日本版ニュースリリース

シスコ、新しいクラウドベースのコラボレーションサービス「Cisco Spark」を提供開始


シスコ、新しいクラウドベースのコラボレーションサービス「Cisco Spark」を提供開始

最新のコミュニケーション環境でアイデアを共有し、チームの作業効率化に貢献

2015年4月23日

シスコシステムズ合同会社(社長:アーヴィン・タン、住所:東京都港区赤坂、以下:シスコ)は本日、チーム間の仕事のあり方を大きく変革するクラウドベースの新しいコラボレーションサービス「Cisco Spark」(シスコ スパーク)を発表しました。

2014年11月「Project Squared」(プロジェクトスクエア)の名称で発表されたCisco Sparkは、すでに多くの業界で使用されており、これまでにない簡単でセキュアな方法で、社内外の人とのコラボレーションを可能にしています。ほぼすべてのデバイスを通じてあらゆる場所からコラボレーションできるCisco Sparkを導入する企業は急速に増加しています。

お客様からのご意見や要望が大幅に取り入れられたCisco Sparkは、ほぼすべての主要なモバイルやデスクトップデバイスからアクセスが可能で、メンバーがどこにいても参加できるセキュアな仮想会議室を立ち上げることができます。Cisco Sparkはアプリストアからダウンロードするか、Webブラウザ上で http://web.ciscospark.com をクリックするだけで、メンバーやトピック、プロジェクトごとなど、自由に会議室を開設できます。会議室に入ったチーム メンバーは、メッセージの送受信やファイルの共有・閲覧を安全な環境で行い、複数メンバーでの音声またはビデオ通話、画面共有をすぐに開始することができます。

Cisco Sparkの会議室にはメンバー全員のファイルや文書、決定事項がまとめて保管されるため、仮想会議やビデオ会議、チャットなど、チームに必要なあらゆる作業を1カ所で行うことができ、生産性が目に見えて向上します。Cisco Spark を使用して俊敏な組織へと変革しようとしているお客様、パートナー企業は以下のとおりです。

  • Telstra‐コラボレーションを基盤としたプロダクト開発を推進
    オーストラリアの大手情報通信事業者Telstraは、プロジェクトごとに素早くチームを立ち上げ、異なるタイムゾーンや地域にまたがって使用できる、モバイルを中心とした使いやすいコラボレーションツールを求めていました。Cisco Sparkを試験的に導入したところ、メールのやり取りや会議に費やす時間が大幅に減るなど、スタッフの行動に驚くほどの変化が生じ、チームの生産性向上につながりました。
  • Loggoss‐Cisco Sparkがもたらす情報やコミュニティ
    中国・杭州、スペイン・バルセロナの2拠点を持つLoggossは、スペイン在住の華僑に対して不動産や電話、保険など生活に密着したサービスを提供し、言葉や文化の違いによる困難を軽減するサポートを行っています。Loggoss はCisco Sparkの初期パイロット版のAPIを既存のCRMプラットフォームに統合し、システムの移行期間中も顧客が必要な情報に簡単にアクセスできるようにしました。Cisco Sparkはモバイル環境に対応しており、顧客はいつでもすぐにLoggossのサービスにアクセスできます。現在2,500人近いユーザーがCisco Sparkを利用しており、Loggossでは今後、4万人の会員全員にサービスを拡大する準備を進めています。
  • Zdi ‐Cisco Sparkの採用で、現場の知識や情報を効率的に共有
    Zdiでは以前、双方向無線の活用を開始し、生産性が飛躍的に高まったことがありました。従業員が無線を通じて相談すると、周辺にいるエキスパートが即座に協力して、回答や代替案を提示することができました。このようなコミュニケーションの仕方は携帯電話の普及につれて減少しましたが、現在、Cisco Sparkを採用することで、かつてのような活発なコラボレーションが復活しています。Cisco Sparkによって、チームメンバーはデスクトップやモバイルデバイスから、思い立ったらすぐにインサイトや図面、さまざまなコンテンツを安全に共有することができます。

使い勝手を追求したユーザー本位の製品開発

シスコは、2014年11月に「Project Squared」としてCisco Sparkの提供を開始して以来、お客様から寄せられる膨大な量の情報や意見、要望を検討してきました。こうした情報の多くはCisco Sparkを通じて提供されたものです。これらのフィードバックに基づき、シスコは今回、新たな機能を追加し、使いやすさの向上に努めました。

  • 会議室管理(ルーム モデレーション):暗号化によって上位に新たな層を設けて会議室の管理機能を提供し、ユーザー(注1)が会議室に招待する人(または除外する人)を管理します。
  • シンプルな管理機能: 管理者用*1にシングルサインオン(SSO)やディレクトリ同期の設定、役割ベースのアクセス、利用レポートの作成などのさまざまな機能を搭載。シスコのパートナー各社はすぐにトライアルを開始してアカウントを管理し、自社の顧客に対して最も効果的にCisco Sparkを活用する方法を提案できます。
  • カレンダー統合:ユーザーはシングルタップでどのカレンダーからでもCisco Sparkの会議室を設定してメンバーを招集でき、全てのメンバーに対して会議の前後や会議中に仮想ワークスペースでコンテンツやアイデアを共有できます。
  • Windowsクライアント:Window用に新たに設けられたクライアントで、Cisco Sparkを開いていない時でもデスクトップのコンテンツにより素早くアクセスできるほか、チームメンバーへの通知を送ることができます。
  • 会議機能の強化:ブラウザのFirefoxユーザーもプラグインなしでビデオやモニター画面が共有できるようになり、すべてのユーザーがビデオや画面を同時に閲覧できます。
  • サポート言語の拡大:サポート言語を拡大し、中国語(簡体字と繁体字)、デンマーク語、オランダ語、英語(イギリス英語とアメリカ英語)、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、スペイン語(中南米とスペイン)、スウェーデン語、トルコ語に対応します。

Cisco Sparkはサインアップするだけでスタートでき、以下の機能を無料で利用できます。
1対1およびグループメッセージ機能、ファイル共有、1対1ビデオ会議(3名まで参加可能)、モバイルカレンダー、連絡先の統合、オンラインセルフサービス機能、エンドツーエンドのコンテンツ暗号化機能

さらに本日発表した(注2)Cisco Sparkの有料版では、以下の機能を利用できます。
シスコのパートナー各社は、チーム間でのコラボレーションの強化を望むお客様に対し、このサービスを販売できるようになります(注3)。Cisco Sparkにはさまざまなパッケージが用意され、企業個々のニーズに合わせて利用することができます。

  • Cisco Spark Message(有料版)- 全ての基本機能に加え、会議室運営管理、シングルサインオン(SSO)、ディレクトリ同期、ライブサポートの各機能が利用できます。社内のIT担当者がセキュリティ設定を追加でき、社内で必要なツールを提供してコラボレーションサービスを管理できます。
  • Cisco Spark Message and Meet (有料版)- Cisco Spark Messageの機能に加え、メンバー8名までの会議が可能になるほか、WebEx Meeting Centerまたは Enterprise Editionが使用できるようになります。この機能によって、Cisco Sparkの会議室でより幅広いコラボレーション機能をリアルタイムで利用できるようになり、世界で最も多く利用されている会議用ツールへのアクセスが可能になります。

コメント

シスコ、コラボレーション テクノロジーグループ担当 シニア バイスプレジデント、ローワン・トロロープ(Rowan Trollope)
「企業では経営者も従業員も、競争力を保つために組織の現代化に懸命に取り組んでおり、縦割りでなく、より機敏で柔軟な体制を目指しています。Eメールですら、もはや現代のスピード感にはそぐわなくなってきています。企業が真の変革を目指すためには、新たなコミュニケーション手法を取り入れた素早い動きが求められます。シスコは、多くの企業がCisco Sparkを通じて優れたコラボレーションを実現している様子を見て、Cisco Sparkは組織を大きく変革するという手ごたえを感じました。Cisco Sparkは、テキストベースのやり取り、作業用の文書、さらには複数の音声やビデオを通じてリアルタイムで接続できる環境など、チームに必要なあらゆるものをまとめて1つの場所で提供することによって、こうした変化を可能にします」

(注1)Spark MessageとSpark Message and Meetで利用可能。
(注2)日本語版の発売は2015年第3四半期を予定しており、シスコの販売パートナーより提供を開始します。
(注3)提供価格は購入数、契約条件により個別見積もり。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

**当資料は、2015年3月17日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Customers Embrace Cisco Spark - A Collaboration Service That Modernizes How Teams Communicate, Share Ideas and Get Work Done