日本語版ニュースリリース

SMBC日興証券の業務効率向上と円滑なコミュニケーションを実現するためシスコのコラボレーションソリューションを採用


SMBC日興証券の業務効率向上と円滑なコミュニケーションを実現するため シスコのコラボレーションソリューションを採用

全社員にシチュエーションに応じた多様なコミュニケーション手段を提供し、対顧客時間を創出

2013年6月20日

シスコシステムズ合同会社(本社東京都港区、代表執行役員社長:平井康文、以下シスコ)は、本日、SMBC日興証券株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長:久保 哲也、以下SMBC日興証券)が、全社員を対象とした社内業務効率の向上、コミュニケーションの円滑化を目的とした、コミュニケーション基盤の刷新のため、シスコのコラボレーションソリューションを採用したことを発表しました。

昨今の金融業界で、多様化するニーズに対して的確な顧客対応をスピーディーに行うことが期待されています。SMBC日興証券のリテール部門では、このようなニーズに素早く対応し、顧客満足度の向上を図る上で最も重要になるのは、リテール営業の顧客訪問や面談時間を増加させることであり、そのためには、社内コミュニケーションの円滑化、そして、業務効率や生産性の大幅な向上と共に提供する情報の高度化が必要であると考えています。また、変化する市場環境やワークスタイルに対応できるコミュニケーションツールの提供が必要になります。

従来、SMBC日興証券では、IP電話、メール、ビデオ会議システムなど、様々なコミュニケーションツールを社員に提供していましたが、各システムが独立して導入され、個別最適化が図られていました。そこで、今回のシステム刷新では、全てのコミュニケーション基盤の統合、既存ディレクトリやアプリケーションとの連携強化、そして、「いつでも、どこでも、どのデバイスからでも働ける環境」の実現を目指し、顧客対応の向上のため、一層の機能拡充も求められました。

新システムでは、シスコの「Cisco Jabber」を中核としたコラボレーションソリューションを導入することで、電話、ビデオ、プレゼンス(在席確認)、メール、資料共有の各コミュニケーション手段を、PCやタブレットなどのスマートデバイスを利用してSMBC日興証券の社員はどこからでも、シームレスにリアルタイムなコミュニケーションを行うことができ、社内コミュニケーションの活性化・業務効率化を図ることができます。

今回導入されたコラボレーションソリューションに期待される効果は以下の通りです。

業務効率、生産性の大幅な向上

  • 連絡すべき相手を電話帳で検索、相手の在席状況をすばやく把握し、電話、メール、ボイスメールなど、自分と相手の状況に応じて、最適なコミュニケーションツールを使いコミュニケーションを行うことにより、無駄な取次や連絡を一掃して生産性の向上を実現。

スピーディーな対応で顧客満足度の向上

  • 外出先でもスムーズな顧客対応を実現。
  • コミュニケーションの効率化、営業担当者と社内スタッフとの連携強化により、顧客が求める対応をスピーディーに行えるようになり、顧客満足度が向上。

運用管理とコラボレーションコストの最適化

  • ユーザ単位のソフトウェアライセンスパッケージの導入により、ユーザ毎に複数のユニファイドコミュニケーション製品を利用することが可能。
  • ライセンスの管理も容易になり、ユーザ追加など計画的に行えることで、総合的に投資コストを抑えて利用することが可能。

また、今回導入された主なソリューションは、以下の通りです。

統合コミュニケーションソリューション 「Cisco Jabber」:
「Cisco Jabber」は、ビジネスコミュニケーションに必要な機能を統合し、デバイスを問わずに利用できるオールインワンのコラボレーションソリューションです。すべてのデバイスで一貫した操作性を整え、高品質なビデオ会議や音声通話、Web会議を活用することが可能となります。

ビデオ会議「Cisco TelePresence」:
「Cisco TelePresence」は、躍動感ある高精細なビデオと高品質なオーディオによって、臨場感あふれた「フェースツーフェース」の体験を提供し、コラボレーションを実現するソリューションです。今回導入を決定した、デスクトップ用のパーソナルテレプレゼンス「Cisco TelePresence System EX90」、多様な会議室に導入可能な「Cisco TelePresence SX20 Quick Set」の導入により、場所、働き方に応じて最適なビデオ会議体験が可能となります。

ソフトウェアライセンス 「Cisco Unified Workspace Licensing」:
「Cisco Unified Workspace Licensing Professional Edition」は、シスコのユニファイドコミュニケーション製品のソフトウェアライセンスを、ユーザ単位で提供。音声通話、モバイル、ソフトウェアクライアント、メッセージングやWeb会議などのライセンスをひとまとめで提供することで、必要な時にすぐに利用ができるため、ワークスタイルの様々な変化に対し、素早く、柔軟に対応できます。

SMBC日興証券では今後、ビジネスコミュニケーションに必要な機能を統合したシスコのコラボレーションソリューションを活用して、全社へのフルコラボレーション環境の実現を目指していきます。そして、各コミュニケーション手段で利用できる機能を強化し、マルチデバイスを活用した、社外からのコミュニケーションの活性化を図り、利用者のシチュエーションに応じた多様なコミュニケーションインフラの高度化を実現していきます。

reference

関連資料

SMBC日興証券株式会社について

SMBC日興証券株式会社は、東京都中央区丸の内に本拠を置く総合証券業の大手です。2009年10月に、三井住友フィナンシャルグループの一員となり、総合証券会社として国内外のお客様に対し幅広い金融サービスの提供を展開しています。 SMBC日興証券の会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)