日本版 ニュースリリース

世界のインターネット トラフィック量、4年後には4倍に増加


世界のインターネット トラフィック量、4年後には4倍に増加

シスコ、最新の「Cisco Visual Networking Index」の予測結果を発表
2011年から2016年の間にネットワーク接続デバイスは2倍近く増加し、約190億台に

2012年6月11日

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下 シスコ)は本日、世界のIPトラフィックの増加とトレンドの予測および分析を行う年次調査「Cisco® Visual Networking Index (VNI) Forecast (2011-2016)」の今年度の結果を発表しました。今回の調査は2011年から2016年までの期間を対象とし、企業や個人ユーザが生成する膨大な量のIPトラフィックが、インターネットをはじめ、マネージドIP、モバイル データ トラフィックなどが、パブリックおよびプライベート ネットワーク上を移動することになると予測しています。さらに今年度は、補完的な調査として新たに「Cisco VNI Service Adoption Forecast」が加わり、家庭用、コンシューマ モバイル、ビジネス向け各サービスのグローバルおよび地域別増加の割合を予測しています。

世界のIPトラフィック量は、2016年には年間1.3ゼタバイト(1ゼタバイトは1021バイト=1兆ギガバイト)に達すると予測されます。2015年から2016年までの1年間だけで、世界のIPトラフィック増加量は330エクサバイトを超え、その量は2011年の世界のIPトラフィック総量(369エクサバイト)にほぼ匹敵します。こうしたIPトラフィックの著しい増加とサービスの大幅な普及の背景には、さまざまな要因が考えられます。

  1. デバイス数の増加:タブレット、携帯電話をはじめとするスマートデバイスや、マシン対マシン(M2M)のネットワーク接続型機器などの数の急増がネットワークへの接続需要を高めます。ネットワーク接続デバイス数は2011年の103億台から大幅に増加して、2016年には189億台近くに達すると予測され、世界のすべての人が一人当たり2.5台近くのデバイスを利用する計算になります。
  2. インターネットユーザ数の増加:2016年には、国連による世界の推定人口の約45%に相当する34億人がインターネットを利用するようになると予想されます。
  3. ブロードバンドの高速化:固定ブロードバンドの平均速度は、2011年から2016年の間に9Mbpsから34Mbpsと4倍近くに達する見込みです。
  4. ビデオの増加:2016年には毎秒120万分間(833日間/ 2年分以上)相当のビデオがインターネットで送信されるようになると予想されます。
  5. Wi-Fiの拡大:2016年には世界のIPトラフィックの半分以上がWi-Fi接続によるものになると予想されます。

世界のIPトラフィックとデバイスの推移

世界のIPトラフィックの合計バイト数

  • 2016年の世界のIPトラフィック量は年間1.3ゼタバイト、1カ月あたりでは110エクサバイトに達し、2011年(約31エクサバイト/月)から4倍近く増加すると予測されます。
  • 世界の平均IPトラフィック量は2016年には毎時150ペタバイトに達すると予測され、これは2億7,800万人がHDムービー(平均ストリーミング速度1.2 Mbps)を同時にストリーミングする量に相当します。

IPトラフィックの地域動向

  • 2016年にはアジア太平洋地域でIPトラフィックがもっとも多く(40.5エクサバイト/月)発生し、2番目に多い北米(27.5エクサバイト/月)を抑えてトップの地位を維持すると予測されます。
  • 予測対象期間中(2011〜2016年)にIPトラフィック量がもっとも急速に増加すると見られる地域は中東・アフリカ(CAGR 58 %、10倍増)地域で、中南米(CAGR 49 %、7倍増)地域がそれに続きます。
  • 国別では、インドが2011年から2016年の間、CAGR 62%と最も急速に増加し、次いで2番目にはブラジルと南アフリカがともにCAGR 53%で並びます。
  • 2016年にIPトラフィックをもっとも多く発生する国は米国(22エクサバイト/月)で、2番目が中国(12エクサバイト/月)になると予測されます。

トラフィック増加の主な促進要因:コンシューマ ビデオ

  • 2016年には世界で15億人がインターネットを利用してビデオを視聴すると予測され、2011年の7億9,200万人から大幅に増加する見通しです。

世界のデバイス数の増加

  • Cisco VNIでは、2016年にはネットワーク接続デバイス数が189億台近くに達すると予測しており、世界のすべての人が一人当たりほぼ2.5台のデバイスを接続する計算になります。
  • 2011年にはコンシューマ インターネット トラフィックの94%を占めていたPCの割合が、2016年には81%まで減少すると予測されます。これは、デバイスの種類の多様化とともに、タブレットやスマートフォンなどが急速に普及し、コンシューマやビジネス ユーザのインターネットへのアクセス形態や利用方法に大きな影響を与えることを示しています。
  • 2016年にはWeb対応テレビが世界のコンシューマ インターネット トラフィックの6%(2011年は4%)、インターネット ビデオ トラフィックの18%(2011年は7%)を占めるようになり、多くのコンシューマがインターネットを利用する上でWeb対応テレビが実用的な選択肢になることを示しています。

IPv6対応デバイスとインターネット接続

  • 2016年には、固定とモバイルを合わせて世界で80億台のネットワーク接続型デバイスがIPv6に対応し、2011年の10億台から大幅に増加すると見込まれます。
  • 2016年には固定とモバイルを合わせてネットワーク接続する世界のすべてのデバイスの40%がIPv6に対応することになり、普及の割合は2011年の10%から大幅に増加する見込みです。

3D TVと HD(アドバンスト ビデオ)

  • 立体映像(3D)や高解像度テレビ(HDTV)などによる世界のアドバンスト ビデオ トラフィックは2011年から2016年の間に5倍に増加すると予測されます。

モバイル ブロードバンド

  • 世界のモバイル インターネット データ トラフィック量は、2011年から2016年にかけて18倍増加し、10.8エクサバイト/月(年間130エクサバイト)に達すると見込まれます。

グローバルなファイル共有

  • 2016年にP2Pトラフィックが世界のコンシューマ インターネット トラフィックに占める割合は、2011年の77%から54%に低下するとみられています。しかしP2Pのトラフィック量自体は増加し、2011年の4.6エクサバイト/月から2016年には10エクサバイト/月になると予測されます。

グローバルなビジネスIPトラフィック

  • 2011年から2016年にかけての企業のIPビデオ カンファレンスのトラフィック量は6倍になると予測され、年平均(CAGR)42%とビジネスIPトラフィック全体の2倍以上の速さで増加すると見込まれます。

世界の市場需要とサービス導入

家庭向け市場

  • 固定インターネット アクセスを利用する家庭内インターネット ユーザ数は、世界で2011年の17億人から2016年には23億人に増加すると予測しています。
  • 家庭向けデジタルTVサービスのうち、デジタルTVが最も急速に普及すると見込まれており、世界の加入者数は2011年の6億9,400万件から2016年には13億件まで増加すると予測しています。
  • 家庭向けインターネット サービスのうちVoIPサービスがもっとも急速に拡大すると見込まれており、世界のVoIPサービス利用者は2011年の5億6,000万件から2016年には9億2,800万件まで増加すると予測しています。
  • オンライン音楽配信サービスは家庭向けインターネット サービスのうち最も普及率が高く、2011年には世界の家庭用インターネット ユーザの63%に相当する11億人がサービスを利用していました。2016年にはさらにユーザ数が増加し、家庭用インターネットユーザの79%に相当する18億人がサービスを利用するとみられています。

コンシューマ モバイル

  • 世界のコンシューマ向けモバイル ユーザ数は、2011年の37億人から2016年には45億人に増加する見込みです。
  • コンシューマ向けモバイル サービスのうち、モバイル ビデオが最も急速に増加すると予測され、世界のモバイルビデオユーザは2011年の2億7,000人から2016年には16億人にまで達する見込みです。
  • Cisco VNIによれば、コンシューマ向けモバイル サービスのうち世界で最も普及しているのはSMSサービスで、2011年には世界の全モバイルユーザの74%に相当する28億人が利用しています。2016年にはさらに増加し、世界のコンシューマ モバイル ユーザの90%に相当する41億人が利用すると予測されます。

ビジネス向け市場

  • 世界のビジネス インターネット ユーザ数は、2011年の16億人から2016年には23億人に増加すると予測されます。
  • ビジネス向けサービスのうち、デスクトップ型ビデオ会議サービスが最も急速に増加すると予測され、世界のユーザ数は2011年の3,640万人から2016年には2億1,890万人へと大幅に増加するとみられます。
  • ビジネス向けモバイル サービスのうち、位置情報をベースにしたサービス(LBS)が最も急速に増加すると予測され、世界のユーザ数は2011年の2,700万人から2016年には1億5,800万人まで増加すると予測されます。

コメント

  • シスコ プロダクト&ソリューションズ マーケティング部門担当バイスプレジデント、スラジ・シェッティ
    「今や誰もが、日常的に常時インターネットに接続し、ネットワークへのアクセスに複数のデバイスを使うことも増えています。ビデオ電話やタブレットでの映画鑑賞、ウェブ対応TV、デスクトップ型ビデオ会議など、どの行為をとってもゼタバイト級の帯域幅が必要になるだけでなく、こうした新たな『日常』の実現にはネットワーク要件の急激な変化が求められます」

Cisco VNI Forecast の概要

「Cisco VNI Forecast」は、世界のIPトラフィックの増加とトレンドを見極めるための年次調査です。この調査は、独立系アナリストからのトラフィック、使用状況、デバイスに関するデータを分析・モデリングし、それらをもとに予測を行うもので、調査結果はサービスプロバイダーや、監視機関、業界インフルエンサなどに幅広く利用されています。シスコでは、世界中のサービスプロバイダーと消費者から任意で提供される実際のデータを使用し、予測、情報、調査方法を検証しています。

Cisco VNI Forecastは、以下の情報やツールをオンラインでご利用いただけます。

VNI Forecastの過去の予測:これまでCisco VNIの予測は、一般的に控えめな傾向にあるとみられてきましたが、Cisco VNIの調査が開始されて以降、過去6年間の予測は極めて正確なものだったことが証明されています。

  • 2007年の第1回のVNI Forecastにおいて、 シスコは2011年の世界のIPトラフィック量を28.4エクサバイト/月と予測しています。これに対し2011年の実際のIPトラフィックは30.7エクサバイト/月であり、シスコの5年前の予測を約7%上回る結果となりました。
  • 2008年のVNI Forecastにおいて、シスコは2010年にインターネット ビデオのトラフィック量がP2Pを上回ると予測しました。実際に2010年にトラフィック量でインターネットビデオがP2Pを上回り、Cisco VNI Forecastの予測が正しかったことが確認されました。

Cisco VNI forecastが過去に行った予測と各年の実際の推計値を比較すると、ほとんどの場合、誤差は2〜10%の範囲(いずれも実際の推計値が予測値を上回る)に収まっています。

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

**当資料は、2012年5月30日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Cisco's VNI Forecast Projects the Internet Will Be Four Times as Large in Four Years

お問い合わせ