ワールドニュース

ワールドニュース


シスコ、重慶市と持続可能な経済、社会、環境の推進に向けて MoU を締結

中国への取り組みをさらに強化

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2009 年 9月 11日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、重慶市の IT 製造業の発展、環境保護技術の革新と研究開発の促進、Smart+Connected Communities ソリューション開発の推進に向けて、重慶市と戦略的な関係を構築するための覚書(MoU)を締結しました。 このコラボレーションは、グリーン GDP の拡大、省エネルギーの実現、排出ガスの規制を掲げる中国の長期戦略の支援を目的としています。シスコと重慶市は、投資額の拡大、市の革新と持続可能性の推進を支援し、地元企業の国際化を促進するために互いに協力します。

中国共産党中央委員会の政治局員および重慶市党書記官である薄熙来氏は、シスコのエグゼクティブと重慶市で会談しました。また、MoU 調印式には、重慶市長の王鴻挙氏、常務副市長の黄奇帆氏、シスコのグローバリゼーション担当最高責任者のウィム・エルフリンク、シスコ アジア パシフィック社長のオーウェン・チャン、シスコ チャイナ社長のトーマス・ラムが出席しました。

今回の覚書により、シスコは中国の地方行政機関と Smart+Connected Communities の分野において新たな協力体制を築くことになります。今回の発表は、シスコが中国において革新をもたらし、持続可能なプログラムを推進していくため、また、シスコの「Cultivated Innovation Model」によって地元産業の革新を加速していくための、大きなステップとなります。 重慶市の長期発展計画では、高速情報ハイウェイを中核に据え、『接続された』都市になることを目指しています。この計画は、高度な公共情報プラットフォームを構築し、そのプラットフォームに対応する情報アプリケーション システムを開発することが柱となっています。このビジョンは、革新と持続可能性を推進するシスコの戦略、また中国で Smart+Connected Communities を構築するというシスコのビジョンとも一致するものです。

「シスコと協力し、シスコの Smart+Connected Communities ソリューションにより重慶市の変革を推進することで、市の都市経営やサービスを支援するまったく新しいビジネス モデルが生まれました。今回のプログラムにより、重慶市の地元企業の国際化プロセスが加速されるだけでなく、市の行政機関、事業、住民がスマートで「接続された」都市の生活を体感できるようになるでしょう」と、重慶市常務副市長の黄奇帆氏は語っています。

「スマートで持続可能な都市を構築するために、重慶市の行政機関や現地のパートナーと密接に作業できる機会に恵まれたことを誇りに思います。私たちは、ネットワークこそが経済発展、環境維持、市民生活の質を改善するプラットフォームになると信じています。重慶市とのコラボレーションは、中国や世界中の都市に構築していく反復可能な Smart+Connected Communities モデルの好例となるでしょう」と、シスコのグローバリゼーション担当最高責任者のウィム・エルフリンクは語っています。

シスコと重慶市の協力関係は、次の 3 つの領域に及びます。

重慶市を中国初の Smart+Connected 都市に

シスコと重慶市は、市内の重要な工業団地に Smart+Connected Communities Center を設置します。重慶市では、シスコの Smart+Connnected Communities ソリューションによって、統合された都市経営、公共サービスやコミュニティ サービス、省エネルギー、排出ガス規制の推進を支援します。この Center は技術的なサポートとサービスを提供し、Smart+Connected Communities ソリューションや製品の試験を行い、持続可能な都市開発に必要なネットワーク インフラストラクチャ モデルとして機能します。

重慶市の IT 製造インフラストラクチャのサポート

シスコは重慶市に対し、電気通信製品の将来的な現地製造基盤の開発に対する支援を約束しました。シスコと重慶市は、現地における製造と供給の基盤、インフラストラクチャ、物流を改善するために、いくつかのプログラムを共同で実施してきました。事前の試算によると、製造基盤の構築による予想市場価値は 100 億元に上ります。

研究開発と革新による環境保護技術の支援

環境保護技術を効果的に支援するために、シスコは重慶市と協力して環境保護技術の共同研究施設を設立し、ワイヤレス センサー ネットワークと次世代インターネットの革新に力を注ぎます。また、Cisco-Chongqing Green Technologies Innovation Center も設立し、シスコの中国における研究施設間の交流を促進して現地での開発機能を構築することで、環境保護技術の開発と商品化を促進します。シスコは今後5年間、環境保護技術により持続可能な地元の経済開発に大きく貢献している地元企業に対し、さらなる投資を行う予定です。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ