベル: Rockwell Automation、Schneider Electric
  • プラチナ レベル: Zebra Technologies Corporation
  • チタニウム レベル:Panduit Corp.、Siemens AG、TTTech Computertechnik AG
  • シルバー レベル: Itron

コメント

シスコ、最高グローバライゼーション責任者兼インダストリー ソリューション担当エグゼクティブ バイスプレジデント、ウィム・エルフリンク(Wim Elfrink)
「シスコは、官民さまざまなセクターにわたる世界のお客様のニーズを予測し、対応するための新しい展望、テクノロジー、ソリューションをまとめることに重点を置いています。接続されていないものを接続する方法としてネットワークのインテリジェンスを利用することで、企業と行政機関には、新しい体験を創造し、経済的、社会的、環境的持続可能性を推進するための膨大な機会がもたらされます」

シスコ、コーポレート テクノロジー グループ担当バイスプレジデント、マチェイ・クランツ(Maciej Kranz)
「Internet of Thingsは、さまざまなテクノロジー、市場、ドメインにまたがる新しい強力なイノベーション サイクルを生み出しています。シスコは、新興企業、イノベーター、研究コミュニティと協力し、テクノロジー ブレークスルーを育成し、イノベーション センターのグローバル ネットワークを通じてその開発と採用を促進しています。Internet of Thingsイノベーション グランド チャレンジは、Internet of Thingsに寄せられる期待を完全に実現するために、シスコが業界とどのようにパートナー提携するかを示す一例です」

Internet of Things World Forumについて

Internet of Things World Forumは、世界の経済、社会、環境に対するInternet of Thingsの影響力の実現を加速させることを目的とした業界の協調的討議の場にグローバル リーダーを集めるために設けられた、参加者が制限されるイベントです。2014年招待者限定のこのイベントが再び開催され、それぞれの組織と社会全体でInternet of Thingsのイノベーションを開始し、その進展を加速させることに熱心な世界各地のビジネス リーダーとソート リーダーを業界がテクノロジーの枠を超えて集結します。 2013年10月29〜31日にバルセロナで初めて開催されたInternet of Things World Forumでは、800人以上の参加者と16のパートナー企業が、企業、行政機関、教育機関から最高の思想家、実践者、イノベーターが集まり、業界最大のInternet of Thingsカンファレンスとなりました。

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Internet of Things World Forum Names Chicago as Host City for 2014 Event; Cisco Announces Internet of Things Innovation Grand Challenge>