日本版ニュースリリース

IoT時代の新たなイノベーションを加速させるフォグ コンピューティングのプラットフォームCisco IOxを発表


IoT時代の新たなイノベーションを加速させるフォグ コンピューティングのプラットフォームCisco IOxを発表

ネットワーク エッジでアプリケーションを実行

2014年02月25日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、「フォグ コンピューティング(Fog Computing)」のプラットフォームCisco IOxを発表しました。

クラウド、ビッグデータを取り巻く状況はインターネットの進化により様変わりする転換期を迎えています。人、モノすべてがインターネットでつながり、その結果、人とモノやデータが結び付くことでこれまでとはスケールの違うインパクトやイノベーションがもたらされる「The Internet of Everything (IoE)」時代の到来です。 

シスコのフォグ コンピューティングとは、ネットワークのエッジにクラウドコンピューティングを拡張する新しいコンピューティングパラダイムです。 遠くに密集したクラウド(雲)に対し、フォグ(霧)はエンドユーザに近く地理的に広く分散して存在します。ネットワークのエッジに分散されたフォグコンピューティングと中央集約されたクラウドコンピューティングが連携して多種多様なデータやトラフィックを処理することにより、エンドユーザを取り巻く状況・環境の変化に素早く対応し、より緻密で柔軟なサービスを提供することが可能となります。実用的なデータが生成される場所にアプリケーションを近づけることで、人、プロセス、モノから生じる大量のデータを活用し、多くの価値を引き出すことが可能になります。変化の激しいグローバル化時代においては、IoEによる競争力の強化は極めて重要な戦略となります。 

Cisco IOxは、フォグコンピューティングを具現化する目的で新たなプラットフォームとして開発されました。業界をリードするシスコのネットワークOS 「Cisco IOS®」とオープンソースのLinux オペレーティングシステム(OS)を統合することで、ネットワークのエッジにおいてアプリケーションの実行環境を提供します。オープンなアプリケーション開発環境を採用することで、業界毎やユーザ自身の開発するアプリケーションやインターフェイスをネットワークのエッジで迅速に展開する「Bring-Your-Own-Applications(BYOA)」、「Bring-Your-Own-Connectivity Interfaces(BYOI)」が実現されます。電力におけるスマートグリッドや、製造分野におけるスマートファクトリ、交通分野などさまざまな業界でのIoTの導入促進にむけて、シスコはさまざまな企業と協力して、IOxベースのソリューションの開発を進めています。 Cisco IOxに対応した製品は、今春より順次リリース予定です。

ハイライト

  • シスコでは、ネットワークに接続されたデバイスの数は、控えめに見積もっても2020年までに500億台に達すると見ています。これらのデバイスでは膨大な量のデータが作られており、それらを既存のクラウド環境に移して、分析を行うなど、役立つコンテンツに変換するのには多額のコストがかかります。
  • IOxではさまざまなアプリケーションをデータの発生元に可能な限り近い場所で実行します。これによりIoTが生成する大量のデータを適切にモニター、管理し、それらに応答することが可能となり、イノベーションや価値創造がもたらされます。たとえば、以下のような用途が考えられます。
    • スマートファクトリ:センサーからのデータをモニターし製造ラインの故障や異常に対する予防保全を行うことにより生産性が向上します。また、製造現場において従来の専用端末でなくタブレット端末を利用することによる作業効率や機動力の向上を実現し、グローバル化された製造拠点における製品多様化への迅速な対応を実現します。
    • スマートグリッド:エネルギー ロードバランシングを実行するアプリケーションをネットワークエッジ デバイスに搭載することにより、エネルギーの需要、供給状態、最安料金に基づき、太陽光や風力などの代替エネルギーへの切り替えが自動で行われるようにします。
    • スマート交通システム:スマート信号機ビデオカメラが救急車の点滅光を感知すると、信号が自動で変わり、救急車が空いた車線を通れるようになります。スマート信号機は、インテリジェント ライティング機能により、センサーが動きを感知したときにのみ点灯し、交通が途絶えたら消灯されるようになっており、省エネ効果も期待できます。

コメント

  • シスコ Internet of Thingsビジネスグループ、ジェネラルマネージャ、ギド・ジュレ
    「シスコはIOxの提供がモノのインターネット(IoT)におけるイノベーションを加速するものと大いに期待を高めています。IOxによってルータを始め耐久性を高めたさまざまなシスコのデバイス上で、コンピューティングとコミュニケーションを一体化できるようになります。これによってネットワークはPCやモバイル、クラウドに続く第4のコンピューティング プラットフォームとなり、製造、運輸、スマートシティなど多様な業界で新たなアプリケーションへの道を切り拓くことになるでしょう」
  • 株式会社smart-FOA、代表取締役社長、奥 雅春氏
    「弊社は、今後さらに飛躍的に増えるセンサー群から得られる膨大な現場情報を扱うFIM(Field Information Management)領域において、FOA(Flow Oriented Approach)という現場系システムのインフラを構築する際の全く新しい日本発のコンセプトを提唱しており、まさにフォグ コンピューティングにそのまま合致するものと考えています。新たな情報化社会を先取りするフォグ コンピューティングの本格的展開を発表されるという事は非常に良いタイミングであり、新たなフェーズに向けた共鳴・共振を創り上げ、お客様とも共有していきたいと願っております」
  • 株式会社 プリファードインフラストラクチャー(PFI)、代表取締役社長兼最高経営責任者、西川 徹氏
    「弊社は次世代の計算機アーキテクチャ『エッジ・ヘビー・コンピューティング』を提唱・推進しており、特にIoEの世界においては、ネットワークにつながるあらゆるデバイスが生成する大量のデータをネットワーク デバイスがリアルタイム、自律分散的かつインテリジェントに処理する必要があると考えております。エッジ・ヘビー・コンピューティングは、コンピュータネットワークの革新なくしては実現することは不可能であり、我々はフォグ コンピューティングのビジョンに強く賛同します」

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

**当資料は、2014年1月29日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳を元にしています。
Cisco Delivers Vision of Fog Computing to Accelerate Value from Billions of Connected Devices