日本版ニュースリリース

「第2回 シスコ テクノロジー論文コンテスト」優秀論文発表


「第2回 シスコ テクノロジー論文コンテスト」優秀論文発表

ネットワンシステムズ社の論文が最優秀賞を獲得

2014年11月14日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は11月13日、「第2回 シスコ テクノロジー論文コンテスト」の優秀論文を発表し、最優秀賞1点、優秀賞2点、特別賞1点に対して表彰を行いました。

「シスコ テクノロジー論文コンテスト」は、シスコシステムズ日本法人設立20周年記念事業の一環として、テクノロジープロフェッショナル育成の一助となることを目的に、2013年に第1回目が実施されました。第2回目となる今回は、「Internet of Everything」、「クラウド」、「エンタープライズネットワーク」の3つをテーマに本年4月から募集を開始し、多くのパートナー企業様より 今後の事業に有益な提言や研究成果に関する論文をご応募頂きました。多数の応募の中から、この度優秀論文を選出し、併せて表彰を行ったものです。

第2回コンテスト受賞論文は以下の通りです。シスコでは、次回の論文募集を2015年春から開始する予定で、更なる優秀なエンジニアの発掘とテクノロジープロフェッショナルのコミュニティーの発展に寄与したいと考えています。

1)最優秀賞

執筆者:ネットワンシステムズ株式会社、荒牧 大樹 様
タイトル:Cisco ACIとOpenStack連携と今後の展望 (研究型論文)

2)優秀賞

執筆者:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、高原 也寿明様
タイトル:IOS Embedded Packet Capture(EPC) 機能検証結果報告 (研究型論文)

執筆者:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ、海保 人士様
タイトル:NGNを利用した高速インターネットVPNの提案 (提言型論文)

3)特別賞

執筆者:ネットワンシステムズ株式会社、松戸 孝 様
タイトル:「無線LANアクセスポイントにおける送信ビームフォーミングCisco ClientLinkの性能の実験的検討」−より信頼性の向上した無線LANの実現を目指して− (研究型論文)

集合写真
<表彰式での受賞者>

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)