日本版 ニュースリリース

シスコ、世界最多の導入実績を誇る主力ネットワーク スイッチ製品に、今後10年間のネットワーク課題に対応可能な性能と機能を投入


シスコ、世界最多の導入実績を誇る主力ネットワーク スイッチ製品に、
今後10年間のネットワーク課題に対応可能な性能と機能を投入

Cisco Catalyst 6500シリーズを刷新、従来の3倍の性能と4倍の拡張性を実現し、業界をリードするボーダレスサービス機能を搭載

2011年9月5日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、世界最多の導入実績を誇る主力製品のCatalyst® 6500 シリーズ スイッチに革新的技術を新たに多数搭載することを発表しました。今回のイノベーションによってネットワーク基盤を進化させ、今後10年間に予想される接続デバイスやビデオ トラフィック数の増加、クラウド コンピューティングによるビジネス モデルの拡大、モバイル ワーカーの増加などに対して機器の総入れ替えをともなうアップグレードなく対応することができます。

500以上の特許技術が搭載されたCatalyst 6500は、1999年の販売開始以来、業界標準のスイッチング プラットフォームとして世界各国の企業やデータセンター、WAN、メトロ イーサネット ネットワークの中核となってきました。これまでに、インストールベースで420億ドル、導入システム数は70万台近く、ポート数は1億1,000万ポートに及び、全世界の25,000社以上で採用されています。また、このプラットフォームはネットワーク業界において長年にわたり、製品の先進性やスケーラビリティ、技術革新の面で基準となってきました。Catalyst 6500は、業界を先導してファスト イーサネットからギガビット イーサネット、さらには10ギガビット イーサネット(GbE)へとポートを移行させてきました。2010年11月には、業界で初めて40GbEによる相互運用可能なモジュラー スイッチとなったことを発表しています。今回の刷新でも、こうしたイノベーションの伝統を引き継ぎ、ハードウェア プラットフォームによるIPv4とIPv6のシームレスなサポートや、ネットワーク仮想化のための新機能、L4からL7までを統合した包括的なサービス モジュール、新たにアプリケーション パフォーマンスの可視化とモニタリングを実現するために全面改良されたNetFlowなど、さらに多くの「業界初」の技術が導入されました。

今回のCisco Catalyst 6500シリーズ刷新の中心は、かねてより待望されていた2テラビットの性能を持つSupervisor Engine 2Tの導入です。このSupervisor Engine 2Tは、1スロット当たり毎秒80ギガビットを実現し、充実した新機能を搭載した10GbEラインカード、モビリティ、セキュリティ、ネットワーク分析、ロードバランシングの新機能により次世代ボーダレス サービスを実現します。

Supervisor Engine 2Tにより、Catalyst 6500のバックプレーン容量は720 Gbpsから2 Tbpsと、これまでの3倍になります。また、次世代のサービスモジュールにより、ネットワーク接続可能なデバイスやユーザー数も4倍になり、1台のCatalyst 6500で最大10,000台のモバイルデバイスをサポートできるようになります。

新たなラインカードと2 Tbpsのスーパーバイザーは、いずれもCatalyst 6500Eシリーズの全シャーシと互換性があり、既存のCatalyst 6500 Eシリーズ基盤への影響を最低限に抑えることができるため、ネットワーク中断や、追加的な担当要員、コスト、時間などを必要とする機器の総入れ替えをともなうアップグレードの必要がありません。

新機能の特徴と業界初の主な機能

  • セキュリティ、モビリティ、アプリケーション、音声・ビデオ、仮想化などの要求の高まりに応えて、200以上の新技術がCisco IOS® ソフトウェアに追加されました。Cisco TrustSec®の機能をフルに搭載した最先端セキュリティ サービスを搭載し、ワイヤレート データの機密保持と一貫性を維持するハードウェアベースのMACsec、ネットワークを通してロールを設定し保持するセキュリティグループタグ(SGT)、ロールに応じてルールを適用するためのセキュリティグループ アクセスコントロールリスト(SGACL) 等の各機能に対応しています。Catalyst 6500 Supervisor 2Tでサポートされた レイヤ3 セキュリティ グループ タグは、地理的に分散したネットワークでも高いセキュリティによる相互運用と相互接続を可能にします。スケーラブルなネットワーク仮想化サービスでは、MPLS over GREのほかVRF-LiteMPLSハードウェア ベースのネイティブVPLSもインターフェイス速度を落とすことなく利用することができます。
  • 次世代サービス モジュール
    従来に比べて高い性能を持つ次世代のモビリティ、セキュリティ、ネットワーク分析、ロードバランスを提供するサービス モジュールによって、運用対象となるネットワーク上のL4-7デバイス数を減らすことができ、エネルギー効率の向上や二酸化炭素排出量削減が可能です。
  • IPv6への移行を簡素化するテクノロジー
    新しいSupervisor 2Tには、システム全体のパフォーマンスを損なわずに IPv4 からIPv6へ容易に移行するためのさまざまな技術が搭載されています。Cisco Catalyst 6500は、業界で初めてIPv6のファーストホップセキュリティ機能(デバイストラッキング、近隣探索プロトコルインスペクション、IPv6ポート当たりアドレス数制限など)を備え、IPv6移行期間中も高レベルのセキュリティを確保しながら、ネットワークの拡張を続けることができます。
  • サービスプロバイダーおよびエンドユーザ向けにLAN/WAN の境界を簡素化するテクノロジーを業界で初めてネイティブサポート
    仮想プライベートLANサービス(VPLS)、およびブリッジ ドメインと呼ばれるテクノロジーです。専用の物理インターフェイスを必要とせずサービスが実現できるため、迅速で柔軟なサービス プロビジョニングが可能です。ネイティブ サポートにより、コストを大幅に削減すると同時に、実績ある標準化技術によってパフォーマンスも飛躍的に向上します。
  • 包括的システムとマルチプロトコルを提供する業界初のNetFlowプラットフォーム
    お客様が必要とするより正確なキャパシティプランニングやリソース配置を支援するため、IPv4、IPv6、マルチキャスト、MPLSトラフィックをきめ細かく監視するFlexible NetFlow機能およびSampled NetFlow機能のサポートを加えました。さらに、NetFlowが維持できるエントリー数はシステム全体で最大1,300万エントリーと従来の4倍まで拡大されます。
  • 優れたビデオ エクスペリエンスを提供するための拡張機能
    株式マーケットデータの配信やビデオ放送のためにIPインフラストラクチャを通じた一対多のコミュニケーションを行う「マルチキャスト」技術の重要性が増すにつれ、常に問題となってきたのがマルチキャスト ルートの拡張性の問題です。この問題に対処するため、Supervisor Engine 2Tシステムではマルチキャスト ルートを従来に比べ最大16倍にまで拡張できます。同時にCatalyst 6500のマルチキャスト トラフィックを必要なリンクだけに転送する機能に大幅に改善をもたらします。IGMPv3やMLDv2スヌーピングと呼ばれる機能の強化によって、マルチキャストでホスト側のデバイスに不要な負荷を発生させることがなくなりました。これはIPTVなど帯域が集中するIPマルチキャスト アプリケーションに特に有効な機能です。

提供時期について

この新しいCisco Catalyst 6500シリーズのSupervisor Engine 2Tシステムはすでに販売を開始しており、標準的な「2T」構成での価格/性能比はこれまででもっとも低く抑えられ、先行機種のSupervisor Engine 720から最大で20〜30%の初期導入コストが下がると同時に、3倍の性能と4倍の拡張性を実現し、業界で他の追随を許さない充実した機能を備えました。Cisco Catalyst 6500シリーズの新製品は、Cisco Prime™ およびData Center Managerなどのネットワーク マネジメントツールに完全対応しています。

コメント

  • シスコ シニアバイスプレジデント、ジョン・マックール
    「シスコは極めて多くのお客様と緊密に協力することによって、企業現場(リアルワールド)の要件に焦点を絞ったイノベーションに取り組むことができます。Catalystプラットフォームが世界中のキャンパス ネットワークでインターネットの拡大を加速させているのはこのためです。今回、同じネットワークを使ってキャンパスやデータセンターであらゆるネットワーク サービスをフルに活用しながら、10ギガビットや40ギガビットのネットワークへとさらに進化させることが可能になりました。機器の総入れ替えの必要はもはやありません。インストールベースでの知識とイノベーション、ビジネスバリューの3つが関わることによって業界での競争力がもたらされ、シスコやお客様、パートナー企業は業界のリーダーとしての地位を得ることになります」
  • 米国ペンシルバニア州立大学 ネットワークテストエンジニア・システムデザインスペシャリスト、エド・ウィルソン氏
    「ネットワークのコアの部分は常に注目されているわけではありませんが、大学の教職員や学生、研究者が日常的に依存しているアプリケーションのパフォーマンスを左右するのがこの部分です。ネットワーク接続されるデバイスは年々増加し、大きな帯域幅を必要とするアプリケーションも増えて、当大学でもネットワーク要件を拡大する必要に迫られています。すでに当大学では20を超すCisco Catalyst 6500スイッチをコアネットワークに導入しており、数百に及ぶ部門と数万人の教職員や学生をネットワークでつないでいます。Catalyst 6500 Supervisor Engine 2Tを導入してシスコのシステムへの投資を拡大することによって、卓越した拡張性と従来の3倍の性能が実現でき、高帯域幅を必要とするサービスやモビリティ機能に対するユーザーの要求に一層的確に応えられるようになります。IPv6や仮想化、セキュリティの強化をはじめ、さまざまな領域におけるCatalyst 6500の最新のイノベーションは、高等教育機関で求められるネットワークパフォーマンス要件の変化に対応してネットワークを進化させるために、シスコが真摯に取り組んでいることを示すものです」

関連リソース

製品写真

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、米国シスコより7月12日に発表されたリリースの抄訳に日本独自の情報を追加しています。
Cisco Readies Most Widely Deployed Network Switch to Tackle Next Decade's Networking Challenges

お問い合わせ