日本版ニュースリリース

製造業のリーダー企業によるコラボレーション


製造業のリーダー企業によるコラボレーション:アナリティクスによる製造業の「モノづくり」最適化

2016年4月18日

ロボットとファクトリー オートメーションの世界的サプライヤーであるファナック株式会社は、ITによるデジタル化をけん引する世界的リーダー企業、シスコ、産業用オートメーションと情報ソリューションを専門とする世界の大手Rockwell Automation、人工知能ソリューションの先進プロバイダーであるPreferred Networksと協業します。これらの企業は共同で、CNC(コンピュータ数値制御装置)とロボットのみならず周辺デバイスとセンサーを接続して製造・生産を最適化するためのアナリティクスを提供するプラットフォーム、FANUC Intelligent Edge Link and Drive(FIELD)systemを開発します。

FIELD systemは、ファナックのオートメーション システムで使用されるCNC、ロボット、周辺デバイス、センサー向けの高度なアナリティクスを提供するためのプラットフォームです。これは、マシンの信頼性、品質、柔軟性、スピードの向上を通じて総合設備効率(OEE)と収益率を向上させるものです。また、高度な機械学習機能とディープ ラーニング機能も提供します。ファナックは、シスコ、Rockwell Automation、Preferred Networksと協業することで、ネットワークおよびコンピューティング インフラストラクチャ、アプリケーション、ミドルウェア プラットフォームを含む完全なソリューションを提供します。このオープン プラットフォームを利用することで、アプリケーション開発者、センサーおよび周辺デバイス メーカー、システム インテグレーターは、設備効率、生産高、品質を向上させるソリューションを構築することができます。

これまでの成功をさらに加速

FIELD systemは、ファナックの現在のZDT(Zero Downtime)コネクテッド ロボット プロジェクトをさらに拡張させるものです。このプロジェクトにおいて、コネクテッド ロボットの数は、2016年末には6000台から10000台に達するものと見込まれています。ZDTは、シスコのクラウド、IoTデータ収集ソフトウェア、エンドツーエンドのセキュリティ機能から構成されます。これら4社が連携し、産業用イーサネットスイッチを利用してロボットをCisco UCS(Unified Computing System)に接続することで自動車メーカー向けのシステムを実装します。システムはすべて、ファナックとシスコのZDTデータ収集ソフトウェア上で実行されます。このシステムを導入する自動車業界のお客様は、製造ダウンタイムの大幅な短縮とさらなるコスト削減を、短期間のうちに実現することができます。

インテリジェントな製造業

FIELD systemは、お客様とアプリケーション開発者が高度な機械学習と人工知能を活用することによって、製造業でのさらなる生産性向上と効率化をもたらします。ファナックとPreferred Networksは、バラ積みロボットの高度化、高精度な異常検知、故障予測などのアプリケーションにおいて新しい技術を確立しました。FIELD systemは人工知能とエッジコンピューティング技術を組み合わせることで分散型機械学習(Distributed Machine Learning)を可能にします。機械から収集されたデータを、ネットワークのエッジでリアルタイムに処理することにより、機械がお互いに柔軟にかつ賢く協調し今までになかった高度な製造業を実現します。

FIELD systemの詳細と各社の役割

ファナック:マシンの信頼性、品質、スピードの向上に必要な主要指標を追跡するためのセンサーが埋め込まれたCNCとロボットを提供します。

ファナック、シスコ、Preferred Networks:シスコは、メッセージ ブローカー、セキュリティおよびアプリケーション ライフサイクル管理(ALM)アプリケーションを含むミドルウェア プラットフォームを提供します。また、Preferred Networksのオープンなディープ ラーニング フレームワーク(Chainer)、IoT向けのストリーム エンジン(SensorBee)、さらにはDIMo(Deep Intelligence in-Motion)プラットフォーム内の高度な機械学習ライブラリを活用します。

シスコ、Rockwell Automation:CNC、ロボット、その他セル装置をFIELDアプリケーションに接続するためのネットワーキング、コンピューティング、セキュリティ インフラストラクチャを提供します。そのすべてがRockwell Automationとシスコの共同開発によるConverged Plantwide Ethernet(CPwE)アーキテクチャ(セキュリティ、接続性、柔軟性、拡張性をさらに向上させます)をベースとし、単一の小規模セルから数百セルの大規模工場までの接続を可能にします。

ファナック、Rockwell Automation、Preferred Networks:FIELDミドルウェアおよびインフラストラクチャ プラットフォーム上で実行される初期アプリケーション ソフトウェアを提供します。これは、現在導入されているLINK-iおよびZDTアプリケーション、およびファナックとPreferred Networksの協業によるディープ ラーニング技術を活用したアプリケーションを拡張するものです。迅速に導入できるよう、Rockwell Automationの製造業向けソフトウェア製品(FactoryTalk View、FactoryTalk VantagePoint、およびFactoryTalk Production Centerなど)はFIELD systemにシームレスに統合される予定です。

コメント

シスコ、シニア バイス プレジデント IoT兼 アプリケーション担当ローワン・トロロープ(Rowan Trollope)
「今回の協業は、産業界において歴史的変革であり、IoTと産業オートメーション、機械学習を一体化して“未来の工場”を実現しようとするものです。これまで長年にわたって検討されてきたことが今、現実に起ころうとしています。シスコがその取り組みに参画できることをこの上なく嬉しく思うと同時に、これによって今後、デジタル化の恩恵を実現させようとする他の業界においても重要な役割を担って行けるものと大いに期待しています」

Preferred Networks、代表取締役社長 CEO、西川 徹氏
「この協業により製造業の高度化をさらに加速できることを非常に嬉しく思っています。ファナックとの協業では、当初から個々の機械を賢くするだけではなく、機械同士がリアルタイムで連携・協調し、継続的な生産性向上を目的として機械学習・人工知能の技術の確立を目指してきました。FIELD systemはそのビジョンの実現に向けて中核を担う商品であると確信しています」

Rockwell Automation、シニア バイス プレジデント 兼 最高技術責任者(CTO)、サジート・チャンド(Sujeet Chand)氏
「Rockwell Automationはワールドクラスの企業と連携することで、製造業が現在利用しているインテリジェント デバイスからのデータを活用して企業全体のアナリティクス戦略を推進し、製造業の投資効率の最大化に貢献します。デバイスからエンタープライズ全体へのデータの分析に対するセキュアで拡張性に優れたコンピューティングのアプローチにより、ユーザーは運用を改善し、組織のニーズに適合した、情報に基づく意思決定を行えるようになります」

ファナック株式会社について

富士山麓に本拠を置くファナック株式会社は、世界で最も革新的なファクトリー オートメーション、ロボット、ロボマシンのメーカーであり、グローバル リーダーです。46か国で252拠点を展開するファナックは、ワールドクラスのサービスとサポートを世界のお客様に提供しています。1972年の発足以来、ファナックは、コンピューター数値制御装置の開発におけるパイオニア企業としてマシン ツールの自動化に貢献してきました。ファナックのテクノロジーは、単一マシンの自動化から生産ライン全体の自動化へと進化した世界の製造革命をリードしてきました。詳細については、http://www.fanuc.co.jp/eindex.htmをご覧ください。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

株式会社Preferred Networksについて

東京を拠点とし、Internet of Things (IoT)において深層学習を中心とした機械学習技術を用いたソリューションにフォーカスしているベンチャー企業です。機械学習技術の先進技術を提供するDeep Intelligence in-Motion(DIMo)プラットフォームをベースとしたソリューションの研究開発に取り組んでいます。Preferred Networksは自動車業界や産業用ロボットにおいてそれぞれトヨタ自動車株式会社やファナック株式会社などの世界をリードする企業と協業し先進的な取り組みを推進しています。詳細については、http://www.preferred-networks.jp/ja/をご覧ください。

*資料、写真はこちらからダウンロードいただけます。