ワールドニュース

ワールドニュース


AT&T、BT、および Tata、業界で初めて複数キャリアのネットワークをまたぐ Cisco TelePresence コールをデモ

グローバルな Cisco TelePresence 公衆網の開発で重要なマイルストーンを達成

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2009 年 7 月 1 日、サンノゼ発

AT&T、BT、および Tata Communications は本日、業界初となるマルチポイントの Cisco TelePresence 企業間ミーティングを、複数キャリアのネットワークをまたいで実施し、Cisco TelePresenceTM サービスのグローバル展開へ向けて大きく前進しました。AT&T、BT、Tata の 3 社は米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)と共同で、Cisco TelePresence ユーザが任意のキャリアのネットワーク ユーザにコールできる、高レベルなセキュリティと信頼性を備えたサービスが技術的に可能であることを実証しました。

ハイライト/キーファクト

  • キャリア相互乗り入れの企業間サービスにおいて、Cisco TelePresence ユーザは、信頼性と高度なセキュリティを確保しながら、サービスに参入するネットワーク上の別のユーザにコールすることができます。
  • Cisco Live 2009 では、AT&T、BT、Tata Communication のネットワーク上の次のサイト間で、キャリア相互乗り入れによる Cisco TelePresence 接続のデモを行いました。
    • 米国ニュージャージー州ベドミンスターおよびモーリスタウンとイリノイ州シカゴにある、AT&T Telepresence Solution サイト
    • コロラド州コロラドスプリングにある、BT サイト
    • サンフランシスコで開催された Cisco Live 会場のシスコのサイト
    • ボストンとロンドンにある Tata サイト
  • このデモンストレーションは、Cisco TelePresence をすべての人にあらゆる場所で利用可能にするという、シスコの戦略におけるもう一つの重要なステップです。これは、最近発表された T-1 接続可能な単一画面システム用の Cisco TelePresence Extended Reach、HD ビデオ会議の相互運用性、Cisco WebExTM ビデオの相互運用性などに続くニュースです。
  • コラボレーションと生産性を向上し、ビジネスの意志決定を加速させるため、すでに 350 以上の企業が Cisco TelePresence を導入しており、2,300 以上のシステムが利用されています。Cisco TelePresence は、最も急成長している新しいテクノロジーの 1 つです。
  • シスコは、生産性の向上と効果的なコラボレーションを実現するため、自社のネットワークでも 500 以上の会議室に Cisco TelePresence を導入しています。

コメント

  • シスコ エマージング テクノロジー グループ シニア バイス プレジデント、マーティン・デビア
    「本日のデモンストレーションは、シスコのサービス プロバイダー パートナーとお客様にとって重要なマイルストーンとなります。キャリア相互乗り入れの Cisco TelePresence 企業間サービスの実現により、動画コミュニケーションとコラボレーションの利点が異なるネットワーク サービス プロバイダー間に拡大され、電話をかけるのと同じように手軽な、新たなビジュアル エクスペリエンスをユーザに提供できます」
  • AT&T ビジネス ソリューション部門マーケティング最高責任者、ビル・アーチャー氏
    「キャリア間の接続は、世界中の企業によって優れたコラボレーション機能の提供を目指す、テレプレゼンス機能開発における次のステップです。当社は、AT&T Telepresence Solution によって、高セキュリティな環境でお客様やその他の主要な企業との対話機能を提供します。将来へ向けて、他のネットワーク サービス プロバイダーと協力し、この POC(概念実証)をできるだけ早い時期に市場に送り出したいと考えています」
  • BT Conferencing ビデオ ビジネス ユニット ジェネラル マネージャ、ジェフ・プレステル氏
    「テレプレゼンス サービスから究極の価値を引き出すには、企業がネットワーク プロバイダーを選ぶことなく同僚、パートナー、お客様とコラボレーションできる必要があります。BT は喜んでシスコに協力して、幅広い用途でお客様が使いやすく信頼できるコミュニケーションを将来体験できるようにし、お客様がテレプレゼンスへの投資利益を最大化できるように支援します」
  • Tata Communications マネージド テレプレゼンス サービス部門ディレクター、ピーター・クインラン氏
    「今回 AT&T および BT と共同で行われる POC(概念実証)において、Tata Communications は、Cisco TelePresence を導入して接続されたプライベートおよび一般公開の会議室間で確立される b2b セッションを、Tata Communications のグローバル ネットワークとキャリア相互乗り入れネットワークを使用してサポートします。この画期的なグローバル サービスによって、テレプレゼンスのマネージド サービスをプライベートな企業間エクスペリエンスからオープンな企業間エクスペリエンスへと進歩させ、社員、パートナー、お客様、見込み客の全エコシステムに取り込むことができます。このオープンなキャリア相互乗り入れによる B2B 機能は、Tata Communications のマネージド テレプレゼンス サービスの包括的アプローチを強化します」

参考リンク

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ