日本語版ニュースリリース

シスコ、最新の「Visual Networking Index」の予測結果を発表


2017年には世界人口の半数近くがネットワークに接続
シスコ、最新の「Visual Networking Index」の予測結果を発表

2012年から2017年の間に世界のIPトラフィック量は3倍に

2012 年 6 月 7 日

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO 兼会長: ジョン・チェンバーズ 以下 シスコ)は本日、世界の IP トラフィックの増加とトレンドの予測と分析を行う年次調査「Cisco® Visual Networking Index (VNI) Forecast (2012-2017)」の今年度の結果を発表しました。この調査によると、2012 年から 2017 年の間に世界のインターネット プロトコル(IP)トラフィック量は 3 倍に増加し、2017 年には世界の年間 IP トラフィック量は固定とモバイルを合わせて 1.4 ゼタバイト*に達すると予測しています。

これは、年間 1 兆ギガバイトを超えるペースです。2017 年の月間トラフィック量は 2012 年の約 44 エクサバイトから比べておよそ 3 倍の 121 エクサバイト近くに達し、これは DVD 300 億枚、MP3 で 28 兆曲、75 京件のテキスト メッセージに相当します。この発表は、世界の固定 IP トラフィックの成長とサービス普及に関する最新のトレンドを調査したものであり、今年の初めに発表された「VNI Global Mobile Data Traffic Forecast」を補完するものです。

* 1 ゼタバイトはコンピュータやストレージで用いられる IP トラフィックの測定単位で、1 兆ギガバイトあるいは 10 億テラバイトに相当します。

世界の IP トラフィックの拡大要因

世界のインターネット ユーザ数の増加

  • 2017 年までには世界のインターネット ユーザ数は約 36 億人となり、国連が予測する世界の推定人口(76 億人)の 48%を超えると予測されます。
  • 2012 年の世界のインターネット ユーザ数は世界人口(72 億人)の約 32%に相当する 23 億人と推定されています。

世界的なネットワーク接続デバイス数の増加

  • 世界のネットワーク接続デバイス(固定/モバイル、M2M 接続など)数は、2012 年の約 120 億台から 2017 年までには 190 億台を超えると予想されます。

世界的な固定ブロードバンドの高速化

  • 固定ブロードバンドの世界的な平均速度は 2012 年から 2017 年の間に 11.3Mbps から 39Mbps へ、約 3.5 倍の速度になると予想されます。
  • 固定ブロードバンドの世界的な平均速度は 2011 年から 2012 年に 8.7Mbps から 11.3Mbps へと上昇しています。

世界的なビデオサービス/アプリケーションの利用拡大

  • 世界のネットワーク ユーザの生成するビデオの量は月間 3 兆分間(600 万年間/月)に達し、毎秒 2 年分以上に相当する 120 万分間のビデオが生成されると予想されます。
  • 2017 年までには世界のインターネット ビデオ ユーザ(モバイルのみのユーザを除く)は 20 億人近くに達し、2012 年の 10 億人から 2 倍近くに増加すると予測されています。

2012 年には 26%だった PC 以外のデバイスによるインターネット トラフィックの割合が、2017 年までには 49%まで拡大すると予想されます。この間、PC によるインターネット トラフィックは年平均増加率(CAGR)14%の割合で増加する一方、テレビ(CAGR 24%)、タブレット(CAGR 104%)、スマートフォン(CAGR 79%)、M2M モジュール(CAGR 82%)と、その他のデバイスやネットワーク接続はこれを上回る割合で増加すると予測されています。

世界のサービス プロバイダによって次世代インターネットの構築が進むことで、2017 年までには世界人口の半数近くにネットワークが行きわたり、インターネットに接続すると考えられます。世界全体で 1 世帯平均 74.5 ギガバイト/月のトラフィックが生成され、2012 年の 1 世帯平均 31.6 ギガバイト/月の倍以上に拡大すると予想されます。

今回の調査結果では物理的な「モノ」がインターネットに接続される「Internet of Things」が目に見えて拡大し、数字の上でも世界の IP ネットワークに影響を与える存在となっていくことが明らかにされています。世界のマシン対マシン(M2M)のネットワーク接続型機器の台数は 2012 年から 2017 年までの間に 20 億台から 60 億台へと 3 倍に増加すると見られ、この間 M2M による IP トラフィックは 20 倍にも膨らむと予想されます。2012 年には年間 197 ペタバイトで世界の IP トラフィック量全体の 0.5%に過ぎなかった M2M の IP トラフィックが、2017 年までには年間 3.9 ペタバイトと世界の IP トラフィックの 3%を占めるまでに拡大すると予測されています。ビデオ監視やスマートメーター、アセット/荷物追跡システム、ペットや家畜の埋め込みチップ、デジタル健康監視装置など、数多くの次世代 M2M サービスがこうしたトラフィックの拡大を促進すると考えられます。

Cisco VNI Forecast の主な予測結果

世界の IP トラフィックの推移とその分析

  • 世界の IP トラフィック量は 2012 年から 2017 年にかけて年 23%の割合(CAGR)で増加し、2017 年までには年間 1.4 ゼタバイトに達すると予測されます。
  • 2017 年までには、1 年間の IP トラフィック量が、「インターネット時代」を迎えて以降 2012 年までのすべての IP トラフィックの合計を上回ります。
    • 1984 年〜2012 年までの IP トラフィックの合計:1.2 ゼタバイト
    • 2017 年の年間 IP トラフィック量(予測):1.4 ゼタバイト
  • 1 日の中で最もトラフィックが多くなる最頻時では全体の平均を上回るペースでトラフィックが増加しています。2012 年の IP トラフィックの増加率は平均 34%だったのに対し、最頻時の増加率は 41%でした。
  • 2014 年にはメトロ トラフィックが長距離トラフィックを上回り、2017 年までには IP トラフィック全体の 58%をメトロ トラフィックが占めるようになると予測されます。2012 年から 2017 年の間、メトロ トラフィックは長距離トラフィックの 2 倍近いペースで増加すると見られています。
  • 2017 年までにはインターネット トラフィックの半分以上がコンテンツ デリバリー ネットワーク(CDN)を通じて伝送されると予想されます。
  • 2017 年までにはインターネット トラフィックの 68%が Wi-Fi およびモバイル接続デバイスによって生成されると予想されています。
  • 2017 年までには世界の IP トラフィックの半分近くが PC 以外のデバイス(タブレット、スマートフォン、テレビなど)によって生成されると予想されます。

IP ネットワークの主な動向

  • 2012 年から 2017 年の間、固定/有線ネットワークのトラフィックは年平均 16%の割合で増加するのに対し、固定/Wi-Fi トラフィックは年平均 26%で増加すると予想されます。
  • 2012 年の世界の 1 世帯当たり平均ネットワーク接続型デバイス(M2M を含む)数は 4.7 台で、2017 年までには 1 世帯当たりの平均 7.1 台に増加すると予測されます(CAGR 8.8%)。
  • IPv6 に対応する世界のネットワーク接続型デバイス数は、固定とモバイルを合わせて 2012 年の 16 億台から 2017 年には 80 億台に達すると予測されます(CAGR 38%)。
  • 2017 年には固定およびモバイルのすべてのネットワーク接続型デバイスの 42%が IPv6 対応となり、2012 年の 14%から普及率が大きく拡大すると予想されます。

地域別および国別 IP トラフィックの動向

  • 2017 年までにはアジア太平洋地域(APAC)で最も多くの IP トラフィックを生成し(43.4 エクサバイト/月)、昨年の予測に引き続きトップの地位を維持すると予測されています。
  • 2012 年から 2017 年の間に最も急速に IP トラフィックが増加すると見られるのは中東・アフリカ地域(CAGR 38%、5 倍増)と予測されます。中東・アフリカ地域は 2011 年から 2016 年を対象とする昨年の調査でも同様に、IP トラフィックが最も急速に増加する地域(CAGR 57%、10 倍増)と予測されています。
  • 2017 年までに最大の IP トラフィックを生成する国は米国(37 エクサバイト/月)で、2 番目が中国(18 エクサバイト/月)と予測されます。
  • 国別では、2012 年から 2017 年の間、IP トラフィックの増加率が最も高いのはインド(CAGR 44%)で、2 番目がインドネシア(CAGR 42%)、3 番目が南アフリカ(CAGR 31%)と予測されています。

地域別 IP トラフィックの推移(2012 年〜2017 年)

  • 2017 年までの APAC 地域の IP トラフィック量:43.4 エクサバイト/月、CAGR 26%、3 倍増
  • 2017 年までの北米地域の IP トラフィック量:40.7 エクサバイト/月、CAGR 26%、3 倍増
  • 2017 年までの西ヨーロッパ地域の IP トラフィック量:24.3 エクサバイト/月、CAGR 17%、2 倍増
  • 2017 年までの中央ヨーロッパ地域の IP トラフィック量:8.8 エクサバイト/月、CAGR 21% CAGR、3 倍増
  • 2017 年までのラテン アメリカ地域の IP トラフィック量:7.4 エクサバイト/月、CAGR 17%、2 倍増
  • 2017 年までの中東およびアフリカ地域の IP トラフィック量:3.5 エクサバイト/月、CAGR 38%、5 倍増

コンシューマおよびビジネス市場の動向

世界のコンシューマビデオ消費量

  • 2017 年までには世界のインターネット ビデオユーザ(モバイルのみのユーザを除く)は 20 億人近くに達し、2012 年の 10 億人から 2 倍近くに増加すると予測されています。
  • インターネットからテレビへのビデオ トラフィックは 2012 年(1.3 エクサバイト/月)から 2017 年(6.5 エクサバイト/月)の間、5 倍近く増加すると予測しています。

HD および 3D インターネットビデオ

  • 2017 年までにはコンシューマ向けインターネット ビデオ トラフィックの 63%を 3D および HD ビデオが占めると予測されます。
  • コンシューマ向け高性能インターネット ビデオ(3D および HD)は 2012 年から 2017 年までの間に 4 倍に増加することが見込まれます。

世界のコンシューマ向けビデオ・オンデマンドトラフィック

  • 2012 年から 2017 年までの間に VoD(ビデオ・オンデマンド)トラフィックは 3 倍に増加すると予想されています。

世界のコンシューマ向けインターネット ファイル共有トラフィック

  • 2012 年から 2017 年までの間で.ピア・ツー・ピア(P2P)のトラフィックは年平均 9%減少する一方、Web ベースを始めとするその他のファイル共有トラフィックは年平均 17%の割合で増加すると見られています。
  • 2017 年には世界のインターネット ファイル共有トラフィックに占める P2P トラフィックの割合は 65%となり、2012 年の 85%から減少すると予測されます。

世界のビジネス IP トラフィック

  • 2012 年から 2017 年の間、インターネットのほかバックアップ、VoIP などを含めたビジネス向け IP トラフィックは 3 倍近く増加すると予測されます。
  • 2012 年には世界の月間 IP トラフィック量のうちビジネストラフィックの占める割合は 20%で、80%をコンシューマトラフィックが占めていました。
  • 2017 年までにはビジネストラフィックが世界の月間 IP トラフィック量に占める割合は 18%となり、コンシューマトラフィックの割合が 82%になると予想されます。

世界のビジネス向けインターネットビデオトラフィック

  • 2012 年から 2017 年の間にビジネス向けのインターネットビデオトラフィックは 5.3 倍になると予測しています。
  • 2012 年 1 年間でビジネス向けインターネットビデオは 52%増加しています。
  • ビジネス向け IP トラフィックのうちビデオの占める割合は 2012 年の 31%から 2017 年には 58%に増加すると予想されています。

VNI サービス普及予測のハイライト

シスコは Cisco VNI の調査結果に加え、 補完的調査として実施された「Cisco VNI Service Adoption Forecast」の結果も合わせて発表し、家庭用、コンシューマ モバイルおよびビジネス向けサービスのグローバルおよび地域別増加率の予測を行っています。

世界市場の概況

  • 世界の人口は 2012 年の 71 億 6,000 万人から年平均 1.1%の割合で増加し、2017 年までには 75 億 6,300 万人に達すると予測されています。
  • 2012 年の全世界の世帯数は 19 億 9,600 万世帯で、年平均 1.7%の割合で増加して 2017 年までには 21 億 6,700 万世帯になると予測されています。

家庭向け市場

  • 家庭で固定インターネットアクセスを利用するインターネットユーザ数は、2012 年には世界で 18 億 3,200 人と推定され、年平均 6.1%の割合で増加して 2017 年までには 24 億 5,900 万人まで増加すると予測しています。
  • 世界でテレビを保有する世帯は 2012 年の 15 億 9,800 万世帯から 2017 年までには 17 億 4,400 万世帯まで増加すると予想しています(CAGR 1.8%)。

コンシューマモバイル市場

  • 世界のコンシューマ向けモバイルユーザ数は、2012 年の 37 億 8,900 万人から 2017 年までには 46 億 3,500 万人に増加する見通しです(CAGR 4.1%)。

ビジネス向け市場

  • 世界のビジネスインターネットユーザ数は、2012 年の 14 億 800 万人から年平均 6.9%で増加し、2017 年までには 19 億 6,500 万人に達すると予測されます。
  • 世界のビジネスモバイルユーザ数は 2012 年の 4 億 9,500 万人から、2017 年までには 5 億 6,500 万人まで増加すると予測されます(CAGR 2.7%)。

コメント

シスコ プロダクト&ソリューションズ マーケティング担当 バイスプレジデント ダグ・ウェブスター
「今回の Cisco VNI Forecast では、全世界でブロードバンドに対するニーズがとどまることなく増大していることが改めて浮き彫りにされました。また、この調査では拡大する一方のインターネット体験を実現するためのアーキテクチャ的な視点からインターネット接続に関する世界の IP トラフィックの最新トレンドを提供しています。『Internet of Everything』において、ますます多くの人やモノ、プロセス、データがネットワークに接続するようになり、こうしたインテリジェント ネットワークやこれを運用するサービス プロバイダとの関係性はかつてないほど強まることになります」

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

**当資料は、2013 年 5 月 29 日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Cisco's Visual Networking Index Forecast Projects Nearly Half the World's Population Will Be Connected to the Internet by 2017