ワールドニュース

ワールドニュース


シスコ、プライベート クラウド展開の基盤となるグリーン データセンターをテキサスに新設

シスコのデータセンター テクノロジーで、高度な仮想環境を構築し、コスト削減と効率性向上を実現

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2011年4月15日、カリフォルニア州サンノゼ発

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、テキサス州アレンに環境に配慮したグリーン データセンターを新設したことを発表しました。同データセンターのアーキテクチャは、コンピューティングからスイッチング、データ ストレージ アクセスに至るシスコの全データセンター テクノロジー ポートフォリオを活用して構築され、シスコの社内プライベート クラウドを支え、ITをサービスとして提供します。同データセンターは、回復力、パフォーマンス、リソース利用効率の向上により、ネットワーク ベースのアプローチの価値を実証するとともに、ビデオ、モビリティ、セキュリティ、コラボレーションなどのITサービスをシスコの従業員やお客様や、パートナーなどに提供します。

2007年にシスコは、ITサービスの提供をビジョンに掲げ、その実現のためにデータセンターの統合や、仮想化、クラウド コンピューティングによる長期計画を策定しました。今回新設されたデータセンターは、「Everything as a Service」を提供することを目指し、環境に優しい設備設計や、電力供給、冷却のグリーン化に向けた取り組み、仮想化およびクラウド コンピューティングのために最適化されたアーキテクチャ アプローチの最良面を兼ね備えています。

次世代のデータセンターは、シスコのユニファイド ファブリックや、ユニファイド コンピューティングユニファイド ネットワーク サービスをシンプルかつスケーラブルで高い安全性を誇る、データセンター ファブリックにより緊密に統合しているため、データセンター内、データセンター間、クラウドと場所を問わずにアプリケーションを利用することができます。またEMC、NetApp、VMwareなど主要パートナー各社のテクノロジーに加え、Cisco Unified Computing System(UCS)、Nexus 7000 シリーズ スイッチNexus 5000 シリーズ スイッチNexus 1000V 仮想スイッチMDS ストレージ ネットワーキング スイッチData Center Network ManagerNX-OSなど、シスコのソリューションが導入されています。NX-OSは、シスコ データセンター ポートフォリオで広範囲に採用されている包括的データセンター オペレーティング システムです。

データセンター網の構築でビジネス回復力を強化

シスコは、新設のデータセンターとテキサス州リチャードソンのデータセンターと組み合わせて、Metro Virtual Data Center (MVDC)を構築しました。両データセンターをActive-Activeデータセンターの構成で、仮想化されたダイナミックなクラウド型ITサービスを構築し、互いをバックアップしあいます。これにより、WebExのようなリアルタイム性が重視されるアプリケーションを両センターで同時に実行し、世界に誇るビジネス回復力を実現しています。

クラウドへの道筋

シスコは、両データセンターを世界中にある3組のMVDC生産データセンターに統合することを計画しています。各データセンターは、シスコのプライベート クラウド「Cisco IT Elastic Infrastructure Services」の基盤を担うことになります。シスコはこの回復力に優れたプライベート クラウドを駆使し、ビデオ、モビリティ、セキュリティ、コラボレーションなどのITサービスを従業員やお客様、パートナーに提供し、同時にハードウェア、不動産、電力供給および冷却、運用などにかかるコストを削減する予定です。

クラウドでデータセンターをグリーン化

データセンターのグリーン化には、エネルギー効率に優れた設備、よりスマートな電力供給および冷却ソリューションのほか、データセンターを稼働するテクノロジーも大きな意味をもちます。たとえば、データセンターのユニファイド ファブリックでストレージ データ トラフィックを統合すれば、スイッチやアダプター、ケーブルの数を減らし、電力消費を抑えることが可能です。シスコは、今回のデータセンターのケーブル敷設で、100万ドル以上のコスト削減を実現しました。また、ケーブル数の減少で空気循環が改善され、センター内をより涼しい状態で効率良く機器を運用できます。パイクリサーチ社のクリーン技術のアナリストによると、クラウド コンピューティングの活用によって、2020年には世界全体のデータセンターのエネルギー消費量を38%削減できる見通しです。これにより、2020年までに2010年比で28%の温室効果ガス削減が見込めます。

概要

  • データセンターの建物は、最大瞬間風速175 mph (78 m)の竜巻にも耐えられるように設計されています。
  • 従来型のデータセンターで使用されている環境に課題の残るバッテリーを数百個使用する代わりに、5メガワット(10メガワットまで拡張可能)の同データセンターの無停電電源装置(UPS)室では、フライホールを用いた回転型を採用しています。ほとんどエネルギーを必要とせずに動作し、停電発生時にはディーゼル発電機が稼働します。
  • データセンターの冷却には、エネルギー効率に優れたエアサイド エコノマイザ設計が採用されています。外気温度が十分に低い時期には冷たい外気を取り込んで、機械冷却の必要性を減らします。この時期の65%は、冷却されていない外気をフィルタを用いて利用可能であると見込んでいます。これによりシスコは、冷却コストを年間60万ドル削減できると予想し、シスコのグリーン化の目標達成に貢献します。
  • ラグーンに雨水を貯留し、耐乾性に優れた在来緑化植物への散水に利用します。
  • 屋上に太陽電池を設置し、建物内のオフィススペース用に100キロワットを発電します。
  • シスコは、グリーン建築認証プログラム「LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)」のゴールド認証に同データセンターを申請しました。米国グリーンビルディング協議会(U.S. Green Board Council)が開発したLEEDは、建設業者に対し、測定可能なグリーンビルの設計、建設、運用、維持に関するソリューションの枠組みを提供しています。
  • シスコのデータセンター設計は、PUE(Power Usage Effectiveness)1.35を達成しています。PUEは業界コンソーシアムGreen Gridが開発した指標で、データセンターのエネルギー効率を具体的に示します。
  • 2008年6月にシスコは、2012年度までに二酸化炭素排出量の25 %削減を企業目標に掲げました。独自のテクノロジーを活用し、目標達成に取り組んでいます。

コメント

  • シスコ IT 担当バイスプレジデント、ジョン・マンビル
    「独自のテクノロジー、仮想化、クラウド コンピューティングを駆使して、シスコは生産性とエネルギー効率に優れたデータセンターを新設しました。今後、IT業界は、データセンターの生産性に対するエネルギー消費量を測定し、リソース消費に対して得られるビジネス価値を判断できるようになると考えています。これこそが、仮想化とクラウド コンピューティングが得意とするところです。クラウド コンピューティングはその効率性とコスト削減で注目を集めましたが、エネルギー消費削減にも大きな意味をもちます」
  • シスコ データセンター スイッチング アンド サービスグループ担当シニアバイスプレジデント、ジョン・マックール
    「新データセンターでは、イノベーションにおけるシスコのリーダーシップとデータセンターのアーキテクチャの柔軟性をご覧いただけると思います。安全性とオープン性の規模を問わず、どこからでもアプリケーションを利用できる環境を実現しています。次世代データセンター ポートフォリオを通じて、シスコは、進化したスタンダードベースのアプローチを取り、高仮想化データセンターおよびプライベート クラウド環境に必要な革新的な製品を提供するとともに、お客様の従来のテクノロジーへの投資を継続します。シスコのファブリックベースのアーキテクチャにより、運用の簡素化とトータ コスト オブ オーナーシップの削減を実現しました」
  • シスコ サーバーアクセス仮想化グループ担当バイスプレジデント、ソニ・ジャンダニ
    「重要な事業資産として、データセンターは進化するビジネス目標により迅速に合致し達成するために、テクノロジーとアーキテクチャにおいて急激な変化を遂げようとしています。Cisco UCSやNexus製品ファミリなどの革新的なシスコのテクノロジーで、データセンターは俊敏性と効率性に優れたネットワーク環境に変わろうとしています。コンテンツやデバイスを問わず、いつどこでも情報にアクセスできるようになるのです。

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Cisco's New Green Data Center in Texas Showcases Private Cloud Deployment>

お問い合わせ