日本版ニュースリリース

シスコ、Lancope買収の意向を発表


シスコ、Lancope買収の意向を発表

サイバーセキュリティの脅威に対する防御機能を強化

2015年10月30日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、本日米国ジョージア州アルファレッタに本拠を置く株式非公開企業Lancopeを買収する意向であることを発表しました。Lancopeはネットワーク上の行動解析、脅威の可視化、セキュリティ インテリジェンスを提供し、サイバーセキュリティの最大の脅威から企業を守るネットワーク セキュリティ企業です。

モビリティが拡大し、ネットワークに接続するデバイスが増加するにつれて、サイバー犯罪者の手口や能力も高まり、検知されることなく企業ネットワークへの侵入を成功させるようになっています。確実なことは、あらゆるものがネットワークを通じて繋がっている以上、ネットワーク上の行動を継続的に監視することによって変化を検出して、脅威を回避することができるということです。LancopeのStealthWatchシステムは、ネットワーク内部の疑わしいトラフィック パターンを特定し、広範な攻撃を検出します。Lancopeが提供する継続的なネットワークの可視化と専門的な脅威分析と保護を通じて、企業は自社ネットワークを監視し、脅威の検出・分析を行って、最新のセキュリティ脅威に対してこれまで以上に迅速な対応を取ることができます。

シスコとLancopeは事前の防御から攻撃中・攻撃後まで、攻撃全体を通じて継続的に高度な脅威保護を提供するシスコの「Security Everywhere」戦略を進化させようとしています。Lancopeを取得することによって、シスコのセキュリティ ソリューションにネットワーク上の行動解析機能が加わり、これまで以上に広範な防御をネットワークにもたらします。

シスコ、コーポレート事業開発担当バイスプレジデント、ロブ・サルバーニョ(Rob Salvagno)は、次のように述べています。「企業のデジタル化が進むにつれ、セキュリティの問題も急速に拡大しています。企業がサイバー脅威の新たな波を特定し、こうした脅威に対応していくためには、リアルタイムの可視化や、ネットワーク上でのあらゆるマシンやデバイスの行動を把握することが非常に重要になっています。シスコは企業のネットワークやデバイスを脅威から守るための取り組みを続けており、Lancopeを統合し、両社のソリューションを一体化することによってお客様のネットワーク全体をセキュリティセンサーに変えていくことができます」

Lancopeのチームは、シスコのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、デビッド・ゴッケラー(David Goeckeler)が率いるセキュリティ ビジネス グループに加わる予定です。契約条件に従い、シスコはLancopeに4億5,250万ドルの現金と債券の引き受け、さらに残留を条件とする従業員のインセンティブを支払います。Lancopeの買収は規制当局の審査をはじめとする慣習的な買収完了条件に従い、シスコの 2016 年会計年度第2 四半期中に完了する見通しです。

関連リソース

ロブ・サルバーニョ(Rob Salvagno)のブログ [英語]

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

**当資料は、2015年10月27日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Cisco Announces Intent to Acquire Lancope