日本版ニュースリリース

ファナックとシスコ、産業ロボットの稼働率向上に向けて協業


ファナックとシスコ、産業ロボットの稼働率向上に向けて協業

2016年1月21日

ファナック株式会社(社長:稲葉善治 本社:山梨県忍野村、以下ファナック)とシスコシステムズ合同会社(社長:鈴木みゆき、住所:東京都港区赤坂、以下:シスコ)は本日、両社が協業して製造業の工場で稼働している 産業ロボットをネットワークに接続し、製造業界における複数の顧客企業で効率的な運用を推進していくこととしました。工場内に設置されたサーバでロボットの稼働状況を解析し故障予知を行うことによって、定期メンテナンス時の部品交換や、不意の生産・製造ラインの停止、生産エリアや工場全体で生産業務の中断に至る事態を避けることができます。

今回の発表に先立ち、北米において大手自動車メーカーで12カ月間に渡ってゼロダウンタイム(ZDT)パイロットプロジェクトを実施し、期間中、生産設備or産業ロボット施設のダウンタイムをほぼ100%削減して総合設備効率(OEE)を上昇させることに成功しました。

メーカーの生産施設の多くは量産体制を敷いており、予期せぬ操業停止は多大なコストを生じさせます。ある自動車メーカーでは、予想外のダウンタイムが生じた場合、中断1分間あたり平均200万円前後が失われると試算しています。ファナックのZDTソリューションでは、ロボットや制御装置、あるいは製造工程に何らかの不具合が発生する可能性をシステムが事前に検知し、ダウンタイムが生じる前に情報が提供されるため、事前の保守スケジュールに基づく操業停止時間内に問題への対応を済ませることができます。

シスコでは新たに、機械メーカーやそのエンドユーザーである製造メーカーがネットワーク接続やセキュリティ、コンピューティングに至るまでのシスコ製品を直接、あるいは現場の集約装置を通じて生産設備やセルに組み込むことができるコネクテッドマシンソリューションを提供します。

ファナックは、産業用ロボットの分野で世界トップ企業であり、ネットワークエッジやクラウドでのビッグデータ分析を活用して、実際に不具合が生じる前に、工場の設備機器に故障が起きる可能性を予測することができる保守手順を確立しています。ファナックのロボットにはセンサーが搭載され、気温や生産サイクル、機械の稼動状況など、常にさまざまなデータの収集を行っています。こうしたデータを状況に応じて分析することで、ベアリングやトランスデューサーといった部品の損耗を予測します。

これまで、こうした問題は生産現場で現実にダウンタイムが生じるまで発見されることはなく、分析やその後のサービスについてもロボットとの物理的な接続が可能な場合に限られていました。ファナックのZDTソリューションでは、ロボットはシスコのネットワークを通じて、工場内のエッジコンピューティングのデータ収集装置につながれます。

さらに、保守管理に関連するデータが工場内の解析サーバに蓄積され、解析エンジンによって規定範囲を超えた例外事象がないかが綿密にチェックされ、保守サービスの必要性を予測します。部品の交換が必要な場合は、その旨が解析サーバから通知され、関連する作業内容の指示も合わせて表示されます。

ファナック 代表取締役社長 稲葉善治氏は、今後このソリューションをファナックのロボットが稼働するすべての生産施設に導入することができれば、メーカー各社に大きな付加価値が提供でき、多くの企業が待望するIoTをベースとしたデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献できるとし、次のように述べています。

「ZDTの導入により計画外停止をなくすことで、ファナックのロボットを導入いただいているメーカーのお客様には大きなコスト削減が期待でき、加えてファナックの ZDTロボットの価値も飛躍的に高まります。シスコとの協業によって、個々のロボット単体では実現できなかった新しい価値をお客様に提供することが可能になり、今後の機能強化や新サービスを提供するプラットフォームとして極めて大きな可能性を持っていると考えております。」

FANUC Cisco ZDT の詳細については、紹介ビデオ「FANUC Cisco ZDTの概要」[英語]をご覧ください。

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)