日本版ニュースリリース

長野中央病院、新しい電子カルテシステムを仮想環境上に構築、Cisco UCSとCisco Nexusスイッチを採用


長野中央病院、新しい電子カルテシステムを仮想環境上に構築、Cisco UCSとCisco Nexusスイッチを採用

“とまらないインフラ”で、より安全な医療環境の提供と院内の業務環境の改善を目指す

2014年4月8日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井康文、住所:東京都港区赤坂、以下シスコ)は、本日、高度な専門性を備えた医療機関として地域医療に重要な役割を果たしている長野中央病院(病院長:山本博昭、住所:長野県長野市)が、より安全な医療の提供と院内業務の改善を進めるべく、アップデートした電子カルテシステムの運用基盤に、シスコのハイパフォーマンスサーバ「Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)」と「Cisco Nexus シリーズ」スイッチを採用したことを発表しました。

長野中央病院は、訪れる患者に平等に医療を提供することを旨とし、高度な専門性を持つ医療機関であると同時に、“かかりつけ医”としての機能も併せ持つ地域医療の拠点として活動を行うことを理念としています。よりよい医療を提供するための施策として、建屋や施設の増強や院内ネットワーク、ITインフラの充実なども積極的に行っています。

今回、同院は2013年の増改築工事に伴い、より安全な医療の提供と院内の業務効率を高めるべく、電子カルテシステムを刷新しました。さらに、それまで物理サーバ上で運用していた電子カルテシステムを仮想環境に移行することで、新システムの多機能化・高機能化による処理負荷にも対応可能な、信頼性の高い“とまらないインフラ”の構築が実現しました。

新しい電子カルテシステムを運用する仮想化環境には、仮想化環境に最適化された性能と技術を取り入れた Cisco Unified Computing System(以下 Cisco UCS)を採用、一般的なIT環境に対応する Cisco UCS ラックマウントサーバを利用し、高性能かつ高い仮想サーバ集約率と小スペース化を実現しました。 また、仮想環境で運用する上で、パフォーマンスを担保するのにはネットワークやストレージが重要です。今回、ネットワークには、Cisco UCSとの親和性を最大に考慮し、データセンター スイッチCisco Nexusシリーズ(以下 Cisco Nexus)を導入しサーバとストレージ間の接続をすべて集約、10Gに対応することにより、高密度・高速なシステム基盤を実現しました。

導入効果

  • 仮想化環境のネットワーク最適化されたシスコのテクノロジー A-FEXを利用することにより、仮想マシンのサーバ間移動がハイパーバイザーと連動し、ユーザが意識しないほどの高速移動を実現
  • 仮想化環境でのネットワーク通信の高速化と仮想ネットワークを含む、シンプルなネットワーク管理の実現
  • 高性能で、仮想マシン集約率の高いCisco UCS サーバを利用することで、より少ないサーバ数でシステム化し、管理工数と時間を削減
  • サーバおよびストレージ、それぞれの接続を10G FCoEで統合することより、ネットワーク利用状況に合わせた最適かつ高性能な通信を確立とケーブル本数の少ない、シンプルなケーブリングを実現
  • 今後想定されるサービス処理増加、変化に合わせ、最新のCisco UCSサーバを追加する場合にも、シンプルなケーブリング作業と短時間での仮想環境への組み込みが可能

本システム導入にあたり、長野中央病院、システム担当中西 晃氏より、以下のようにコメントを頂いています。

「より高性能なサーバを更に導入した場合、仮想環境なら仮想マシンとして容易に移行が可能です。電子カルテに関する部分を新しいサーバに移し、さほどパフォーマンスが求められない部分を現行サーバで使うといった対応がすぐに行えるので、電子カルテシステムは常に最高の環境で運用できます。こういう取り組みをユーザ側で行えるのは仮想化の大きなメリットですし、その基盤となる Cisco UCS も進化していくと確信しています。これからも良い製品や技術を出してほしいですし、それらを使うことで医療や病院のシステムがどう変わるのか、将来に向けた新しい提案を期待したいです」

長野中央病院について

長野中央病院(病院長:山本博昭)は、長野県長野市に本拠を置き、長野民主診療所をルーツに1961年開業、長野医療生活協同組合が経営する診療科数24科、322 床の地域総合病院です。いつでもどこでも誰もが安心してよい医療を受けられることを理想とし、人が人として尊重される医療活動を目指しています。詳しい病院情報は<http://www.nagano-chuo-hospital.jp/>をご参照ください。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)