日本版 ニュースリリース

シスコ、第1回「Cisco Global Cloud Index (2010-2015)」を発表


シスコ、第1回「Cisco® Global Cloud Index (2010-2015)」を発表

世界のクラウド コンピューティングのトラフィック量、2015年までに12倍に
2014年にはデータセンター ワークロードの半分以上がクラウドへ移行

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下 シスコ)は本日、第1回の「Cisco® Global Cloud Index (2010 - 2015)」を発表しました。この中でシスコは、世界のクラウド コンピューティングの年間トラフィック量が、現在の130エクサバイトから年平均(CAGR)66%の割合で増加し、2015年には現在の12倍の1.6ゼタバイトに到達すると予測しています(1ゼタバイト=10の21乗バイト=1兆ギガバイト)。1.6ゼタバイトのトラフィックとは、以下のようなトラフィックに相当します。

  • 22兆時間の音楽配信
  • 5兆時間のWebカメラを使ったWeb会議
  • 1.6兆時間の高画質ビデオのストリーミング

データセンターのトラフィック全体のなかで、最も急速に増加しているのがクラウドのトラフィックです。データセンターのトラフィック総量自体は、年平均33%の割合で成長を続け、2015年には現在の4倍の4.8ゼタバイトに達すると予測されています。このうち、クラウドによるトラフィックは現在、全体の11%程度にとどまると推定されていますが、2015年には33%のシェアに達すると見込まれており、将来の情報テクノロジー(IT)やビデオやコンテンツの配信において不可欠な要素になりつつあります。

データセンターのトラフィックの大半は、エンドユーザの使用によって発生するものではなく、データセンターやクラウド自体が実行するバックアップや複製などのアクティビティによって発生しており、こうした動作のほとんどはエンドユーザに対して非透過的に実行されます。ワークロードが多様な仮想マシン間を移動し、バックグランドタスクが実行されるようになれば、2015年までにデータセンターのトラフィック全体の76%がデータセンター内に留まり、17%がデータセンターからエンドユーザに向けた配信、残りの7%のトラフィックが、クラウド バースティングやデータの複製・更新といったデータセンター間の動作に用いられるようになると予測しています。

概要

  • 「Cisco Global Cloud Index (2010 - 2015)」は、世界のデータセンターおよびクラウドベースのIPトラフィックの増加、およびその動向予測を目的として開発されています。ネットワークやデータセンターがクラウドサービスの提供に密接に関係することから、従来のネットワーク トラフィック調査を補完する目的で本調査を実施し、データセンターやクラウド アーキテクチャの動向に影響を与える最新のトレンドを、新たな視点から明らかにしようとするものです。
  • 「Cisco Global Cloud Index」は、月間30テラバイトを超える全世界のデータセンターから生成された過去1年間のデータや、4,500万件以上のブロードバンド速度試験結果、第3者機関による市場予測など、さまざまな種類の1次情報、および2次情報のモデリングや分析の結果に基づいてまとめています。
  • 「Cisco Global Cloud Index」では従来型データセンターからクラウド型データセンターへのワークロードの移行予測とともに、企業向け・個人向けの多様なクラウド コンピューティング サービスをサポートするネットワーク能力について、世界の主要地域の「クラウド対応度」の分析を掲載しています。
    • 詳細な調査結果および調査手法については、Cisco Global Cloud Index Forecast and Methodology, 2010 - 2015 white paperに掲載しています。
    • Cisco Global Cloud Index (2010 - 2015) Infographic からは、グラフィックで示した調査結果の概要をダウンロードしてブログやソーシャルメディアでご利用いただけます。

その他の調査結果

データセンターのトラフィックの3分の1がクラウドに移行

  • 世界のデータセンターのトラフィック総量のうち、クラウドベースのトラフィックが占める割合は、2010年の11%(1カ月あたり11エクサバイト、年間130エクサバイト)から、2015年にはトラフィック全体のおよそ3分の1(34%、1カ月あたり137エクサバイト、年間1.6ゼタバイト)まで増加すると予測されています。
  • クラウドへの移行を推進する主な要因としては、仮想化の拡大と規模の拡張による経済性の向上が挙げられています。

世界のクラウドのトラフィックはデータセンター トラフィックの2倍の速度で増加

  • クラウドサービスへの移行は、世界のデータセンター トラフィックの増加を牽引しており、その増加スピードは1年間あたりデータセンター全体の2倍です。2010年から2015年までの間、データセンターのトラフィックは4倍(CAGR 33%)になると予測される一方、クラウドのトラフィックは同時期に12倍(CAGR 66%)に増えると予測されています。
  • クラウド型データセンターは従来型データセンターに比べ、高パフォーマンスで利便性に優れ、格段に運用管理が行いやすくなります。仮想化を主要な触媒として、ハードウェアとソフトウェアの一元化や、自動化の推進や統合セキュリティの導入が可能になります。

世界のデータセンター トラフィック量:2015年までに4倍に拡大

  • 世界のデータセンターのトラフィック総量は、2010年の1.1ゼタバイトから2015年には4倍増(CAGR 33%)の4.8ゼタバイトに達すると予測しています。

データセンター トラフィックのソース:大半がデータセンターの範囲内

  • 2015年には、データセンターのトラフィックの76%はデータセンター自体の範囲内に留まり、仮想マシンを通じて実行されるストレージや認証などの動作がこうしたトラフィックの中で行われると予測されます。
  • データセンターからエンドユーザへの配信によるトラフィックは全体の17%。
  • データセンター トラフィックの7%は、バックアップや複製などデータセンター間で実行される動作によって発生すると予測しています。

ピーク時のエンドユーザのアクティビティ:2015年には平均時の2.5倍以上

  • ビデオベースのコンシューマー向けサービスの増加に伴って、データセンターとエンドユーザ間のトラフィックには非常に大きなアクティビティのピークがいくつか発生します。プライムタイムの視聴率と全く同様に、ピーク時にはデータセンターの1時間当たりの平均トラフィック量は平均の2.5倍にも達すると予測され、ネットワークだけでなくデータセンターやクラウドからも追加容量を確保できるよう計画する必要があります。クラウドのオンデマンド モデルは、こうした需要の変動に対応してサービスを提供できる最適モデルと言えます。

ワークロードの移行

  • 2010年時点では、データセンターのワークロードの21%がクラウド型データセンター、79%が従来型データセンターで処理されています。
  • データセンターのワークロードはクラウド型へと移行し、2014年にはワークロード全体の51%がクラウド環境、49%が従来型ITスペースで処理され、その割合が初めて逆転すると予測しています。
  • データセンターのワークロード全体は、2010年から2015年の間に2.7倍に増加し、この間にクラウドのワークロードは7倍以上に増加すると予測しています。

世界のクラウド対応状況

  • 全般的なクラウド対応状況の評価のため、ブロードバンド ユビキタス、アップロード/ダウンロード平均速度、平均遅延などさまざまな属性を地域ごとに評価し、分析を行いました。
  • 本調査が実施されたアジア太平洋、中東及びアフリカ、西欧、中・東欧、中南米、北米のすべての地域のネットワークは、現時点で、ソーシャルネットワーキングやWeb会議といった基本的なクラウド コンピューティング アプリケーションに対応することができます。
  • ビデオチャット、高画質ビデオ配信など、中程度の機能を持ったクラウド コンピューティング アプリケーションについては、アジア太平洋、西欧、中・東欧、北米の各地域の平均的なネットワークには、こうしたサービスをサポートできる十分な能力が備わっています。
  • 地域全体として高画質ビデオ会議や高機能ゲームなど、高度なクラウド アプリケーションに対応する状況の整った地域はなかったものの、韓国や日本など、各地域の特定の国の中には、すでに対応可能な状況にある国もあります。

コメント

シスコ プロダクト&ソリューション マーケティング担当バイスプレジデント、スラジ・シェッティ
「ユーザは端末機器を自由に選んで大量のコンテンツにアクセスし、こうした需要によって、クラウドやデータセンターのトラフィックは急増しています。その結果、データセンターは仮想化が進み、クラウド アプリケーションへのネットワークの関連性を高め、急激に進化する状況に適応する必要性が増しています。『Cisco Global Cloud Index』はこうしたトラフィックの増加とトレンドについての考察を提供し、企業の長期戦略における意思決定を支援します。シスコでは今後もこの調査を年次ベースで定期的に実施・発表し、世界各国の「クラウド対応」への取り組みに貢献して行きます」

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

**当資料は、2011年11月29日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
New Cisco Global Cloud Index Projects Cloud Computing Traffic to Grow 12-Fold by 2015; Cloud to be 51 percent of Data Center Workloads by 2014

お問い合わせ