ワールドニュース

ワールドニュース


Cisco Eos™ ソーシャル エンターテインメント プラットフォームが新しい顧客と機能によりフットプリントを拡大 ― Eos パートナー エコシステムを発表

Travel Channel、All Access Today、The Eleven Seven Music Group/ Tenth Street Entertainment が新しいエンターテインメント Web サイトの運営に向けて Cisco Eos プラットフォームを導入

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2010 年 1 月 6 日、ラスベガス発

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は 1 月 6 日、ラスベガスで開催中の 2010 年国際家電ショー(CES)において Cisco Eos™ ソーシャル エンターテインメント プラットフォームの新しい顧客、機能、プロフェッショナル サービス オプションを発表しました。Cisco Eos プラットフォームの最初のお客様である Warner Music Group に加えて、このたび Travel Channel、All Access Today、The Eleven Seven Music Group/Tenth Street Entertainment の 3 社が同プラットフォームを導入することが決まりました。

またシスコは、オーディエンスの獲得強化に向けた Facebook Connect の統合や、短時間でのサイト立ち上げを可能にする新たなカスタマイゼーション ツール、既存のコミュニティを Eos に移行するためのサイト マイグレーション ツール、ユーザの関与と有料化を促進するメンバーグループ管理機能などの新しい Eos パートナー エコシステム プログラムと Eos の機能も合わせて発表しました。

Cisco Eos はホスト型の「SaaS(software as a service; サービスとしてのソフトウェア)」プラットフォームであり、メディア企業やエンターテインメント企業はCisco Eosを使用することで、自社のブランド コンテンツ ポートフォリオをもとにソーシャル エンターテインメント エクスペリエンスをより安価で作成、管理、有料化することができます。

Eos の新しい顧客

  • Travel Channel は、旅行関連のコンテンツおよびブランドで構成される自社ポートフォリオを使った Web サイトの構築を行うために Eos プラットフォームを導入しました。今月後半、Eos を使った Travel Channel 初のサイトとして「Travel Channel Academy」が正式に運営を開始する予定です。Travel Channel Academy では、Eos のプロフィール作成機能と投稿機能を活用して、意欲的な旅行ジャーナリストと彼らが作成するコンテンツを中心としたコミュニティを広げていきます。
  • All Access Today では、ウィリー・ネルソンや、ゴリラズ、ピーター・ガブリエル、シュガーランド、JLS、コルビー・キャレイといったアーティストのサイトの展開を始めています。同社は本日、伝説的シンガーであるウィリー・ネルソンの Eos を使った新しいファンサイトが今月後半より http://willienelson.com で運営を開始すると発表しました。同サイトはネルソンの総合ファンクラブも兼ねています。2 月以降も、www.petergabriel.com でデジタルおよびフィジカル製品を紹介するマイクロサイトなど、複数のサイトのオープンが予定されています。
  • The Eleven Seven Music Group/Tenth Street Entertainment では、Eos プラットフォームを使って最新の卓越したオンライン エクスペリエンスを提供することで、音楽マネージメントを支え、所属アーティストとそのファンのサポートに努めています。同グループは、ニッキー・シックス(モトリー・クルー/Sixx:A.M.)およびロックの殿堂入りを果たしたブロンディのサイトをオープンする予定です。その後も、エアロスミスのスティーブン・タイラーや、モトリー・クルー、バックチェリー、パパ・ローチ、JET、ドラウニング・プールなど、複数の所属アーティストのサイトが開設されることになっています。同グループが専用のソーシャル ネットワークを構築すれば、お気に入りのアーティストと交流をしたり、特別なコンテンツを入手したりといった機会がロックファンにもたらされるだけでなく、新しい曲をいち早く聞くことも可能になります。

Eos の新機能

シスコは、以下のような機能を搭載した Eos 2.0 の発売を発表しました。

  • Facebook Connect の統合:消費者は友人同士で簡単にコンテンツを共有できるようになり、またメディア企業はオーディエンスの獲得を促進することが可能です。
  • メンバーグループ管理機能:プレミアム コンテンツや機能へのアクセスを階層化または専用化することで、メディア企業が複数のユーザグループ(「プロフェッショナル」、「ファン」、「VIP」など)を作成・管理することができます。このような専用アクセスを使うことで、ユーザの行動を刺激できるほか、ファンクラブや、コンテンツの購読、専用サービスといった有料化の機会を創出することも可能です。
  • サイト マイグレーション ツール:他のソフトウェア ソリューションから Eos プラットフォームへのコンテンツ、データ、ユーザの移行を、簡単かつコスト効率よく行うことができます。
  • 広告の供給と管理を手がける複数のプロバイダーとの統合:メディア企業が容易に広告を実装できるようになります。
  • 高度なカスタマイゼーション機能:メディア企業が Eos を使ったサイト上で独自のサイト機能を変更または作成できるモジュール構築ツールキットなどが含まれます。
  • ハイセキュアなパブリック アプリケーション プログラミング インターフェイス(API)スイート:メディア企業が事業目標(特に顧客理解に関するもの)の達成のために、Eos にサードパーティのアプリケーションを統合することができます。

またシスコは、2010 年の EoS プラットフォーム開発の中核となる、現在初期段階にある分野についても明らかにしました。

  • 高度なオーディエンス分析:コンテンツ オーナーにデータを提供することで、オーディエンスの獲得、理解、セグメント化、ターゲット化と、コンテンツ エクスペリエンスの最適化を可能にします。
  • EoS プラットフォーム上で、ローカライズされたサイト エクスペリエンスを全世界のオーディエンスに提供することが可能になります。

Cisco Eos パートナー プログラムの発表

  • シスコは同時に、「Cisco Eos パートナー プログラム」の開始についても発表しました。これは、Cisco Eos プラットフォーム上で構築されたエンターテインメント エクスペリエンスの管理、拡張、強化を支援する認定済みのサードパーティのサービスをお客様に利用してもらうためのエコシステム プログラムです。
    • 認定パートナーは、それぞれのサービス分野でのノウハウを持ち、Eos プラ ットフォーム上でのトレーニングや開発を継続的に行っていることが実証されて います。同プログラムでサポートされる最初のサービス分野は、Web サイト デ ザイン、Web サイトの開発と展開、および運営と管理となっています。
  • Cisco Eos パートナー プログラムの発足時のパートナーは、Hot Studio、The Wonder Factory、HCL となっています。その他のパートナーおよびサービス 分野については順次発表していく予定です。

コメント

  • シスコ メディア ソリューション グループのシニア バイスプレジデント兼ジェネラル マネージャー、ダン・シェインマン
    「インタラクティブなソーシャル エクスペリエンスによりオンライン オーディエンスをひきつけ、収益とロイヤルティを獲得するための新しい大きな機会が、テクノロジーによってメディア企業とエンターテインメント企業にもたらされようとしています。しかし、専用の Web プラットフォームの開発には多くのコストがかかることから、企業はこれらの機会を活かせずにいます。拡張が可能で効率的な方法により、メディア企業がオンライン ビジネスを有利に成長させるために、Cisco Eos は重要な役割を果たすことになるでしょう」
  • Travel Channel の戦略および事業開発担当バイスプレジデントのアダム・サザーランド氏
    「Travel Channel はコンテンツ企業として、独自技術の開発に投資しなくても常にオーディエンスを引きつけることができるように、適切なパートナーとプラットフォームを利用しています。弊社は人気のソーシャル ネットワーキング プラットフォーム上で順調にコミュニティを広げていっており、このたび自社の Travel Channel Academy Web サイトにこれらの機能が組み込まれることが決まり、たいへん嬉しく思っています。Eos プラットフォームによって、コミュニティがコンテンツの投稿、コメント、評価を行うためのツールを提供することが可能になります」
  • All Access Today の創立者兼プレジデントのクリス・グッゲンハイム氏
    「All Access Today は 13 年以上前からアーティストの Web サイトの構築と運営を行っており、絶えず変化し続ける業界でベストオブブリードのテクノロジーが求められていることに気づいていました。実際には、現在の消費者主導型のビジネスモデルを進化させるには、まずファンベースを開発し、それを収益につなげるための優れたシステムや製品を、サービスプロバイダーがアーティストやブランドに提供することが必要です」
  • Eleven Seven Music Group/Tenth Street Entertainment の創立者兼最高経営責任者、アレン・コヴァチ氏
    「シスコとの協力関係と Cisco Eos プラットフォームによって、The Eleven Seven Music Group と Tenth Street Entertainment はオンライン プレゼンスを拡大し、ファンに最高のコンテンツ、インタラクション、エクスペリエンスを提供することが可能になります。また、所属アーティストが最も洗練されたレベルで万人向けの Web サイトを運営することも可能です。マーケティングとコンテンツ作成を手がける企業の立場で見ると、このことは弊社と、所属アーティスト、そして彼らを支持するすべてのファンにとってウィン・ウィン・ウィンの関係を構築してくれます」

関連リソース(英語)

Travel Channel について

Travel Channel Media は総合トラベル メディア企業です。同社のビジネスは、ケーブルテレビに対応した米国の 9,500 万世帯で視聴可能な Travel Channel テレビ ネットワーク、高画質同時放送を提供する Travel Channel HD、ブロードバンド トラベル ハブの travelchannel.com、Travel Channel のビデオオンデマンド(VoD)と HD VOD サービス、モバイル コンテンツ プラットフォームの Travel Channel GO、有力オンライン旅行ブログの World Hum(worldhum.com)、オンライン出版社および広告業者向けの革新的なコンテンツ共有 & 広告ネットワークの FlightDeck で構成されています。

All Access Today について

All Access Today は、ファンとの直接的な関係と新技術の開発にフォーカスした企業です。13 年前から、ウィリー・ネルソンや、マッチボックス・トゥエンティー、ピーター・ガブリエル、ゴリラズ、JLS、メアリー・J.ブライジ、リル・ウェイン、ロブ・トーマス、エイコン、シュガーランド、リチャード・アシュクロフト、ラ・ルーなど、世界のトップ アーティストのファンへの直接サービスを提供しています。

数百万ドルの収益をもたらすビジネスモデルをオンラインと、ライブイベント、およびモバイル経由で提供することで、アーティスト、ブランド、企業に対する新しい思考プロセスを実践しています。弊社のビジネスモデルは、世界ツアーとライセンス製品の販売、VIP/トラベル パッケージとエクスペリエンス、会場手配とアーティストのチケット発行、ファン向けのオンライン購読、オンライン Web ショップ、デジタル配信(音楽、ビデオ、写真)、モバイルおよびライブ録音の USB リストバンド プログラム(LiveFlash™)で構成されています。

The Eleven Seven Music Group/Tenth Street Entertainment について

The Eleven Seven Music Group と Tenth Street Entertainment は、エンターテインメント分野のマーケティングとコンテンツ作成を手がける大手企業です。音楽、ファッション、書籍/音楽出版、映画、ライブ パフォーマンスなどの各種プラットフォームでコンテンツ パートナーと協力しています。The Eleven Seven Music Group/Tenth Street Entertainment のマーケティングおよびコンテンツ作成パートナーには、モトリー・クルー、スティーブン・タイラー、バックチェリー、パパ・ローチ、JET、デボラ・ハリーとブロンディ、ニッキー・シックスと Sixx:A.M.、ドラウニング・プール、ザ・ラスト・ヴェガス、マリオン・レイヴン、ロイヤル・アンダーグラウンドなどが挙げられます。詳しい情報は www.10thst.com および www.elevenseven.net でご覧いただけます。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ