ワールドニュース

いつでも、どこからでも患者と医療チーム のコラボレーションを可能にするシスコの新しいExtended Careソリューションを発表


いつでも、どこからでも患者と医療チーム のコラボレーションを可能にする
シスコの新しいExtended Careソリューションを発表

ブラウザベースのコラボレーション ソリューションにより、安全性に優れた方法で患者が素早く医療チームに接続し、時間とコストの削減に貢献

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、ブラウザベースの医療コラボレーション ソリューション「Cisco® Extended Care」の全世界での発売を発表しました。このソリューションにより、患者は家庭や職場などの離れた場所から医療機関にいる担当医療チームと簡単に情報交換できます。患者が受けたいと望む対応を実現し、医療のエクスペリエンス向上を図ることができます。

時間に縛られないビデオ相談や、安全性に優れたメッセージングや問診票などの新機能により、患者は容易に担当医師と連絡が取れます。この分野の競合ソリューションとは異なり、オープンAPI(アプリケーション プログラミング インターフェイス)で提供します。ビデオ ワークフローなどのサードパーティ アプリケーションと環境を既存の患者ポータル ソリューションに組み込むことが可能で、既存投資の保護に貢献できます。

「シスコのExtended Careソリューションは、患者の期待とニーズに応えるための新しい方法を提供することで、よりよいエクスペリエンスを患者に提供し、患者対応と患者自身の健康への関与を高めます。時間に縛られることなくビデオ相談を通じ患者と担当医療チームがつながり、安全性の高いメッセージングとオンライン問診票の機能を利用することで、病院と患者はより効率的なコミュニケーションが可能になります」と、シスコ ケアアットアディスタンス ソリューション担当ジェネラルマネージャー、デビッド・プラマーは述べています。

シスコが実施した最近の調査では、1,547人の回答者のうち74%近くがオンラインでの医療情報の共有を受け入れており、過半数の患者が対面ではないテクノロジーを利用した医師とのコミュニケーションに心配をしていないことが判明しました。この利用者態度の変化は、効率を改善し、同時に医療の継続性を高め、健康教育を促進するための新しい機会を病院に提供します。また、医療のコストを削減できる可能性もあります。新しいコミュニケーション手段、および患者と医師の間の会話の増加により、再来院率の低下が期待できます。

「Cisco Extended Care 」には、患者治療の合理化と改善のための次のような新機能を有しています。

  • 随時ビデオ相談:患者は安全性に優れた方法で担当医療チームにアクセスできるため、緊急・救急医療機関への不必要な来院を削減できる可能性があります。
  • 安全性に優れたメッセージング:医療チームから患者への安全性に優れたコミュニケーションによって医療コーディネーションを改善します。病院は、患者に予約リマインダーを送信したり、新しい健康教育ビデオなどの関連医療情報を患者と直接共有したりできます。
  • スケジューリングされたビデオ相談:経過観察などのフォローアップを強化でき、患者は実際に来院せずに担当医療チームに接続できます。患者は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを通じて予約情報にいつでもアクセスできます。
  • 予約前のオンライン問診票:ビデオ相談に必要な合計臨床時間を短縮するため、Cisco Extended Careでは患者タイプに応じてカスタマイズ可能な予約前問診票を利用できます。
  • ビデオ ライブラリ プラットフォーム:Cisco Extended Careを導入することで、統合型のビデオ プラットフォームを通じて患者に医療・健康教育を提供できます。患者は、パーソナライズされた教育コンテンツを担当医療チームから受け取ることができます。
  • 健康管理デバイスの情報の読み取り:患者は健康管理デバイスの情報を家庭から手動で入力でき、その情報を患者と担当医療チームの両方が追跡・表示できます。この機能を通じて、患者は自分自身の全体的な健康管理について意識を高めることができます。

「Cisco Extended Care」は、Cisco Jabber®をはじめとする多数のビデオ オプションをサポートしており、患者と医療チーム向けのシームレスで安全性に優れたモバイル体験を提供できるだけでなく、離れた場所からの高品質な相談体験も提供します。ブラウザベースのソリューションは、「ワンクリック」ビデオ接続などの合理的でユーザーフレンドリーなワークフローも可能です。

「当社のヘルスケア システム クライアントが直面している最大の課題は、アクセス性に優れたコスト効率の高い高品質医療の提供です。米国中の病院と医院を対象とするインテリジェントITソリューションのプロバイダーとして、当社は今日の医療機関と患者が直面する課題を解決するための新しい方法を常に求めています。遠隔サービスの保険金を認める州が増えている中で、Extended Careのような遠隔医療とコラボレーションのテクノロジーは、医療機関の時間と予算を最大化し、患者の医療エクスペリエンスを向上させるとともに今日の課題に対峙できます。Extended Careは、医療を受ける側と提供する側の双方にメリットのある、導入しやすいソリューションであり、正に当社のクライアントが探し求めていたものです」と、Presidioのヘルスケア ソリューション担当バイスプレジデント、テッド・ベイカー氏は述べています。

関連リソース

医療に焦点を当てた「Cisco Customer Experience Report」調査

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Cisco's New Extended Care Solution to Enable Patient Engagement and Care Team Collaboration at Any Time and From Anywhere>