日本語版ニュースリリース

KDDI、高度な4G LTE* サービスのコアネットワークであるEPCの基盤要素としてCisco ASR 5500を採用


KDDI、高度な4G LTE* サービスのコアネットワークであるEPCの基盤要素としてCisco ASR 5500を採用

高速なモバイル インターネット サービスに必要な高帯域幅とインテリジェンスを提供

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、KDDI株式会社(代表取締役社長: 田中 孝司、本社: 東京都千代田区、以下KDDI)が、4G LTE* (Long Term Evolution)サービスのコアネットワークであるEPC(Evolved Packet Core)の基盤要素としてCisco® ASR 5500モバイル マルチメディア コア プラットフォームを採用したことを発表しました。Cisco ASR 5500により、高速なモバイル インターネット サービスと従来以上のユーザーエクスペリエンスの実現に必要な高帯域幅と卓越したインテリジェンスの提供が可能となります。

KDDIとシスコは共に、デバイス、データ、モノを次々につないでいくビジネスチャンスが、モビリティによってもたらされると考えています。インテリジェントなソフトウェア方式のアーキテクチャが採用されているため、KDDIの画期的なモバイル インターネット サービスを人々や企業に効率的に提供できます。

市場トレンドと製品の特徴

  • Cisco Visual Networking Index(VNI)Global Mobile Data Traffic Forecast Update(2012〜2017)」によれば、日本のモバイル データトラフィックは14倍に増加し、複合年間成長率で71パーセントの増加となります。2017年には年間実行レートが1.8エクサバイトに達する見込みです。日本は世界のインターネット接続デバイスのわずか2パーセントで、モバイル データ トラフィック全体の16パーセントを占めています。
  • タブレットやスマートフォンからスマートカーに至る新しいモバイル デバイスが毎日のように登場し、新しいアプリケーションとサービスが生まれ、多種多様なトラフィック パターンが生じています。Cisco ASR 5500は、ヘテロジニアス ネットワーク上のトランザクション、スループット、セッションにリソースをオンデマンドで割り当てることができるシャーシ間仮想化を提供し、高い信頼性と可用性によってPCRF(ポリシー/課金制御機能)やDPI(ディープ パケット インスペクション)など、複数の制御およびベアラー機能に対応します。
  • Cisco ASR 5500は、新たなレベルのネットワークおよびカスタマー インテリジェンスを提供する強力なマルチメディア サービス プラットフォームであり、モバイル ネットワークのサービス品質、ポリシー制御、コンテキストの動的な分析に対応しています。パーソナルなモバイル サービスをリアルタイムに提供し、ネットワークを収益化するには、このようなインテリジェンスが必要です。

コメント

KDDI株式会社
技術統括本部 ネットワーク技術本部長
執行役員 湯本 敏彦氏
「KDDI auモバイル サービスにとってシスコは重要なイネーブラーであり、KDDIとシスコは3G、4G、Wi-Fiネットワークを問わず、高品質で高度なモバイル インターネット サービスを提供するという点で同じビジョンを共有しています。モバイル パケット コア プロバイダーにシスコを採用したことで、新しいau 3Gおよび4G LTE*1サービスをとおして、日本国内のお客様に新たなレベルのサービスインテリジェンスとパフォーマンスを提供できます」

Cisco ASR5500ご採用にあたり、KDDI株式会社 執行役員 湯本敏彦様より頂戴したインタビューのビデオをこちらからご覧いただけます。
KDDI、高度な 4G LTEサービスのコアネットワークである EPCの基盤要素として Cisco ASR 5500を採用

シスコ
サービス プロバイダー モビリティ グループ
シニア バイス プレジデント 兼 ゼネラル マネージャ
ケリー・アフージャ
「変化を続けるモバイルランドスケープの中でサービスプロバイダーが成長を続けられるように、シスコは、Cisco ASR 5500の先進的なテクノロジーとサービスを通じて、顧客からの新しい需要の増大に対応するだけでなく、収益性を向上させ、差別化された新しいサービスを提供し、既存の投資からの利潤を最大化する機会を提供します。KDDIと同社のお客様にメリットをもたらす、新しい高度なモバイル4G LTE サービスの迅速かつ効率的に立ち上げでKDDIに協力できることを嬉しく思います」

関連するお客様とリソース

KDDI株式会社について

KDDIは移動通信・固定通信の両方を併せ持つ、総合通信事業者として、時代の変革をリードする企業を目指しています。個人のお客さま向けには「au」ブランドのもと、移動体通信 (au携帯電話)事業と固定通信(ブロードバンド・インターネット/電話)事業を展開し、シームレスにつながる新しい通信環境の実現に貢献しています。
また、法人のお客さまには、FMCネットワークからデータセンター、アプリケーション、セキュリティ対策まで全てのICT領域でサービスを提供し、ビジネスを強力にサポートしています。KDDIは、あらゆるサービスにおけるお客さま満足度No.1に挑戦するとともに、持続的な成長を遂げていくため、事業基盤の強化を図りつつ、KDDIならではの新たな価値創造へチャレンジしていきます。
<<http://www.kddi.com

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*「4G LTE」はサービス名称です。国際電気通信連合(ITU)がLTEを「4G」と呼称することを認めた声明に準拠しています

**Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1005R)