日本版ニュースリリース

NTT東日本とシスコ、中堅中小企業向けクラウド型無線LANソリューションで協業


NTT東日本とシスコ、中堅中小企業向けクラウド型無線LANソリューションで協業

グローバルで豊富な実績のあるCisco Merakiを採用したサービスを共同で推進

2014年10月30日

東日本電信電話株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山村 雅之、以下:NTT東日本)とシスコシステムズ合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:平井 康文、以下:シスコ)は、中堅中小企業向けクラウド型無線LANソリューションを共同で推進していくこととしました。

モバイル端末の普及に伴い、ITを活用した業務の生産性向上および新たな事業機会創出のため、企業における無線LANの導入ニーズが高まっています。しかし、特に中堅中小企業においては、IT担当者の不足や導入に伴う工事費用、運用の手間、トラブル対応など、安定かつ安全な無線LAN環境を導入し運用していくには様々な課題があります。

こうした課題を解決するため、NTT東日本は、中堅中小企業のお客様が求めるオフィスの無線LAN環境をレディメイドし、その導入から運用までを一括してサポートする、サポート付き簡単オフィスWi-Fiサービス「ギガらくWi-Fi」を2014年12月1日に提供を開始することを発表しました。

今回、NTT東日本が提供する「ギガらくWi-Fi」(ハイエンドプラン)は、無線LANアクセスポイント装置として、最新の無線LAN技術である802.11acに対応しインターネットに接続するだけで稼働するゼロタッチプロビジョニング(特別な設定なしですぐに利用できる)を実現するCisco Merakiを利用し、NTT東日本のサポートデスクから遠隔でお客様のオフィスのWi-Fi環境を管理し、必要なサポートをワンストップで提供します。

Cisco Merakiは、クラウドを通じてネットワークを統合管理する新しいタイプのネットワークソリューションです。無線LANアクセスポイントをクラウドから集中管理し、ネットワーク全体の可視化と制御、設定の変更などが可能です。 Cisco Merakiのソリューションは、すでに世界各国の数千の企業において何十万台ものデバイスの運用管理に活用されています。

今後、NTT東日本とシスコは、日本におけるクラウド型無線LANソリューションの新たな市場の創造に向け、プロジェクトチームを立ち上げ、中堅中小企業や教育機関などに対してプロモーションを共同で展開します。セキュアで信頼性が高い無線LANソリューションによって、企業における働き方改革や教育の現場でのタブレットの活用の推進などの変革をサポートしてまいります。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
http://www.cisco.com/jp