日本版 ニュースリリース

シスコ、世界中で高まるモビリティへの期待に応える最高速無線ネットワークを提供


シスコ、世界中で高まるモビリティへの期待に応える最高速無線ネットワークを提供

新しいCisco Aironet 3600シリーズ アクセス ポイントは、 広範なカバレッジにわたり、すべてのタイプの無線LANデバイスのパフォーマンスを最大30%改善

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は、昨今、世界中で注目を集めるモビリティ市場において、最速かつ高い信頼性を誇る無線ネットワークと最適な無線接続のエクスペリエンスを提供するCisco Aironet® 3600シリーズ アクセス ポイント(AP)を発表しました。モバイル デバイスの普及台数の増加に伴い、使用デバイスを問わず、高速なネットワーク パフォーマンス、クラウド サービスへのシームレスなアクセス、安定した接続、さらに上質なエクスペリエンスを求める声が高まっており、無線ネットワーク インフラには、様々なことが求められています。業界で初めて第4のアンテナが追加された3空間ストリーム802.11nアクセス ポイント(4x4:3)であるCisco Aironet 3600シリーズAPは、こうした要件に応えるため、たとえ信号出力が微弱な任意の無線デバイスやより遠くから接続する場合でも、他のアクセスポイントに比べ最大30% 高速なパフォーマンスで、シームレスに接続できるように設計されています。

Cisco® Visual Networking Indexの予測では、2015年には世界全体で71億台のモバイルデバイスが普及すると見込まれています。Cisco Aironet 3600シリーズAPは、高まり続ける需要に無線ネットワーク インフラが応えるための手段を提供します。

ニュースハイライト

  • 高速パフォーマンス:最大30% 高速なパフォーマンスによって、Cisco Aironet 3600シリーズ802.11n APは、クラウド サービスの特長を生かし、短い待ち時間で仮想デスクトップを実行し、スムースなビデオ通話が可能となるようデザインされています。これらはすべて、ユーザーエクスペリエンスの向上につながります。
  • より長い距離からの高速接続:Cisco Aironet 3600シリーズAP搭載の第4のアンテナにより、より多くの人が距離の離れたデバイスからアクセス ポイントに無線で接続しても、高速で信頼性の高い接続性を維持できます。このことで、モバイル接続の柔軟性が一層向上します。
  • クライアントのデバイスを問わない上質なエクスペリエンス:Cisco Aironet 3600シリーズAPは、デバイスの無線信号強度や空間ストリーム カテゴリに関係なく、アクセス ポイントに接続する全ての無線クライアント デバイスのパフォーマンスを向上させる新しい ClientLink 2.0 テクノロジーを採用しています。
    • ClientLink 2.0は、802.11a/gに加え、新たに802.11n に対応し、空間ストリーム数が1/2/3 のすべてのモバイルデバイスのパフォーマンスを改善します。その対象はハイエンド ノートパソコン、スマートフォン、タブレットだけでなく特定業務向けのデバイスや旧式の無線デバイスに及びます。これにより、タブレットのように無線信号強度が比較的低いデバイスとの接続の安定化という課題を克服できます。
  • 柔軟性の高い設計による投資保護:柔軟性に優れたモジュール方式の設計を採用しており、アドオン モジュールによる機能の追加に対応しているため、ニーズに応じた製品のカスタマイズが可能です。また、使用可能デバイス数に余裕があるため、ビジネス ニーズの変化や利用者数の増加にも対応できます。
  • パフォーマンスの保護:Cisco Aironet 3600シリーズAPは、パフォーマンスの保護、信頼性の向上に役立ち、かつてないほどの無線周波数(RF)スペクトルのトラブルシューティング機能を提供するCisco CleanAir™ テクノロジーを採用しており、セキュリティ性に優れた最高のエクスペリエンスを実現します。
    • シスコは、Cisco CleanAirを利用した新規オプションであるRF監視モジュールも併せて発表しています。このモジュールを利用すれば、トラフィックで使用されるチャンネルだけでなく全23チャンネルの完全なWi-Fiスペクトラムを視覚的に確認できます。この監視モジュールは、Wi-Fiスペクトラム全体を対象に干渉とセキュリティ上の脅威をプロアクティブかつ同時にスキャンすることで、トラフィックに最適なチャンネルをインテリジェントに選択し、高速かつ信頼性の高いパフォーマンスで最高のユーザーエクスペリエンスを提供します。
  • 802.11rと802.11uをサポートし、標準ベースのイノベーションを推進:新しいCisco Aironet 3600シリーズAPによりIEEE 802.11r標準準拠の高速ローミングを業界で初めてサポートし、シスコは業界のリーダーシップとイノベーションを推進します。802.11r準拠の高速ローミングを利用するクライアントは、セッションを維持したままアクセス ポイント間を移動できます。これは、多くの用途で重要な要件です。シスコはCisco Centralized Key Managementを802.11rに進化させる上で中心的な役割を果たしてきましたが、業界初のサポートを通じてこの標準を再び先導します。さらにCisco Aironet 3600シリーズAPは、業界で初めて 802.11uもサポートします。この標準は、モバイルデバイスで利用できるネットワーク サービスをネットワークに認識させ、より上質でシンプルな無線接続エクスペリエンスを提供します。
  • 管理の簡素化とセキュリティ:Cisco Aironet 3600シリーズAPは、Cisco Prime Network Control System(NCS)とCisco Identity Services Engine(ISE)でサポートされており、BYOD(Bring Your Own Device)化への挑戦に唯一無二の能力を与えます。Cisco ISEの統合されたポリシーとアクセス制御、Cisco Prime NCSによる有線/無線統合管理、シスコの無線LANインフラの組み合わせは、無線接続エクスペリエンスを簡素化し、セキュリティの向上に役立ちます。

出荷状況

  • Cisco Aironet 3600シリーズAPは2011年12月より出荷を開始しています。
  • 専用のRF監視用 アドオンモジュールについては、2012年下半期の出荷を予定しています。

コメント

  • シスコ ワイヤレス ネットワーキング ビジネス ユニット担当バイス プレジデント 兼 ジェネラル マネージャー、スジャイ ハジェラ
    「クラウドとデータセンターのどちらを通じてサービスが提供される場合でも、デバイスを問わずにそれらを利用できるだけの高速なパフォーマンスや、安定性と安全性に優れた接続性など、モバイルデバイスには多くのことが求められています。Cisco Aironet 3600シリーズ アクセス ポイントは、これまでより広範なカバレッジでこれらを実現し、すべての無線デバイスに最高のエクスペリエンスを提供します」
  • Presidio モビリティ プラクティス担当マネージャー、サム クレメンツ氏
    「当社の顧客は、ビジネスの成長と社内ネットワークへの個人向けデバイス、特にタブレットの流入に対応するために、次世代無線ネットワークへの投資を重ねています。Cisco Aironet 3600シリーズ アクセス ポイントのスピード、パフォーマンス、インテリジェンスがあれば、すべてのモバイルクライアント デバイスのパフォーマンスを向上させ、無線干渉による影響を補完し、我々の顧客の投資の価値を最大化および保護するための、次世代無線ネットワークを自信を持って構築できます」
  • ダルムシュタット工科大学 ローカル エリア ネットワーク担当マネージャー、トーマス ヴォーゲル氏
    「学生数2万5千の大学には、学生たちがキャンパスで使用する何千台ものモバイルデバイスに対応した高速かつ信頼性に優れた無線ネットワークが必要です。また、クリティカルなエリアに対して、最適なパフォーマンスと一貫性のある接続性を提供する無線ネットワークも必要です。Cisco Aironet 3600シリーズ アクセス ポイントの採用により、大学の規模に合わせて拡張でき、キャンパス全体で柔軟な共同学習をサポートできるインテリジェントな高性能無線ネットワークが構築できました」
  • 南フロリダ大学 上級ネットワーク エンジニア、ジョー ロジャース氏
    「Cisco Aironet 3600シリーズ アクセス ポイントの導入により、南フロリダ大学は、教職員と学生の間の相互接続だけでなく、校内リソースや、全体としては世界へのアクセスも提供するダイナミックな学術ネットワーク環境を実現できました。1日に4万人の無線ユーザーをサポートしていますが、そのうち1万1千人は多様な個人用モバイルデバイスから同時にネットワークにアクセスします。このため、Cisco Aironet 3600シリーズAPによる継続的かつ高速なかつ信頼性の高い無線ネットワークは重要です。また、新しいアクセス ポイントは拡張も容易で、3空間ストリームの最新のモバイルデバイスにも簡単に対応できます」

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

**当資料は、米国シスコより1月31日に発表されたリリースの抄訳に日本独自の情報を追加しています。
Cisco Delivers Fastest Wireless Network to Tackle World's Growing Mobility Expectations