ワールドニュース

ワールドニュース


デジタル サイネージ:持続可能な優位性

従来のポスター看板に比べ、デジタル サイネージの炭素消費量が7.5パーセント少ない結果に

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2009年4月7日、ロンドン発
デジタル サイネージ(電子看板)と従来の広告看板の炭素排出量を比較した詳細な調査の結果が本日発表され、映像を映し出したディスプレイ広告の方が従来のポスター看板よりも炭素消費量が 7.5 パーセント少ないことが明らかになりました。

概要:

  • ハイ ストリート ストア(繁華街の大通りに面した店)150店舗を仮説の対象として調査した結果、デジタル ウィンドウ ディスプレイ ソリューションに変更することで、3年間で29.74二酸化炭素換算トン(tCO2e)の炭素を削減できることが分かりました。これは、英国の一般家庭が5年間以上かかって消費する総エネルギー量に相当します。
  • MediaZest社が委託し、シスコとPanasonic社が協賛して、大手消費者調査会社ROI Teamとブルネル大学が実施した独自の調査の結果、映像を映し出したディスプレイ広告の方が、炭素消費量が7.5パーセント少ないことが明らかになりました。調査では、「倉庫から倉庫まで」の排出量を考慮に入れ、設置・実行・保守・撤去の方法など、あらゆる側面を比較し、電力、ディーゼル、紙、インクの消費量を算出しました。
  • 分析の対象となったデジタル ディスプレイは、信頼性と柔軟性で選ばれたデュアル ランプ システム搭載のPanasonic製PT-D4000プロジェクターや、ウィンドウに採用された3M製Vikuitiフィルム、Cisco® メディア プレーヤーで構成されています。コンテンツの変更はすべてブロードバンド回線で送られるため、ポスターを何度も印刷したり、輸送したりする必要がありません。ディスプレイの寿命は3年としました。

リンク/ URL:

コメント:

  • 「シスコは二酸化炭素排出量の削減に明確な意識を持って取り組んでおり、テクノロジーを賢く利用することで環境への影響を減らせるよう、お客様と協力しています。デジタル サイネージは魅力的なエクスペリエンスを提供してくれるだけでなく、今回の調査結果から、その利用により小売業者の二酸化炭素排出量を削減できることが明らかになりました」
    ティム・スキナー、シスコ英国およびアイルランド コンシューマ業界担当オペレーション ディレクター
  • 「さまざまな商行為が環境にもたらす影響を見てきましたが、今回の調査から、デジタル メディアの利用が極めて良好な結果を生むことがわかりました。驚くべきことに、サステナビリティ(持続可能性)に関しては、炭素排出量の問題についてビジネスの観点から情報提供できるような研究がほとんどなされていません。ですから、店頭広告ビジネスの分野で環境についての議論を促す大きな一歩になるであろう今回の調査に参加できたことを光栄に思っています」
    ジョイス・ツォイ博士、ブルネル大学研究員
  • 「当社は、世界的なテクノロジー会社として自らの責任を極めて真摯に受けとめており、デジタル サイネージの分野でも、よりいっそう環境にやさしい製品を製造し続けることができると自負しています」
    ハルムット・クレサ氏、Panasonicプロジェクター担当マーケティング マネージャ
  • 「あらゆる企業が自社の業務を分析し、環境に対してできるだけの貢献をしていくことは、ビジネスにとっても、モラルの面でも必要不可欠だと私たちは考えています。どのような結果が出るのか先が見えないまま調査を依頼しましたが、今回の結果はもちろん満足のいくものでした。かねてから、デジタル ディスプレイはお客様のビジネスやブランド確立、美観にとってメリットがあるだけでなく、環境にもよりやさしいのではないかと私たちは感じていましたが、今回の調査でそれが証明されたように思います。シスコやPanasonicの協力を得て、今回の結果をできる限り広く周知させていきたいと考えています」
    アンディ・ホーキンス氏、MediaZestセールスおよびマーケティング担当ディレクター
  • 「キャンペーン広告にはさまざまな方法があるため、従来の店頭広告について基準を定めるのは容易ではありませんでした。今回の調査結果により、デジタル サイネージの利用について議論が活発になればと思います」
    アンドリュー・マッコール氏、ROI Teamマネージング ディレクター

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ