日本版 ニュースリリース

シスコ、オフィスの省エネを推進するネットワーク イノベーションを発表


シスコ オフィスの省エネを推進するネットワーク イノベーションを発表

次世代PoE (Power over Ethernet)によりLED照明やVDI統合型ディスプレイなどへの電力供給も統合

2011年10月18日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、業界で最も広く使用されているエンタープライズクラス スイッチであるCisco® Catalyst® 4500Eスイッチ向けに、業界初となる60ワットの電源供給可能なパワー オーバー イーサネット(PoE)機能を発表しました。一般的な電源プラグの代わりにイーサネット ケーブルを通じてIT機器に電力を供給することで、ネットワーク経由の電源管理が可能になり、使用していない機器の消費電力を削減することが可能になります。これにより、IT運用コストが低減され、企業のサステイナビリティ目標の達成にも貢献できます。

今回発表したCisco Universal Power Over Ethernet(UPOE)は、一般に利用されているPower over Ethernet Plus(PoE Plus)による30W電源供給に比べて1ポート当たり2倍の電力を供給でき、標準のイーサネット ケーブル1本で、従来よりもさらに幅広い種類の端末機器に電力とネットワーク アクセスの両方を提供できます。

さらに、サムスン電子株式会社のデスクトップ仮想化機能とディスプレイを統合したゼロクライアント、株式会社DEPおよび株式会社シャルレライテックのLED照明、シスコパーソナル テレプレゼンス Cisco TelePresence EX60などにUPOE技術が搭載され、利用者はネットワーク経由で電力供給を受けることができるようになります。これにより、オフィスの電力設備工事が削減され、デバイスの展開が容易になります。

概要

Cisco UPOE によるパワー オーバー イーサネット(PoE)市場の拡大

  • Cisco Catalyst 4500Eスイッチ用の新しいUPOEラインカードとスプリッターにより、Cisco IPフォン、パーソナル テレプレゼンス システム、コンパクト スイッチなど、60ワット以上の電力を必要とするすべてのデバイスに電力を供給できるようになります。
  • 2000年にCisco IPフォン用の7ワットのイン ライン パワー オーバー イーサネットを発表して以来、シスコはPoE技術で業界をリードしてきました。今回発表したUPOEによって、シスコはさらにPoE市場を拡大するとともに、IEEEや多くのサードパーティ機器メーカーと協力して次世代のすべてのネットワーク接続機器とのUPOEの標準化を進めています。
  • Cisco UPOE搭載機器の開発を促すため、これまでサムスン電子、DEPおよびシャルレライテックなどのエコパートナーとも非常に密な連携を図っています。
    • サムスン電子 SyncMaster NC220Pは、業界初のVDI(Virtual Desktop Infrastructure)統合型のゼロ クライアント ディスプレイとして、独立した仮想デスクトップデバイスとディスプレイが不要になるとともに、デスクトップ上に必要な電源アダプタやディスプレイ接続ケーブルも不要になりました。
    • 株式会社DEPと株式会社シャルレライテックにより提供されるCisco UPOEおよびCisco EnergyWise対応のLED照明およびPoEコンバータは、オフィスビル等の屋内照明をネットワーク経由で効果的かつ統合的に管理可能とし、大幅な省エネ・コスト削減を実現します。
  • その他にも多数のデバイスがテストされ、UPOEスプリッターを通じてCatalyst 4500Eスイッチから電力を供給できるようになりました。

弾力的な電力確保にネットワークを活用

  • 電力消費量を削減するため、企業では省電力型の新ネットワーク機器が普及し始めています。2010年2月のグローバル インダストリー アナリシスの報告によれば、世界のシンクライアント市場の 2015年までの販売台数は1436万台に達すると予測され、こうしたネットワーク接続機器の弾力的かつ効率的な電力の確保が求められています。
  • UPOE機能を搭載したCisco Catalyst 4500Eは、CPUモジュール、電源ユニットとファンの冗長性によって高い可用性を実現します。さらにCisco Catalyst4500Eにバックアップ用の電源基盤を統合することで、低い導入・管理コストで信頼性の高い電源インフラを構築することができます。
  • Cisco UPOEはCisco EnergyWiseとの統合で電源管理機能を拡張でき、簡素化されたネットワークや電源ケーブル基盤を通じて、従来のPoE機器以外のデバイスのポリシー設定も可能です。ネットワーク基盤や消費電力の削減によって、企業としてのサスティナビリティを向上させながらも、ITのTCO(総所有コスト)を低減することができます。

仕様および提供体制

  • Cisco Catalyst 4500Eに新たなラインカードを装備することで、Cisco UPOEを利用することができます。Cisco Catalyst 4500Eシャーシ1台につき最大134のUPOEポートまで対応し、標準のCat 5eまたはそれ以上のケーブルとRJ45コネクターで、既存インフラストラクチャに簡単に導入できます。
  • UPOE用スプリッターは2012年1月に出荷開始予定です。このスプリッターによって、標準的なDC電源を搭載したサードパーティ製機器の接続も可能になります。
  • また、シスコおよびパートナー企業の機器向けに、導入の簡単な事前検証済みの推奨構成も提供しています。現在、5種類の垂直市場および一般的なエンタープライズ アプリケーション向けに検証済みの設計を採用したソリューション概要を公開しており、これらを利用することで、より迅速な導入が可能になります。
  • UPOE技術の活用を検討するネットワーク接続用エンドポイント機器のメーカーに対して、開発者サポート プログラムの提供を行っています。

Cisco UPOEに対するコメント

サムスン電子 ディスプレイマーケティング担当専務、 金汀煥(キム・ジョンファン)氏
「サムスン電子はCisco UPOEを搭載した業界初の仮想デスクトップモニターの発売に大いに期待を寄せています。このソリューションによって、環境に配慮した職場が実現されると同時に、コストや複雑さも削減することができます」

株式会社DEP 代表取締役、大出 富康 氏
「DEPは、Ciscoの卓越したUPOE、EnergyWise技術を採用することで、ネットワークでのLED照明制御を可能にするLED照明用電源モジュールを提供いたします。照明をネットワークイネーブルにすることにより、電力量を常に監視することが可能となります。不要な照明を様々なポリシーで制限したり、オフィスの入退出と照明を連動するなど、これまで特別な電源管理システムがなければ実現できなかった管理をネットワーク経由で簡単に実現できるようになります」

株式会社シャルレライテック 代表取締役、馬場 博明 氏
「シャルレライテックは、 DEP社とともにCisco UPOE対応によるLED照明の”Light over Ethernet”を提供します。 オフィスビル等の屋内照明の大きな省エネ・コスト削減を実現し、更にCisco EnergyWiseにて可視化・遠隔制御等のIT連携ソリューションも可能となります。グリーン・節電が要求される厳しい環境下、オフィスビル内等の約40%を占める「OA&照明」に対し、非常に効果的かつ統合的なエネルギー管理を行うことが可能となりました」

シスコ イーサネットスイッチング技術担当シニアバイスプレジデント、ロブ・ソーダーベリー
「シスコには、ネットワークのイノベーションを推進し、お客様の仕事や生活、遊びや学習のスタイルの変化を支援してきた長い歴史があります。UPOEはこうしたシスコのネットワーク イノベーションの歴史を引き継ぐもので、イーサネットのネットワーク ケーブルでこれまでの2倍の電力を供給することができます。さらにEnergyWiseとの併用によって強力なネットワークが構築され、IT管理者は幅広い範囲のネットワーク機器への供給電力を管理して、企業全体の消費電力を低減できるようになります」

詳細資料

関連資料

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

**当資料は、米国シスコより7月18日に発表されたリリースの抄訳に日本独自の情報を追加しています。
Cisco Networking Innovation Delivers More Power Over Ethernet to Unparalleled Range of Enterprise Devices

お問い合わせ