ワールドニュース

米国ニュース


Ogilvy 社、シスコシステムズの技術を用いてヨーロッパを網羅する統合通信インフラストラクチャを構築

シスコの統合インフラストラクチャが WPP グループのヨーロッパ ブランチ オフィスをワイヤレス ネットワークと IP 通信でサポートします

2005 年 8 月 24 日、英ロンドン発

シスコシステムズは本日、WPP グループのメンバー企業である Ogilvy 社が、イギリスおよびヨーロッパ全域の Ogilvy グループへの統合サービス配信をサポートするインテリジェント ネットワーク インフラストラクチャの構築を進めていると発表しました。この新しいインフラストラクチャにより Ogilvy 社では、800 人の初期ユーザーに IP 通信を提供し、ワイヤレス ネットワーク接続をサポートすると同時に、ビデオ/グラフィック集中型環境に対応するギガビット接続をデスクトップで実現できるようになります。今回のプロジェクトでは、シスコと Ogilvy 社と共に、シスコ ゴールド認定パートナーである BTSkyNet 社が設計および導入をサポートする予定です。

ロンドンのキャナリー・ワーフにある Ogilvy 社の新しいネットワーク 本部からは、グループのイギリス国内拠点およびヨーロッパのオフィスに向け、マネージドサービスが提供されることになっています。最初に、北欧諸国のオフィスならびにイギリス国内の 5 つの拠点を、ローカルサイトに設置した Cisco Integrated Services Router とセントラル コール マネージメントによってつなぎます。Survivable Remote Site Telephony(SRST)機能により、ネットワークに障害が生じた場合でもテレフォニー サービスを継続させることが可能になります。

クライアントチームが進化し、また新たなクライアントが増えるに連れ、Ogilvy 社にとっては、短時間でバーチャルチームの生産性を向上させることが急務になってきています。同社の IT チームでは、デスクトップや電話を年間 400 回も「追加、移動、変更」しなければならず、テレフォニー サービスを正しい相手に届けるためのスケーラブルな方法を必要としていました。シスコの新しい IP 通信システムを使えば、スタッフは自分の内線電話をバーチャルに移動させ、デスク上の IP フォンにログインするだけでボイスメールにアクセスすることが可能です。

「通信インフラの頻繁な変更に対応するために、社内リソースを毎月のように配置し直す必要がありました」と Ogilvy 社の EAME 地区担当テクノロジー ディレクターであるジェイミー・マクレラン(Jamie McLellan)氏は述懐します。「シスコの通信システムによって、空いているデスクで好きなときにテレフォニー サービスを使えるようになることから、従業員は 有用なIT リソースを自由に利用できるようになり、短期間で生産性を上げることが可能となります。シスコのソフトフォン、ならびに当社のモビリティの強化によって、大幅なコスト削減と効率性の向上が必ずや実現することでしょう。ワイヤレスを導入することで、今は実現不可能な高度な柔軟性がスタッフとクライアントにもたらされ、チーム編成やコラボレーションがよりスムーズに行えるようになるはずです」

複数の機関がWPP グループ ネットワークの一部を構成しているため、管理されたインフラストラクチャを中央の IT インフラから提供できるようにすることは、プロジェクトにおける課題の 1 つでした。バーチャル LAN と統合型のネットワーク セキュリティ機能を利用することで、Ogilvy 社では単一の統合ネットワーク インフラを使い、複数の組織と、各クライアントチーム、さらにはヘッドクォーターのスペースを賃借しているサードパーティのテナントまでをも論理的に分離できるようになります。

Ogilvy 社のスタジオと TV 環境のワークフローはここ数年でアナログからデジタルに移行したことから、同社ではデジタル TV アーカイブに保管されている 2 万 5000 点のコマーシャルをはじめとする企業資産に素早くアクセスできる環境を必要としていました。デザインおよびプロダクション チーム用のギガビット イーサネット接続環境を整えることによって、スタッフの生産性が上がり、クライアントのためにクリエイティブなアイデアを素早く実行に移すことができるようになります。

「BTSkyNet では、6 年間にわたり Ogilvy と緊密に協力して同社のネットワークおよびテレフォニー インフラストラクチャに対するサポートとサービスを提供してきました」と BTSkyNet 社のセールス ディレクターであるニール・ペンバートン(Neil Pemberton)氏は語ります。「今回の音声・データのコンバージド ネットワーク導入により、Ogilvy では真の柔軟性と可動性を備えたワークスペースの構築が可能となり、有線/無線の両方の技術を使ってリッチ メディア アプリケーションを提供できるようになることでしょう」

「Ogilvy では、ネットワーク リソースを統合・仮想化することで、コストを抑えながらグループの成長をサポートすることの重要さを以前から認識していました」とシスコシステムズのコーポレート マーケティング担当副社長であるマリリン・マースロウ(Marilyn Mersereau)はコメントしています。「広告業界では、クライアントに価値を提供するにあたり、企業はスタッフの生産性を確保する必要があります。そのような企業が今後やるべきことを詳細に示しているのが、シスコのインテリジェント インフォメーション ネットワーク構想です」

プロジェクトの一環として Ogilvy 社では、ネットワーク性能を拡張し、ギガビット エッジ接続と PoE(Power over Ethernet)をサポートするために、スーパバイザエンジン720 を追加し、既存の Catalyst 6500 シリーズ スイッチの機能拡張を行う予定です。IP 通信には、Cisco Call Manager と、Lotus Notes を統合した Cisco Unity ボイスメール、Cisco Integrated Services ルーターの SRST 機能と共に、7960G IP フォン および 7920 ワイヤレス IP フォンが使われます。また、ワイヤレス ネットワーク インフラストラクチャの基盤を支えるのは、Cisco Aironet アクセスポイントと Cisco Wireless LAN Solution Manager です。

BTSkyNet 社について

BTSkyNet 社は BT 社の完全子会社で、企業ネットワーク インフラストラクチャの開発および最適化の分野で業績を伸ばしてきました。最新のネットワーク製品や技術をベースに、音声、ビデオ、およびデータ ネットワークの設計、供給、導入、サポート、保守などを手がける同社は、オックスフォードに本社を置き、イギリス全土で業務を展開しています。詳しい情報をご希望の方は marketing@skynetsystems.co.uk までご連絡ください。

シスコシステムズ社について

インターネット向けネットワーク機器ベンダーの世界最大手であるシスコシステムズ社(NASDAQ:CSCO)は、創業以来、技術革新に取り組み、業界でのリーダーシップを発揮し、企業としての社会的な責任を果たしてきた結果、今年創立20周年を迎えることができました。シスコに関するニュースや情報はwww.cisco.comをご覧ください。

# # #

Cisco、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴは、米国ならびに諸外国における Cisco Systems, Inc. および関連会社の登録商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

▲Return to Top

お問い合わせ