日本版ニュースリリース

Kiiに出資し、日本を世界のIoT先進国に


Kiiに出資し、日本を世界のIoT先進国に

 
Miyuki Suzuki 鈴木 みゆき | 2016年1月21日

 

シスコは、2007年に設立され、IoT(Internet of Things)やモバイルアプリケーションに最適化されたバックエンドプラットフォームを提供するKii株式会社に出資します。同社のプラットフォームは世界のメーカーや通信事業者で採用実績があります。シスコとKiiは、それぞれが有するクラウドプラットフォームを組み合わせて、日本、アジア太平洋地域、さらに全世界で、サービスプロバイダーや企業向けの先進的なモビリティサービスソリューションを提供していくことを検討します。

Kiiは、IoT機器で必要となるサーバー側の仕組みをクラウドで提供するKii Cloudと呼ばれるサービスを提供しています。クラウド側には、認証、ユーザー管理、モノ管理、データ管理、分析等の様々な機能が実装されており、サーバー側での開発や、サーバーの構築、運用にかかる負担が大きく軽減されるため、ユーザーは期間や費用、初期投資のリスクを大幅に削減できます。このKii Cloudは、日本のほか、中国、南アジア、北米、南米、ヨーロッパにサーバーを展開しています。

日本では、いまIoTが概念から普及の段階に移行しつつあります。昨年5月にシスコが発表した「ビジュアル・ネットワーキング・インデックス」という調査では、日本において、2019年にはネットにつながるデバイスが14億と、2014年から倍増することが見込まれています。そのうち68%をM2Mが占めるものと予測され、これは世界平均の43%を大きく上回り、日本がIoTの分野で世界の先進市場になることが期待されています。

シスコジャパンでは、デジタイゼーションによる日本の変革を支援するために、日本企業との連携や投資を戦略的に加速しており、今回のKiiとの連携により、IoTの先進ソリューションをいち早く日本で展開し、世界市場に還元していくことを望んでいます。

シスコは、近年、IoT、モビリティ、ビッグデータ、アナリティクスなどの分野でイノベーションを加速するため、グローバルにスタートアップ企業への投資に注力しています。日本においては、Kiiへの出資が、先にお知らせしたアーキタイプ ベンチャーズのファンドへの投資に続いて、3件目の投資案件になります。

# # #