日本版ニュースリリース

シスコ、有力なデータ管理パートナーと再販契約を締結し、ビッグ データ ポートフォリオを拡大


シスコ、有力なデータ管理パートナーと再販契約を締結し、ビッグ データ ポートフォリオを拡大

2015年4月16日

シスコシステムズ合同会社(社長:アーヴィン・タン、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、 お客様が容易にビジネスの成果を達成できるよう、Cloudera、Hortonworks®、MapRとソフトウェア再販契約を締結し、業界をリードするApache™ Hadoop®のデータ管理機能と革新技術をお客様に提供することを発表しました。

Internet of Everything(IoE)では、スマートフォン、センサー、ビデオ カメラなどの接続デバイスから、膨大な量のデータが毎日生成されています。その価値を引き出し、実用的なビジネス戦略へと転換させることは、大量のデータが押し寄せているお客様にとっては非常に困難な課題です。

幅広いパートナー エコシステムを形成し、共同でソリューションを提供することにより、過去30年にわたりシスコはお客様により良い価値を提供してきました。ビッグデータの分野でお客様の課題を解決するため、シスコはデータ統合/管理ソフトウェアの分野でも、キープレーヤーであるCloudera、Hortonworks、MapRとパートナーシップを組み、共同のソリューションを提供いたします 。今回の契約によって、お客様やチャネル パートナーには、次のようなメリットがもたらされます。

  • Hadoopクラスタ管理の簡素化: Cisco Unified Computing System™(UCS)Director Express for Big Dataにより、お客様はCloudera、Hortonworks、MapRソフトウェアとCisco UCSサーバハードウェアの双方を一元的に展開、管理、把握することができるようになります。複雑さを大幅に低減して、レスポンス タイムを短縮、迅速かつ容易にHadoopを展開/管理できるようになります。
  • アジャイル、シンプル、かつ広範なデータ:Cisco® Data Virtualizationソリューションにより、お客様はデータの抽出、アクセス、検索を実行し、Hadoopクラスタにデータを提供して、費用対効果に優れた方法でデータを処理/管理できるようになります。
  • 統合インフラとソフトをまとめて提供:ハードウェアとソフトウェアをシスコから一括購入いただくことでHadoopクラスタの拡張が容易になります。より多くのデータを扱い、分析することで、より多くのビジネスバリューが生み出されることがわかってきています。大量のデータをいかに低コストで保存できるか、スモールスタートし需要に合わせて容易に拡張できるかが重要です。
  • チャネル用プロモーション:チャネル パートナーは、既存の幾つかのシスコ データ センター チャネル プロモーションをビッグデータ分野の案件でもご活用いただけます。急成長を続けるビッグ データの市場機会を生かすチャンスです。

今回の契約は、お客様に最善のハードウェア、ソフトウェア、サービスすべての選択肢を提供し、データ センターのコアからクラウド、エッジに至るまで高度な分析能力を組み込んで、最も実用的なビジネスへの洞察力を提供します。

コメント

Cloudera ANZ / ASEAN担当 バイスプレジデント リチャード・ジョーンズ氏
「ここ数年来、シスコは、Clouderaの重要なパートナーですが、両社がより密接な関係を持つことこそが、エンタープライズクライアントのビッグデータ分析機能の導入促進に貢献すると確信しています。そして、Cloudera が シスコの再販(販売)チャネルを活用することで、単独での対応に比べ、より幅広く、そして迅速にビジネスを拡大できると期待しています」

マップアール・テクノロジーズ株式会社 日本代表 安田 稔氏
「マップアール・テクノロジーズ株式会社は、シスコシステムズが「MapR」の日本も含めたグローバルでのMapRの販売パートナーとなりビッグデータ分野のビジネスの強化をされる発表を歓迎し、賛同を表明いたします。 IoEを含め、ますますデータ活用が進んでいる今日、MapRは今後も市場からのニーズでもある、他社より進んだエンタープライズ・グレードのHadoopとNoSQLを提供して参ります。その一環としても、データ活用基盤の最適ソリューションとして、UCSとMapRとの統合ソリューションを共に推進し、お客様のニーズを2社のパートナーシップをより一層深めることで満たして参ります」

シスコ、Unified Computing System、データ センター ソリューション マーケティング担当バイスプレジデント、ジム・マッキュー(Jim McHugh)
「ビッグ データからビジネスの成果を引き出すには、即アナリティックスが使える検証済み統合インフラストラクチャが必要です。シスコは幅広いエコシステム パートナーと共同でこれを実現しています。特に、Cloudera、Hortonworks、MapRとは密に協力しており、この度3社のHadoopベースのデータ管理ソリューションをお客様に再販できることを大変喜ばしく思っています」

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

**当資料は、2015年3月4日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳を元にしています。
Cisco Expands Big Data Portfolio with Resale Agreements in Place with Leading Data Management Partners