日本版 ニュースリリース

シスコ、新しい役員人事を発表


シスコ、新しい役員人事を発表

ゲイリー・B・ムーアとロブ・ロイドがプレジデントに昇進
お客様第一主義とオペレーショナル エクセレンスへのフォーカスを強化

2012 年10月4日、米カリフォルニア州サンノゼ発

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は本日、自社の組織構造とエグゼクティブ リーダーシップチームを進化させる新しい人事を発表しました。今回の人事はシスコが将来の成長に向けたポジションを確保しつつ、市場動向を迅速に捉え、革新的なソリューションをお客様に提供するために策定されたものです。お客様を第一に考え、オペレーショナル エクセレンス(卓越した経営)を目指すという方針のもと、シスコでは以下の人事により、スピード、アジリティ、団結、成長の実現に向けて組織構造とリーダーシップチームのさらなる進化を図っていきます。

プレジデント 兼 COO(最高執行責任者)、ゲイリー・B・ムーア
ムーアはプレジデント 兼 COOとして、シスコのエンドツーエンドのオペレーションを統括し、長期的な戦略のサポートに必要な経営面での規律と優先順位づけを先導することで、全社の団結のさらなる促進を図っていきます。ムーアはシスコの変革の立案者であり、シスコの将来の成長を可能にする企業力と人材を構築しつつ、オペレーショナル エクセレンスの実現に向けた同社の取り組みをさらに進化させていく構えです。

ムーアはシスコのオペレーション、サービス、IT、サプライチェーン、マーケティングおよびコミュニケーション、人事、コーポレート アフェア、トランスフォーメーション オフィス、法務、ガバメント アフェア、コーポレート プランニングの各機能部門の責任者でもあります。

開発・セールス担当 プレジデント、ロブ・ロイド
シスコがお客様の要件とイノベーションとのつながりを緊密化し、製品化までの時間を短縮する中、ロイドは同社の開発・セールス活動の責任を担うこととなります。ロイドの率いる組織は、市場動向へのすばやい対応、カスタマー レリバンス(顧客関連性)の向上、成長の実現に向けて、団結とシスコの技術革新の加速化を促進していきます。

エグゼクティブ バイスプレジデント 兼 CDO(最高開発責任者)であるパンカジ・パテルは、引き続きシスコの開発組織を率いていきます。これまで南北アメリカ販売地域を統括していたチャック・ロビンスは、ロイドの後継としてワールドワイド セールスの責任者を務めます。エグゼクティブ バイスプレジデント 兼 最高グローバリゼーション責任者のウィム・エルフリンクは、引き続き新しいソリューションと新規市場の開発に注力していく一方で、自らが率いる組織と開発・販売組織との統合を進める予定です。パテル、エルフリンク、ロビンスの3名はロイドの直属に配置されることになっています。

エグゼクティブリーダシップチームの他の人事に変更はありません。

コメント

会長 兼 CEO(最高経営責任者)ジョン チェンバーズ
「これまでで最大のネットワーク中心型コンピューティングの移行によって、あらゆるもののクラウド化、モビリティ化、インターネット化が進み、次の10年間、通信・IT業界をリードする機会がシスコにもたらされています。現在シスコでは、この機会を捉えるために、組織の進化とリーダーシップ チームの発展を図っています。開発・セールス組織の団結を強め、お客様の最優先事項に集中することで商品化までの時間を短縮し、競争力を高めていきます。また同時に、全社においてオペレーショナル エクセレンスにフォーカスすることで、イノベーション、投資、成長のための力を生み出していきます」

プレジデント 兼 COO(最高執行責任者)、ゲイリー・ムーア
「本日の発表は、1年半前から活性化を図ってきたアカウンタビリティと経営規律をさらに前進させる内容となっています。この人事モデルによって、より迅速でお客様にフォーカスしたイノベーションを促進し、オペレーショナル エクセレンスとそれを実現するのに必要な人材を確保するための責任とアカウンタビリティが明確になります。併せて、お客様とパートナーにとってナンバー1のIT通信企業になるというシスコの目標が促進されることになります」

開発・セールス担当 プレジデント、ロブ・ロイド
「私達の前にあるチャンスのことを思うと興奮せずにいられません。お客様の喫緊のビジネス課題を解決するために、今後も革新的なテクノロジーとアーキテクチャ ソリューションを市場に届けていきたいと考えています。シスコは業界トップの開発・セールスチームを有しており、私はその一員であることを誇りに思います。シスコとお客様の関係はこれまでにないほど緊密になってきており、これによってセールス・開発間の大きな価値の創出が促進されることになるでしょう」

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。

**当資料は、2012年10月4日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Cisco Announces New, Expanded Roles for Key Executives