日本版ニュースリリース

シスコのACI、NTTドコモのネットワーク仮想化(NFV)基盤に採用


シスコのACI、NTTドコモのネットワーク仮想化(NFV)基盤に採用

デジタル時代に即した次世代移動通信システムを構築

2016年3月11日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:鈴木 みゆき、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、シスコの次世代 SDN(Software Defined Network)ソリューション、「Cisco ACI(Application Centric Infrastructure、以下ACI)」が、株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:加藤 栫A住所:東京都千代田区永田町、以下 ドコモ)の移動通信を担うLTEのネットワーク仮想化基盤に採用されたことを発表しました。

モバイルネットワークは、LTEの急速な普及、近年のデジタル化により加速する次世代移動通信システム「5G」の提供開始に向けて、さまざまな端末、接続形態に対応する、高速大容量、安定運用、かつ迅速で一貫性のあるモバイルシステムの構築が重要となってきています。

2月に発表された「Cisco Visual Networking Index™ Global Mobile Data Traffic Forecast for 2015 to 2020」によれば、モバイル ユーザー、スマート デバイス、M2M(マシンツーマシン)接続の急増により、モバイル データ トラフィックの量は今後5年間に8倍になると予想されています。 モバイル通信と「5G」次世代ネットワークの準備のためのLTEシステムの急速な普及は、ドコモにも新たなニーズを生み出しています。

このようなモバイルトラフィックの増加や、新たなサービス提供に柔軟、かつ迅速に対応できるネットワークインフラの構築は重要な課題となっています。
また、災害等を原因とした通信混雑時における通信のつながりやすさの向上、通信設備故障時における通信サービスの継続提供、加えて、新たな通信サービスの迅速な提供、オペレーションの効率化や設備投資の効率化も重要となっています。
今回のACIの導入は、これらの解決に向けた取り組みを加速させます。

ACIは、仮想化されたネットワーク機能の統合管理のためにアプリケーション プロファイルを組み込んだシスコの次世代SDNソリューションです。このソリューションでは、機能は専用ハードウェア、物理サーバー、仮想サーバー、またはコンテナベースのマイクロサービスに配備されます。ACIソリューションは、 Cisco Nexus 9000スイッチ、Cisco APIC(Application Policy Infrastructure Controller)というポリシー コントローラー、ACIオペレーティング システムから構成されます。

ドコモ向けACIソリューションに期待される主なメリットは次のとおりです。

  • ドコモのNFVプラットフォームにリンクされたポリシーの適用によるネットワーク運用の合理化
  • 仮想ネットワーク機能の自動的な導入による効率向上
  • 導入タイプ(物理、仮想、コンテナ)に関係なくリアルタイムのモニタリングとアプリケーション可視性を提供するAPICによるネットワーク インフラストラクチャの管理とプロビジョニングの一元化
  • アプリケーション要件、ネットワーク復元、輻輳期間に応じたネットワーク インフラストラクチャの動的なリソース管理による加入者サービスの向上
  • 100GE、IPv4、IPv6、エニーキャスト ゲートウェイ、BFD、QOSのサポート

シスコは、今回ドコモへ採用された実績をもとに、このACIをさまざまなモバイルコアシステムへ拡張展開していくとともに、更なるモバイルネットワークの高度化を推進していきます。

コメント

株式会社NTTドコモ、取締役常務執行役員、尾上誠蔵氏
「ドコモのネットワーク基盤にシスコのSDNソリューションであるACIを活用して、NFVシステムを商用導入できたことを喜ばしく思います。
今後、シスコ社との協業を通じて新たなモバイルネットワーク業界のエコシステムを創り上げていけることを期待しております」

シスコ、シニアバイスプレジデント、ソニ・ジャンダニ(Soni Jiandani)
「NFV導入のための共同開発モデルを通じてドコモ とのパートナーシップを拡大できることを喜んでいます。お客様のニーズを満たすために、我々は市場で最も広範なSDNソリューションの選択肢を提供し続けていきます。変化の激しいモビリティ サービス環境の中で、NFV向けCisco ACIのメリットを活用するドコモは、業界をリードできるでしょう」

シスコ、CTO兼INSBUテクニカル マーケティング担当シニアディレクター、フランク・ダゴスティーノ(Frank D’Agostino)
「ACIのポリシー モデルは、あらゆるアプリケーション配信エンドポイントのセキュアで一貫性のあるサービス配信に柔軟に適合します。急速に進化するサービスとNFV配備の動的な特性は、ACIとポリシー主導インフラストラクチャの自然な延長であると言えます。ACIは、各NFVアプリケーションの運用の合理化と完全な可視性を通じてアジリティを向上させ、全体的なコストを削減し、サービス品質を改善します」

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)