ワールドニュース

米国ニュース


Infotech社、シスコ製メトロ型Ethernetスイッチング技術を採用し、オーストリアのリート町でEthernetブロードバンド接続を展開

新開発のメトロ型Ethernetを採用した光ファイバ ネットワークにより、次世代の商用ブロードバンドサービスとリート町の電子行政への取組みをサポート

2003年4月11日、オーストリア リート町発 - シスコシステムズ社は本日、オーストリアの北部地方で展開しているサービス プロバイダであるInfotech社が、シスコ社のメトロ型Ethernetスイッチング ソリューションを採用し、リート(Ried im Innkreis)町に在住する個人ユーザーや企業ユーザーに対し、次世代の音声、ビデオ、データサービスを単独の集約型IPおよび光ファイバインフラストラクチャで提供すると発表しました。

Infotech社は、当地の電力会社(Energie Ried)および町政府(Stadtamt Ried)と提携して、同町の関係ビルと学校とを結んだ同町運営の光ファイバネットワークを拡張しています。さらに、Infotech社はこの光ファイバネットワークにシスコ社のメトロ型Ethernetスイッチング技術を採用し、同町の個人ユーザー向けにインターネット接続速度が最大10 Mbit/s、また、支店事務所や在宅勤務者向けに同100 Mbit/sの商用メトロ型Ethernetサービスを提供します。また、Infotech社は、企業ユーザーおよび卸市場向けに最大速度ギガビットのサービスを提供します。

「光ファイバインフラストラクチャを使用することにより、当社は顧客ユーザーに対して次世代の接続速度だけでなく、音声、ビデオ、データを混在させた3倍のサービスを提供できるようになりました。また、Ethernetを使用した伝送により、個人ユーザーに対して非常にタイムリーな方法で帯域幅を変更することができます」と、Infotech社のCEOであるHans Kuehberger氏は述べています。「メトロ型Ethernetの場合、テレワーキングなどの応用が日常の現実となり、同時に、同じメディア1本を使用して企業向けのネットワーク接続や、一定速度の音声/ビデオ通信が提供できるようになりました。当社では、メトロ型Ethernetアーキテクチャやサービスの構築において、業界随一の実績を誇るシスコ社を選定しました」

Infotech社は第一段階における光ファイバの敷設を完了し、専用線を使用している従来の企業顧客の基盤を新しいネットワークへすでに移行しました。このサービス プロバイダは、また、個人ユーザーに対して、「録画 TV」(過去24時間に放送されたテレビ番組をDVD品質、かつ、オンデマンドで提供するサービス)など、幅広いビデオ/データサービスの提供も計画しています。Infotech社では、また、マイクロ トレンチ技術を採用して、住居ブロックや加入者を光ファイバリングへ接続しています。

「町では、町民に対してお役所的でない迅速なサービスを提供することを目標としており、町関係施設を効率よくネットワーク接続することがこの計画の実現に向けたもっとも重要な条件でした」と、リート町の町長であるAlbert Ortig氏は述べています。「公共財産やロードネットワークの管理を監督する機関として、また、Energie Ried社の筆頭株主として、町政府はこのネットワークの展開を密接にサポートしています」

Infotech社はStadtamt Riedと共同で町政府の最初の配備を構築し、すでに町営施設の数箇所を結んでいる既存の光ファイバネットワークを拡大して、リート町が運営しているネットワーク アーキテクチャをシスコ社のメトロ型Ethernetスイッチングへ移行しました。教育ならびに町政府のネットワークは町中に拡張され、同時に、このプロジェクトの一環として、公共/商用ネットワークが別個に構築されました。Infotech社はまた、町営施設の数箇所に公共用のEthernetアクセスポイントを設置しています。

「次世代のメトロ型Ethernet光ファイバネットワークを構築して町のコミュニティに貢献することにより、Infotech社の管理チームは技術の革新と将来の展望を披露しました」と、シスコシステムズ社EMEAのサービス プロバイダ マーケティング ディレクタであるMichael Bayerは述べています。「Infotech社は、提供可能な帯域幅を10 Mbit/sと100 Mbit/sの間で細かく設定できるようになっただけでなく、 市場のニーズを満たす新しい集約サービスを継続して展開できるプラットフォームを得たことになり、同社の柔軟性が大幅に高まりました」

Infotech社では、Cisco Catalyst 4000®シリーズスイッチ、Cisco Catalyst 3550®シリーズスイッチ、ならびにCisco Building Broadband Service Manager、Cisco 2600シリーズ3600シリーズ7200シリーズの各ルーターおよびCisco Pix 500シリーズ ファイアウォールを採用して、同社のメトロ型Ethernetサービスをサポートしています。詳しくは、下記のURLを参照してください。http://www.cisco.com/go/metroethernetswitching

Infotech社について

1993年にITシステムハウスとして設立されたInfotech EDV-Systeme Gmbh社は非公開のオーストリア法人で、1996年サービス プロバイダ市場に参入し、Ried im Innkreis町とその周辺地域をサービスしています。Infotech社が提供しているサービスは、リート町営の光ファイバネットワークを使用したEthernetブロードバンド アクセス サービスから、ストレージ管理、Eコマース、サポート、ソフトウェア開発、教育にまで及んでいます。詳しくは、http://www.infotech.atをご覧ください。

Ried im Innkreis(リート町)について

Ried im Innkreisは、オーストリアのSalzburgから約50km離れた同国北部に位置する、人口約12,000、世帯数4,500の町です。詳しくは、リート町のウェブサイト(http://www.ried.at)をご覧ください。

シスコシステムズについて

Cisco Systems, Inc.(NASDAQ:CSCO)は、インターネット/イントラネットの基盤となるネットワーク関連機器を提供する世界的なプロバイダです。ニュースならびに関係資料はhttp://www.cisco.com/newsに掲載しています。

# # #

Cisco、Cisco IOS、Cisco Systems、Cisco Systemsのロゴマークは、米国およびその他の国々におけるCisco Systems, Inc.および関連会社の登録商標または商標です。本文書に記載しているその他の商標の所有権は、所有企業各社にあります。

連絡先

報道関係向け連絡先:
Marc Musgrove
Cisco Systems, Inc.
+44 (0)20 8824-6200
mmusgrov@cisco.com

投資家向け広報担当:
Patty Archibeck
Cisco Systems
+44 (0)20 8824-2739
PattyArchibeck@cisco.com

業界アナリスト向け連絡先:
David Taylor
Cisco Systems
(44) 20 8824 8459
dwtaylor@cisco.com

Related Links
シスコ パートナー サミット2003概観

シスコ、STACKWISE™ TECHNOLOGYを採用した、スタッカブル スイッチの新機軸、CATALYST 3750シリーズを発表
▲Return to Top

お問い合わせ