日本版ニュースリリース

シスコ、2014年度第3四半期決算は堅調に推移


シスコ、2014年度第3四半期決算は堅調に推移

新しい市場とテクノロジーが成長回復に向けた計画を促進

2014年5月15日

  • 第3四半期売上高:115億ドル
  • 第3四半期1株当たり利益:42セント(GAAPベース)、51セント(プロフォーマ・ベース)

2014年5月14日、米カリフォルニア州サンノゼ(SAN JOSE, Calif.)発

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO兼会長:ジョン チェンバーズ、以下:シスコ)は本日、2014年4月26日を期末とする2014年会計年度第3四半期の業績を発表しました。2014年会計年度第3四半期の売上高は115億ドルでした。また、2014年会計年度第3四半期の純利益は、一般会計基準(GAAP)ベースでは22億ドル(1株当たり42セント)、プロフォーマ・ベースでは26億ドル(1株当たり51セント)でした。

「第3四半期の業績には満足しています。今期は、成長回復の兆しも見られ、前期に示したガイダンスを上回る結果となりました。チーム全体がシスコの積極的な前進にフォーカスしており、ナンバーワンIT企業を目指す長期目標の達成に引き続き自信を持っています」と、シスコの会長兼CEO(最高経営責任者)ジョン チェンバーズは述べています。

GAAPベース(2014年会計年度第3四半期)
  2014年会計年度第3四半期 2013年会計年度第3四半期 対前年同期比
売上高 115億ドル 122億ドル 5.5%減
純利益 22億ドル 25億ドル 12.0%減
1株当たり利益 42セント 46セント 8.7%減

プロフォーマ・ベース(2014年会計年度第3四半期)
  2014年会計年度第3四半期 2013年会計年度第3四半期 対前年同期比
純利益 26億ドル 27億ドル 3.2%減
1株当たり利益 51セント 51セント

2014年会計年度の最初の9ヶ月の売上高は348億ドルで、これに対し前年度の最初の9ヶ月の売上高は362億ドルでした。2014年会計年度の最初の9ヶ月の純利益は、一般会計基準(GAAP)ベースで、56億ドル(1株当たり1ドル6セント)で、これに対し前年度の最初の9ヶ月は77億ドル(1株当たり1ドル44セント)でした。2014年会計年度の最初の9ヶ月のプロフォーマ(見積り)ベースの純利益は、80億ドル(1株当たり1ドル51セント)で、これに対し前年度の最初の9ヶ月は80億ドル(1株当たり1ドル50セント)でした。

現金及び現金等価資産ならびに投資総額

  • 営業活動によるキャッシュフローは、2014年会計年度第3四半期については32億ドルでした。これに対し、2014年会計年度第2四半期は29億ドル、2013年会計年度第3四半期では31億ドルでした。
  • 現金及び現金等価資産ならびに投資総額は、2014年会計年度第3四半期末において505億ドルで、これに対し、2014年会計年度第2四半期末は471億ドル、2013年会計年度第4四半期末は506億ドルでした。

配当金の分配と株式買戻し計画

  • 2014年会計年度第3四半期中、株式買戻し計画に基づき、シスコは9,000万株の普通株を1株当たり平均22.24ドルで買い戻しました。買戻し総額は20億ドルでした。2014年4月26日時点で、シスコは普通株42億株を1株当たり平均20.56ドルで買い戻し、回収しました。株式買戻し計画の開始以降の購入総額は約869億ドルになります。同プログラムでの株式買戻し承認額の残高は約101億ドルとなりました。これらの株式の買い戻しには特に期限は設けられていません。
  • 2014年会計年度第3四半期中、シスコは1株当たり0.19ドルの配当金(総額9億7,400万ドル)を支払いました。

「オペレーショナル エクセレンスにフォーカスすることで、今期は好調に推移しました。強力で安定したキャッシュ ジェネレーションが、シスコのビジネスモデルの価値を実証しています」と、シスコのエグゼクティブ バイスプレジデント 兼 CFO(最高財務責任者)フランク・カルデローニは述べています。

Internet of Everything(IoE)

  • シスコは、複数のパートナー企業と協力して Internet of Everything(IoE)に向けた世界最大のグローバルな Intercloudを構築する計画を発表しました。Intercloudは、高価値なアプリケーション ワークロード、リアルタイムの分析、「ほぼ無限の」拡張性、および現地のデータ主権法への完全なコンプライアンスを可能にする、ネットワークとセキュリティの分散型アーキテクチャです。
  • シスコとAGT Internationalは、スマート シティを実現するための戦略提携「Smart City Global Strategic Alliance」を発表しました。都市の管理と安全確保に大変革をもたらす最新鋭の解析機能とクラウド テクノロジーによって、Internet of Everything(IoE)のビジョンを実現します。
  • シスコは、世界 4か所での開設を予定しているグローバルなCisco® Internet of Everything Innovation Centersの設置都市の1つとして、カナダのトロントを選定しました。10年間で1億ドルの投資を行う予定です。

次世代IT

  • シスコの「Visual Networking Index™ Global Mobile Data Traffic Forecast Update for 2013 to 2018(Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測、2013〜2018 年)」では、今後4年間で世界のモバイル データ トラフィックは11倍近く増加し、2018年までに年間のトラフィック量が190エクサバイトに達すると予測しています。
  • シスコは、スペイン・バルセロナのFira Gran Viaで開催されたGSMAの「Mobile World Congress 2014」において、Fira de BarcelonaおよびGSMAと協力して世界最大級のキャリアグレードのWi-Fiネットワークを提供することに成功したと発表し、セルラーにおけるWi-Fiの重要性の高まりを強調しました。
  • シスコと、AT&T、GE、IBM、Intelは、テクノロジーのサイロ化の問題を克服し、現実世界とデジタル世界の統合を改善してビッグデータのアクセスを向上させることを目的としたオープン メンバーシップ グループ「Industrial Internet Consortium™(産業インターネット コンソーシアム; IIC)」を設立したことを発表しました。
  • シスコは、マネージド セキュリティ ソリューションのManaged Threat Defenseを発表しました。同ソリューションは、お客様の広範なネットワーク全体で攻撃を検知し、高度なマルウェアに対する防御を行うための、リアルタイムの予測分析を提供します。

技術革新

  • シスコは、Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)エンタープライズ モジュールを発表し、Application Centric Infrastructure(ACI)を拡充しました。同モジュールにより、WAN とアクセス ネットワークの拡張が可能になります。
  • シスコは、フォグ コンピューティングのビジョン実現に向けた継続的な取り組みの一環として、Cisco IOxを発表しました。Cisco IOxはネットワーク エッジをアプリケーション用の分散コンピューティング インフラストラクチャに変えるものであり、これによって、モノのインターネット(IoT)環境においてすでに接続されている膨大な数のデバイスを活用できるようになります。
  • シスコは、新しいオープンソースのアプリケーション識別機能を作成してSnortエンジンに統合することを可能にする OpenAppID 言語を発表しました。
  • シスコは、CableLabsがコロラド州ルイビル市に新たに設立するIPTV Innovation Labのためにコア インフラストラクチャとVideoscapeコンポーネントを提供する契約を結んだことを発表しました。同施設は、ケーブルシステム事業者がインターネット プロトコル(IP)ビデオのテストを行うための最先端の設備を提供するものです。
  • シスコとソニーは、「NAB 2014」において、業界初となるフルフレームレート4K 60P コンテンツのライブ配信の公開デモを行いました。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

**当資料は、2014年5月14日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

***財務諸表の参照は以下のWebサイトをご参照下さい。
Cisco Demonstrates Solid Execution in Q3FY14