日本版ニュースリリース

シスコ、Videoscape TVプラットフォームをクラウドに拡張


シスコ、Videoscape TVプラットフォームをクラウドに拡張

新しいVideoscape Cloud SoftwareとSaaS機能により、サービス プロバイダーはコンシューマー向けの新しいビデオ サービスをより迅速に提供可能に

2014年1月14日

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO兼会長:ジョン チェンバーズ  以下シスコ)は、CES 2014において、業界初のVideoscape「as-a-service」やOpenStackをベースとしたオープンなクラウド ソフトウェア テクノロジーをはじめとする新しいクラウド ビデオ機能のホスティングにより、業界をリードするテレビ サービス配信プラットフォームであるVideoscapeを拡張することを発表しました。これらの新機能は、サービス プロバイダーおよびメディア企業によるアジリティの向上、収益拡大、運用コスト削減に有効です。

プライベートとパブリックの両方のクラウド サービス向けの新しいソフトウェアとテクノロジーが追加された,この包括的で新しいVideoscapeクラウドの機能セットは、広範な企業仮想化戦略の一部であり、サービス プロバイダーとメディア企業にIoE(Internet of Everything)を収益化する機会をもたらします。新しいソフトウェアとテクノロジーにより、セカンド スクリーンや4Kビデオなどの新しいコンシューマー エクスペリエンスを迅速に提供し、複数デバイスでのコンテンツの視聴と共有を従来以上にカスタマイズやパーソナライズするための簡潔な選択肢が提供されます。

ハイライト

新しいVideoscapeクラウド機能は次のとおりです。

  • Videoscape Cloud Software:Videoscape Cloud Softwareは、IoEベースを含む多くのエクスペリエンスをかつてないほど迅速に提供できるようにすることで、運用コストの削減と収益拡大に貢献します。Videoscape Cloud Softwareは、Videoscapeソフトウェアを専用ハードウェアから解放し、サービス プロバイダーとメディア企業のパブリック/プライベート クラウドで実行できるようにします(OpenStackベースのクラウドも対象に含まれます)。これにより、お客様は新しいビデオ アプリケーションを随時導入し、簡単かつ自動的に拡張できます。計画と導入のタスクに要する時間が月単位または年単位で短縮されます。
  • Videoscape Cloud Services:「サービス」として提供されるVideoscape機能:サービス プロバイダーおよびメディア企業がアジリティを一層向上できるように、シスコはVideoscape Cloud Servicesを提供します。Videoscape Cloud Servicesは、Videoscapeと同じソフトウェアとAPIを使用する使用量ベースの「サービス」として購入できます。新機能を自社で開発、コーディング、統合する手間をかけずに既存のインフラストラクチャを補完し、新鮮で新しいビデオ エクスペリエンスをコンシューマーに迅速に提供できます。
  • Cisco Cloud Fusion for Videoscape:シスコのこのユニークな戦略により、サービス プロバイダーとメディア企業は、Videoscapeのあらゆる導入形態からの要素をシームレスに組み合わせて利用できます。これには、パフォーマンスが最適化されたハードウェアおよびソフトウェア アプライアンス、クラウド ソフトウェア、クラウド サービスが含まれます。特定のサイズではすべてのニーズに対応させることはできないため、Cisco Cloud Fusionではそれぞれのお客様のニーズに合わせてVideoscapeをカスタマイズし、高コストの交換やメジャー アップグレードなしで希望のインフラストラクチャに進化させることができます。
  • Videoscape Open UX Foundation:HTML5アプリケーションを実行するゲートウェイ、セットトップ ボックス、接続デバイスの機能とパフォーマンスを拡張します。HTML5はクラウドベース ビデオ システムの主要構成要素です。Open UX Foundationは、サービス プロバイダーとメディア企業が魅力的なビデオ サービスをクラウドから迅速かつ簡単に導入できるように、HTML5インフラストラクチャを改善します。

コメント

  • Bouygues Telecom ディレクター、ヒューバート・キャリオー氏
    「当社は、クラウドベースの画期的なサービスの価値をシスコと共同でテストし、検証してきました。クラウドを利用することで、新製品の開発と導入の間隔を短縮し、新サービスの投入に要するコストを削減できるだけでなく、柔軟な拡張性が得られます」
  • TV Globo CTO、フェルナンド・ビッテンコート氏
    「シスコとのコラボレーションは、クラウドを利用したセカンド スクリーンによるビデオ エクスペリエンスなど多くの領域でサービス機能の向上に役立っています。The Voice Brasilのビデオ アプリケーションの導入に成功したことで、将来の多くの番組で同じような体験をお客様に提供できる目途が立ち、嬉しく思っています」
  • yes エンジニアリング担当バイスプレジデント兼CTO、イツァーク・エリャキム氏
    「シスコは信頼できるパートナーです。かつてないほどの数のチャンネルとVODタイトルに複数のデバイスからアクセスできるユニークなビデオ エンターテインメント エクスペリエンスを加入者に提供できるようにビデオ プラットフォームを改善する際に、共同で作業にあたりました。シスコの新しいVideoscapeクラウド機能が、OpenStackベースの当社のプライベート クラウド ビデオ サービスと、新たに開始したyesGOサービスをどのようにサポートし、強化できるかを共同で試してみるつもりです」
  • シスコ サービス プロバイダー ビデオ インフラストラクチャ担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、ジョー・コッツォリーノ
    「Videoscapeは、エキサイティングなビデオ サービスとエクスペリエンスを配信するためのプラットフォームとして業界をリードしています。新しいVideoscapeクラウド機能により新しい2つの方法でVideoscapeを導入できるようになり、かつてないほど迅速に新しいサービスを市場に投入できます。またユニークなCisco Fusion戦略により、収益の拡大と全体コストの削減に最適な導入オプションを自由に組み合わせ、セカンド スクリーン、4Kビデオ、IoEベースのConnected Lifeサービスなどのビデオ サービスを展開できます」

関連リソース

Cisco Videoscapeテレビ サービス配信プラットフォーム [英語]

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)