ワールドニュース

ワールドニュース


シスコ、アプリケーションやモバイル機器を統合する新しいインテグレーション機能により、コラボレーションのコンテキスト化を実現

新しい相互運用性、モビリティ、ビデオ機能により、コンテキスチュアル コラボレーションを強化

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2009 年 3 月 30 日、米カリフォルニア州サンノゼ発
米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は本日、ユニファイド コミュニケーション システムの機能強化を発表しました。この度の機能強化では、モバイル接続を可能にし、ビデオ コラボレーション機能を強化したほか、Cisco WebEx® ConnectCisco TelePresence™、Microsoft Office Communicator、Apple iPhone など、アプリケーションやデバイス間の相互運用性を拡張しました。新しいシスコ® ユニファイド コミュニケーションソリューションによって、企業はワークフローの合理化やコラボレーションの最適化、意思決定の迅速化が可能となったほか、すべてのユーザにとっても、あらゆるデバイスやネットワークからのコラボレーションが可能となりました。 本日の発表は、シスコが 340 億ドル規模のコラボレーション市場に参入した昨年 9 月の「コラボレーション ポートフォリオの発表」に基づくものです。シスコのコラボレーション ポートフォリオには、あらゆるワークスペース環境における接続、コミュニケーション、コラボレーションを可能にするオープンで相互運用可能なアーキテクチャを基に開発されたユニファイド コミュニケーション、Cisco TelePresence、Web 2.0 アプリケーションなどがあります。

概要

  • Cisco Unified Communications Desktop Integration:拡張可能な新しいUnified Client Services Frameworkによって、ミッドコール(通話中)制御機能付きソフトフォン、メッセージング、カンファレンス、デスクフォン制御、フォン プレゼンスといったシスコ ユニファイド コミュニケーションのサービスが公開され、デスクトップ アプリケーションに統合することが可能となりました。これらのサービスによって、ユーザは、ビジネス プロセスのコンテキストの中でシスコのコミュニケーショ機能にアクセスすることができます。
    • Cisco Unified Communications IntegrationTM for Cisco WebEx Connect:シスコの Web 2.0 コラボレーション アプリケーションである「WebEx Connect」をシスコ ユニファイド コミュニケーションの機能と統合することにより、シスコは、お客様にシームレスなエクスペリエンスを提供します。このインテグレーション機能を使用することで、クラウドベースのサービスの柔軟性と、シスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションが提供するオンプレミス(自社設置)型の機能を統合することが可能です。
    • Cisco Unified Communications IntegrationTM for Microsoft Office Communicatorこのインテグレーション機能は、新しい Client Services Framework のオープン性を示すもので、この機能によって、簡素化された安全性の高いコール制御機能や他のシスコ ユニファイド コミュニケーション サービスをお客様にご利用いただけるようになりました。シスコは現在、 IBM Lotus Sametime 向けにも同様のインテグレーション機能を提供しています。

  • Cisco WebEx Meeting Center with Cisco Unified Video Conferencing:Cisco WebEx Meeting Center with Cisco Unified Video Conferencingは、あらゆるデバイス間(「any to any」)におけるビデオの相互運用性を実現することにより、WebEx の高度なビデオ機能を提供し、実際の対面式の対話に近い体験を可能にします。これにより、マルチポイント制御装置である「Cisco Unified Video Conferencing」に接続可能なデバイスはすべて、Meeting Center のミーティングで利用することができるため、Cisco TelePresence をはじめ、各種ビデオ会議システムやデスクトップ コラボレーション アプリケーションが可能にする臨場感あふれる体験をサポートすることができます。このソリューションによって、視聴可能な参加者を 16 名まで増やすことができるほか、高品位ビデオを表示したり、ビデオ制御機能を追加したりできます。
  • Cisco Mobile Supervisor for Apple iPhone:Mobile Supervisor for Cisco Unified Contact Center Express を使用することにより、コンタクトセンター管理者は、Apple iPhone または iPod タッチ デバイスで、レポートや通知、パフォーマンス メトリクスをリアルタイムで受信できます。Cisco Mobile Supervisor によって、ユーザは、移動中でもコンタクトセンター業務を掌握することができ、状況の変化や問題を迅速に分析し、対応することが可能です。新しい「Cisco Unified Contact Center Express」クライアントは、Apple iTunes ストアにて本日よりダウンロードしていただけます。
  • Cisco Unified IP Phone から Cisco WebEx Meeting Center へのワンボタン機能:Cisco Unified IP Phone のユーザは、Cisco Unified IP Phone のボタンをひとつ押すだけで、デスクトップ上で行う WebEx Meeting Center または Training Center のミーティングに簡単に参加できます。この機能は、Web 2.0アプリケーションやコミュニケーション アプリケーションを簡単に統合するための画期的な開発プラットフォームである「Cisco Unified Application Environment」を利用することにより統合することが可能です。
  • また、関連のニュースで、シスコはコラボレーション ポートフォリオを強化したほか、Cisco TelePresence に関する重要な発表を行いました。具体的には、多目的室向けの Cisco TelePresence環境のほか、臨場感あふれるビデオ コラボレーション機能にだれでもどこからでもアクセスできるようにするアプリケーションなどが発表されました。コラボレーション ポートフォリオの発表につきましては、こちらをご覧ください。

コメント

  • Thompson Coburn LLP 最高情報責任者、フィリップ・ライトラー氏
  • 「Cisco Unified Communications Integration for Microsoft Office Communicator は、テクノロジーを活用して顧客サービスの向上と IT オペレーションの簡素化を目指す私たちの戦略目標に合致しています。このシンプルなデスクトップ インテグレーション機能によって、弁護士はすでに利用しているインスタント メッセージングやデスクトップ アプリケーションからシスコ フォンを操作できるようになるため、生産性の向上が期待できます。私たちが評価を行ったさまざまな選択肢のなかでも、デスクトップからコール制御が可能な点、投資の価値を高め、システムの複雑さを軽減してくれるという点で、このソリューションが最も信頼性が高いと思います」

  • BT Global Services ユニファイド コミュニケーション担当グローバル責任者、スティーブ・マスターズ氏
  • 「BT とシスコは、ユニファイド コミュニケーションの分野で長年にわたり良好な関係を築いてきました。Cisco Unified Communications Integration for Microsoft Office Communicator によって、当社の多くのお客様が既に導入され、実績と信頼を誇るシスコのボイス機能を、ユーザが使用しているインスタント メッセージング デスクトップ クライアントにシームレスに統合することが可能です。これにより、BTは、デスクトップ ユーザのエクスペリエンスを守りながら、完全に統合されたユニファイド コミュニケーション体験を、制御性・拡張性の高い方法で提供することが可能となります」

  • シスコのユニファイド コミュニケーション ビジネスユニット担当バイスプレジデント兼ジェネラル マネージャ、ローレン・フィロネンコ
  • 「シスコは、ユニファイド コミュニケーションやコラボレーションに対して、他社とは一線を画したアーキテクチャ面からのアプローチを提供することにより、お客様がシスコのソリューションや自社開発のビジネス アプリケーション、サードパーティ製製品を統合し、相互運用できるよう取り組んでいます。“any to any”プラットフォームを提供することにより、モバイル機器、コンタクトセンター環境、デスクトップ クライアント、Cisco Unified IP Phone など、あらゆるワークスペース環境におけるコミュニケーションおよびコラボレーションを柔軟に変革することが可能となりました」

Suburban 社について

Suburban 社は、西アフリカ全域にまたがるネットワークを持ち、グローバル リーチを提供する「次世代のキャリア」です。Suburban 社の製品ポートフォリオには、ホールセール インターネット サービスや国際専用回線をはじめ、MPLSを利用したマネージド ルータ サービスなどがあり、これらのサービスを西アフリカ全域で提供しています。Suburban 社は、自社のネットワークと製品ポートフォリオを駆使し、西アフリカの大手移動体通信事業者、企業、インターネット サービス プロバイダーが求めるボイス・データ・ビデオ通信のニーズに応えています。詳細につきましては、http://www.suburbantelecom.com/をご覧ください。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ