ワールドニュース

ワールドニュース


仁川市、シスコとの戦略的コラボレーションにより、未来都市に向けたプロジェクトを始動

Cisco Global Center for Smart+Connected Communities により、ネットワーク接続に対応したサービスとソリューションを展開

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2010 年 3 月 29 日 仁川発

仁川市と米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、仁川自由経済区域(IFEZ)をハイテクで国際競争力のある、環境保全に配慮した Smart Connected City へと進化させ、韓国の継続的な革新をサポートするために緊密に連携することを発表しました。

IFEZ を未来の Smart Connected City に変え、地域を代表する革新、医療、教育、社会の中心地にするため、シスコは仁川都市開発公社(IUDC)と連携して IFEZ との戦略的コラボレーションに取り組み、公的なスマート シティ事業のほか、民間の情報通信技術(ICT)ビジネス モデルをサポートします。この戦略的コラボレーションでは、ビデオ対応の都市プラットフォームを構築することも目標としており、ネットワーク化された ICT ソリューションを、市民へのサービス提供とより効率的なリソース管理のプラットフォームとして使用することで、エネルギー効率を中心とした環境に負担をかけない生活環境を実現します。

また、仁川市とシスコが 2009 年 2 月および 2009 年 4 月に署名した覚書に基づき、このグローバルなイニシアティブの本拠地となるソンド地区に Cisco Global Center for Smart+Connected Communities が設立される予定です。Cisco Global Center が構築される東北亜貿易タワー(NEATT)は、160 万平方フィート(148,640 平方メートル)、65 階建てのソンド地区を代表する商業ビルで、2010 年の完成後は、韓国一高いビルとなります。

概要

  • シスコは、技術開発とベンチャー企業の育成をサポートし、仁川市のソンド地区に Cisco Global Center for Smart+Connected Community を構築することで、世界のどこにでも適用可能な Smart+Connected Communities ビジネス モデルと技術の開発を進めます。
  • IFEZ との戦略的コラボレーションの目的は、広く普及しているネットワーク テクノロジーを活用したこれまでにないソリューションを導入して、公共サービス、商業、医療、教育、安全などのさまざまな分野で、テクノロジーによって利便化された新たなライフスタイルを市民の皆様に提供し、統合された都市管理を実現することです。ビデオ対応の住宅、エネルギー利用のさらなる効率化、環境負荷の少ない経済開発の支援を通じて、より質の高い暮らしを市民に提供することも目指しています。
  • この戦略的コラボレーションの目標は、公的な Smart+Connected Community ビジネス モデルを実装するための実用的なサービスを提供することと、ソンド地区、永宗島(ヨンジョンド)地区、青羅(チョンラ)地区にすでに設立されている官民協力企業 10 社を支援することによって ICT ベースのビジネスおよび管理を支援することです。
  • シスコは、Cisco Global Center for Smart+Connected Communities を通じて IFEZ に実装可能な新しいサービス デリバリ モデルを開発し、提供します。このテクノロジーと革新的なハブを通じて、シスコは現地および海外のビジネス パートナーと協力し、Smart+Connected Communities イニシアティブをグローバルに展開できるよう、公共サービスと、環境に配慮したテクノロジーに重点を置いた新しいソリューションの開発と構築を行います。
  • シスコはこのプロジェクトのサービスを活用して、他の国々でも新しいネットワーク対応都市の開発を支援します。Cisco Global Center for Smart+Connected Communities では、これらの先進ソリューションを実際に利用したモデル ケースとなる、トレーニング施設やブリーフィング センターも設置される予定です。
  • Cisco Global Center for Smart+Connected Communities では、2011 年までに Cisco Smart+Connected Communities ビジネス モデルの開発に携わるスタッフを約 120 名増員する予定です。
  • 今回発表した、仁川市の Cisco Global Center は、2009 年 4 月にシスコ会長兼 CEO(最高経営責任者)のジョン チェンバーズが韓国を訪問した際に概要で合意した、韓国におけるシスコの長期的取り組みの一環として重要な節目となります。その訪問時にチェンバーズは、韓国におけるシスコの事業展開に複数年に渡って 20 億ドル投資することを表明しました。
  • Cisco Smart+Connected Communities イニシアティブは、公共設備、安全とセキュリティ、ネットワーク対応の不動産、交通、医療、教育、スポーツ施設、行政サービスのためのスマートで接続されたソリューションを都市とコミュニティに提供することを目的としています。シスコのコミュニティ接続プラットフォームは、これらのサービスを市民に提供するための基盤を構築します。
  • Smart+Connected Community ソリューションは、将来の「スマート」なコミュニティに欠かせないネットワーク化に向けた設計図を提供することで、物理的なコミュニティからネットワーク接続型のコミュニティへの変革を支援します。ネットワーク接続型のコミュニティは、持続可能な経済成長および GDP を実現し、リソース管理や運用の効率化を通じて環境を保全し、住民の生活レベルを向上させます。

コメント

  • 仁川市長、アン・サン・スー氏
    「シスコが Cisco Global Center や仁川市との戦略的コラボレーションに投資したことは、IFEZ が北東アジアを代表するハイテク都市に生まれ変わるチャンスとなるでしょう。新たにつくられる u-City は、最適化されたサービスを提供し、市民の生活を向上させるものと期待しています」
  • シスコ会長兼 CEO、ジョン チェンバーズ
    「シスコは、仁川市が先進的な都心へと変わり、同地域で継続的なビジネス チャンスを生み出せるよう支援しています。Cisco Global Center for Smart+Connected Community の構築と IFEZ との戦略的コラボレーションを通じ、シスコは持続可能な開発を可能にするプラットフォームとしてネットワークを活用し、同市の市民生活の向上に向けた取り組みを推進したいと考えています。国、都市、コミュニティ、そして個人の生活は、社会的、経済的、かつ環境的に持続可能なソリューションへのアクセスを提供することで変えられると信じています」
  • Gale International 会長兼CEO、スタン・ゲイル氏
    「仁川市、IFEZ、およびソンド地区に対するシスコの取り組みは、この地域に投資、雇用、チャンスをもたらします。Gale International は、ソンド IBD を、韓国内や世界各国で応用できる、スマートで持続可能な都市レベルでの開発モデルへと変換するべく、シスコと連携していることを誇りに思っています。NEATT タワーを本拠地とする Cisco Global Center for Smart+Connected Community が設立されることから、ソンド IBD で開発され実装されるテクノロジーは、何百もの雇用を創出し、市民生活を大幅に向上させ、韓国経済に利益をもたらすものと確信しています」
  • Incheon Urban Development Corporation 社長、イオ・ユーン・ダック氏
    「本日の発表は、シスコと仁川市のこれまでの協力関係をさらに深めるものです。シスコが持つ高度な IT 技術力は、スマート シティを構築するという仁川市のビジョンの実現を支援し、都市開発や住宅建築に IT を組み込むことで 仁川市を世界レベルの都市に発展させるという主要目標の達成に一役買うことは間違いありません」

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ