ワールドニュース

ワールドニュース


シスコ、ファイアウォールを越える企業間コラボレーションを実現

Cisco Intercompany Media Engine により、企業の境界を越えて既存の電話番号を使用した安全な高品位ビデオ/音声コールが可能に

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2010 年 3 月 22 日、フロリダ州オーランドおよびカリフォルニア州サンノゼ発

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、オーランドで開催されている VoiceCon カンファレンスにて、Cisco® Intercompany Media Engine(IME)を使用してインターネット経由の初の企業間ユニファイド コミュニケーション コールを実施したことを発表しました。IME は シスコのコラボレーション関連製品およびサービスのポートフォリオの重要な構成要素です。この企業間討議は、オーストラリアを本拠とする Queensland Rail 社とシスコ、ウィスコンシン大学ホワイトウォーター校とシスコの間で実施されました。このデモンストレーションでは、Cisco IME を通じて、すべての参加者が高度なセキュリティを確保しつつ、それぞれのビデオ対応デバイスで同時にエンタープライズ ビデオや高音質ワイドバンド オーディオを快適に利用することができました。標準の電話番号をダイヤルするだけで自然な通話が可能でした。

Cisco IME は、シスコがインターネット技術特別調査委員会に提出した標準案に基づいて開発されました。現在導入されているインフラストラクチャの再プロビジョニングや交換を必要とせず、既存の電話番号を使用する、企業間でのセキュアかつ高品質なインターネット経由の音声およびビデオ通話を初めて実現した画期的な製品です。

Cisco IME は、バリュー チェーン全体のコラボレーションを強化できるように設計されています。企業が社外の多様なコミュニティとかかわり、信頼できるパートナーの存在が実績を大きく左右するようになるにつれ、社内ネットワークの境界を越える高機能コラボレーションは企業にとって不可欠のものとなっています。企業の多くはすでに社内でビデオ テレフォニーやその他の高度なユニファイド コミュニケーション機能を活用し、その効果を認識しています。Cisco IME の目標は、こうした企業が同様のデバイスを持つ外部の顧客、サプライヤ、戦略パートナーとの間でユニファイド コミュニケーションの機能を利用できるようにすることです。

Cisco IME は「セルフラーニング」テクノロジーを基盤としており、コーリング パターンに基づいて新しいルートを学習し、ユーザが IME 対応ネットワークで操作していることを自動的に認識します。インターネットを含む IP ネットワークを通じた高セキュリティ、高品質、低コストのコール ルーティングを実現するアスペクトをすべて検出し管理できるため、ユーザと管理者のどちらも使いやすさを実感できます。

このテクノロジーを利用することで、エンド ユーザは、ビデオを通じて身振りや表情を含めた効果的なコミュニケーションを実現するとともに、音声テクノロジーを最適化し、コストを削減できます。また、シスコとそのパートナーが提供するサービスを通じて、このテクノロジーを最大限に活用し、ネットワークの境界を越えたコラボレーションの効果を確実に得ることができます。シスコはこれまで、Cisco TelePresenceCisco WebEx の製品やサービスなど、企業間のコラボレーションを強化するコラボレーション ポートフォリオを通じて、総合的なソリューションを提供してきました。Cisco IME は、こうしたシスコの実績を基盤として開発された製品です。

概要

  • シスコは、インターネットを含む IP ネットワークと個人電話番号を使用して、細分化された企業のバリュー チェーンを、高セキュリティのグローバルなリアルタイム コラボレーション コミュニティに変えることのできる Intercompany Media Engine を発売しました。
  • シスコは、Cisco IME テクノロジーの主な要素を標準化し、新しい業界標準を確立して、産業界の相互運用性を保証するために、インターネット技術特別調査委員会と積極的に協力しながら作業を進めています。
  • 音声およびビデオのテレフォニー接続を自動的に開始できる画期的な製品です。
  • PBX(構内交換機)システムの統合や専用 PSTN 回線の必要性が軽減されるなど、Cisco IME の導入で得られるコスト削減の可能性は多岐にわたります。
  • 参加者の Cisco IME コールは、SIP(セッション開始プロトコル)トランキングを使用して世界中の高セキュリティのピアツーピア ネットワークで接続されるため、 面倒な設定を行わなくても、企業間のビデオ コールが自動的に利用可能になります。
  • Cisco IME は、お客様に多様なレベルのセキュリティを提供します。メディアとシグナリングのどちらであろうと、すべての IME トラフィックは暗号化され、ファイアウォールで保護されます。管理者は、細かいポリシーベースの制御機能を通じて、外部に公開する番号や、社内の各ユーザに対して使用可能な IME 強化機能を設定できます。
  • 企業間のコラボレーションによって、製品を市場に投入するまでの期間が短縮され、社員の生産性が大幅に向上し、企業間の相乗効果が高まります。
  • シスコとそのパートナーが力を合わせることにより、企業間のコラボレーションの効果的な導入、運用、最適化が可能になります。

コメント

  • シスコ ボイス テクノロジー グループ、シニア バイス プレジデント、バリー・オサリバン
    「シスコは長年にわたり、お客様とシスコのボーダレス コラボレーションの実現に取り組んできました。IME は、過去 10 年余の間に開発された中で最も大きな影響を産業界にもたらす通信技術です。この画期的な製品によって、コラボレーション能力の向上と規模の経済の実現が加速されます。市場には新しいテクノロジーが次々と登場し、ビジネス アプリケーションも進化しています。電話をかけるのと同様の簡単な操作で効果的に接続できる、費用有効性の高い接続手段をお客様やパートナーに提供したいと思います」
  • ウィスコンシン大学ホワイトウォーター校学長、リチャード・テルファー氏
    「当大学は継続的に IP テクノロジーに投資しています。Cisco Intercompany Media Engine のおかげで、簡単かつセキュアな機密性の高い方法で関係者と通信できるようになります。シスコが提供するこの画期的なテクノロジーを使用することで、米国内だけでなく世界中の他の高等教育機関やビジネス パートナーとのコラボレーションを強化できます」
  • Dimension Data Australian 社、CEO、スティーブ・ノラ氏
    「このテクノロジーを利用すれば、既存のユニファイド コミュニケーション機器を継続して利用しつつ音声およびビデオ コラボレーションをグレードアップできます。これはお客様にとって非常に大きな価値があると私たちは考えています。シスコの協力の下 Cisco Intercompany Media Engine を導入し、バリュー チェーン全体でコラボレーションの恩恵を受けられるようになるのが楽しみです」
  • AARNet、アプリケーションおよびサービス担当ディレクタ、ジェームズ・サンカー氏
    「私たちが Cisco Intercompany Media Engine を試してみようと思ったのは、当ネットワーク内および大学パートナー間でリッチ ビデオやコラボレーションを利用できるようにし、そのパフォーマンス、品質、使いやすさを評価したいと考えたからです。当初はネットワーク内のほか、CSIRO をはじめとする株主と接続します」
  • BT iNet、プリセールス責任者、ポール・ハナガン氏
    「Cisco Intercompany Media Engine は企業間コミュニケーションの重要性を理解している製品だと思います。このソリューションは企業間に動的な SIP トランクを構築して、インターネット経由でのリッチ メディア コミュニケーションを可能にします。複雑な設定は必要なく、相手ごとに設定を変更することもなしに、どの相手とでもコラボレーティブなコミュニケーションが行えるようになるため、Cisco Unified Communications Manager クラスタや UC 環境を持つ企業にとって必須のテクノロジーになっていくと思います。非常に革新的な製品ですし、今後は確実に企業間コミュニケーションの基盤としての地位を確立していくでしょう」

シスコのコラボレーションについて

シスコは、高い評価を得ている IP コミュニケーションから、モビリティ、カスタマー ケア、Web 会議、メッセージング、エンタープライズ ソーシャル ソフトウェア、相互運用可能なテレプレゼンスまで、オープン スタンダードに基づくネットワークベースの統合コラボレーション ソリューションを提供しています。シスコおよびそのパートナーが提供する、これらのソリューションとサービスは、企業に成長や技術革新、生産性向上をもたらします。チーム パフォーマンスの強化や投資保護にも役立ち、適切な人材や情報を検索するプロセスも簡単できます。

参考リンク

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ