ワールドニュース

シスコ、データセンター向けアプリケーション セントリックインフラストラクチャの新たなビジョンを発表


シスコ、データセンター向けアプリケーション セントリックインフラストラクチャの新たなビジョンを発表

データセンターの管理とプロビジョニングを容易にするDFA(Dynamic Fabric Automation)と新しいNexus 7700スイッチも併せて発表

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2013年6月27日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、画期的なデータセンター向けネットワーク アーキテクチャを発表しました。「アプリケーション セントリック アーキテクチャ」時代を先導するために開発されたシスコのアーキテクチャは、クラウド時代を迎えた現在と将来のアプリケーション需要に対応できるようにデータセンターを転換することを目指しています。

シスコによるSDN開発企業Insieme Networks注1への投資によって、市場への発表が早められた今回のアプリケーション セントリック インフラストラクチャへの抜本的転換により、IT部門はよりシンプルな操作モデルと拡張性のあるセキュアなインフラストラクチャでビジネス アプリケーションを最適なコストでエンドユーザーに迅速に提供できます。この転換には、クラウド配備モデルと今日のビッグデータ アプリケーションの課題に対応できる、オープンで、プログラマブルな、自動化されたインフラストラクチャが必要です。

シスコは、ユニファイド ファブリック ポートフォリオについても2つの革新的なソリューションと製品を発表しました。1つはDFA(Dynamic Fabric Automation)です。ネットワーク プロビジョニングの自動化、ファブリック管理の簡略化、ファブリックの最適化を可能にし、優れた効率と拡張性を実現します。もう1つは、Nexus 7000ポートフォリオの拡充です。新しいNexus 7700シリーズ スイッチと新しいF3シリーズI/Oモジュールは、業界最高の40G/100Gスケーラビリティと最も包括的なデータセンター向けスイッチング機能セットを提供します。

概要

アプリケーション セントリック インフラストラクチャ

新アーキテクチャの主な特徴:

  • アプリケーションスピードの短縮化(あらゆるワークロードをどこにでも): 完全に自動化されたプログラム的ネットワーク インフラストラクチャにより、アプリケーションの配備時間が短縮されます。
  • 物理、仮想、クラウド インフラストラクチャに共通のオープン プラットフォーム:新アーキテクチャは、物理および仮想アプリケーションによるエンドポイント アクセスの正規化を完全に統合し、マルチベンダー、仮想化、ベア メタル、分散スケールアウト、クラウド アプリケーションにわたり、ソフトウェアの柔軟性とハードウェアのパフォーマンス、拡張性、可視性を実現します。
  • システム・アーキテクチャ:インフラストラクチャ、サービス、セキュリティの統合と、リアルタイムのテレメトリ、将来のサービスに備えた拡張性による総合的で簡略化されたアプローチ。
  • 共通のポリシー、管理、操作:ネットワーク、セキュリティ、アプリケーション部門のポリシー管理モデル フレームワークと操作モデルを共通化することで自動化を推進します。この共通化は、将来はコンピューティングとストレージにも拡張可能です。
  • オープンAPI、オープンソース、マルチベンダー: 公開済みの包括的なオープンAPIセットを活用しているパートナーの幅広いエコシステムをサポートします。
  • カスタムおよびマーチャント シリコンの最適活用:バランスの取れたアプローチにより、イノベーションとお客様による採用を迅速化すると同時に、将来に備えたアプリケーション セントリック インフラストラクチャへの移行を可能にします。このアプローチは、最適な価格、パフォーマンス、密度、セキュリティ、消費電力を実現し、オプティックス時代のイノベーションを通じた既存のケーブリング プラントの投資保護を確保します。まずは40Gへと移行し、時期を見て100Gに移行するというアプローチにより、投資と運用コストの両面の最適化が可能です。

ユニファイド ファブリック

現在のNexusポートフォリオに新製品を投入し、ネットワーキングに優れた拡張性、俊敏性、管理を提供するユニファイド ファブリックを進化させます。これには、プロビジョニングの簡略化、管理の改善等の強化に、スイッチの新製品が含まれます。

シスコの新たなイノベーション、DFA(Dynamic Fabric Automation)の内容:

  • 効率と拡張性を改善する最適化されたファブリック インフラストラクチャ:最適化されたスパイン/リーフ型トポロジ、フォワーディングの強化、分散コントロール プレーン、物理/仮想の統合により、場所を問わずにあらゆるネットワークに物理/仮想マシンのシームレスなモビリティとネットワーク拡張性を提供します。また、障害ドメインの減少と10,000テナント/ネットワークを上回るマルチテナント拡張性による弾力性も提供します。
  • 操作を容易にするオープンAPIによるファブリック管理の簡略化:Cisco Prime DCNM 7.0は、ネットワーク プロビジョニングの自動化、ファブリック アクセスの共通ポイント、ホスト、ネットワーク、テナントの可視性など、一元的なファブリック管理を実現します。オープンAPIを利用することで、オーケストレーション ツールや自動化ツールとの統合だけでなく、クラウド プラットフォームとの統合も改善できます。
    • Cisco Prime Data Center Network Manager (DCNM) 7.0インフラストラクチャの 配備を自動化し 簡略化する一元管理ポイントです。仮想マシン(VM)配備の動的インフラストラクチャ プロビジョニングに 対応し、トラブルシューティング ツールを提供します。
    • Cisco Prime Network Services Controller 3.6: ネットワーク サービスを動的に 作成し、VMware およびCisco Nexus 1000Vとの通信によって関連情報をDCNMに供給します。
  • 俊敏性向上のためのプロビジョニングの自動化:ファブリック上で物理サーバーと仮想マシンの両方の配備と移動を簡略化できるネットワーク自動化とプロビジョニングを提供します。ネットワーク プロファイル テンプレートに基づいてネットワーク ポリシーのインスタンスが自動的に作成され、サーバー管理者がVM/PMをプロビジョニングするとネットワーク リーフに適用されます。ファブリック上でVMが移動すると、リーフ スイッチに自動的にネットワーク ポリシーが適用されます。

これらの組み合わせにより、ソフトウェアのみのオーバーレイ アプローチや物理ネットワークのみと比較して多大なメリットが得られます。

新しいNexus 7700スイッチとモジュール

シスコは、新しいNexus 7700シリーズ スイッチとF3シリーズI/Oモジュールを投入し、Nexus 7000ポートフォリオを拡充しました。概要は次の通りです。

  • 新しいNexus 7700シリーズ スイッチは、環境面で効率的なNexus 7710(10スロット)およびNexus 7718(18スロット)シャーシから構成されます。
  • 7000/7700両シリーズのスイッチでサポートされる新しいF3シリーズI/Oモジュールは、40G/100Gの密度を提供し、電力効率を60%改善して、定評のある包括的なデータセンター向けスイッチング機能セットをサポートします。
  • こうしたイノベーションにより、Nexus 7718は最大384の40Gbpsポート、192の100Gbpsポートという業界最高キャパシティの40G/100Gスイッチを提供します。Nexus 7718は、最大で83Tbpsの全体スイッチング キャパシティを実現できるように設計されています。

新しいNexus 7700シリーズ スイッチは2013年7月に出荷開始の予定です。F3シリーズI/Oモジュールは、同年後半に発売の予定です。

関連リソース

注1:Insiemeは、2013年4月27日の時点でシスコが過半数を所有する子会社です。シスコは、Insiemeの約85%を所有しています。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Switching It Up: Cisco's Data Center Strategy Takes Sharp Turn Toward Applications>