日本版 ニュースリリース

世界のインターネット トラフィック量、2015年までに4倍に


世界のインターネット トラフィック量、2015年までに4倍に

「Cisco Visual Networking Index」の予測結果:
ネットワーク接続デバイスは世界人口の2倍を超え、毎秒100万分のビデオがインターネットで転送

2011 年 6 月 3 日

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下 シスコ)は本日、今年度の「Cisco® Visual Networking Index (VNI) Forecast (2010-2015)」を発表しました。これによると、ネットワーク接続型のデバイスは2015年には150億台を超え、世界人口の2倍に達すると見込まれます。さらにシスコでは、2015年には世界のインターネット トラフィックの総量が4倍に増え、年間966エクサバイトに達すると予測しています。

インターネット トラフィックは2014年から2015年の1年間で200エクサバイト増加すると予測されており、その増加量は、2010年に発生した世界のIPトラフィックの合計を上回ります。インターネット トラフィックが急増し、2015年には1ゼタバイト(1021バイト(10の21乗)、1兆ギガバイト)に迫ろうかという中、シスコでは増加の主な促進要素として以下の4つを挙げています。

  1. デバイスの増加:タブレット、携帯電話、ネットワーク接続型アプライアンスなどのスマート マシンにより接続需要が高まっています。2015年には約150億の接続がデバイス経由(マシン対マシンを含む)で行われるようになると予測され、世界のすべての人が2台以上のデバイスを利用する計算になります。
  2. インターネット ユーザの増加:2015年には、世界の推定人口の40%以上に相当する約30億人がインターネットを利用するようになると予想されます。
  3. ブロードバンドの高速化:2010年の固定ブロードバンドの平均速度は7 Mbpsでしたが、2015年には4倍の28 Mbpsに達する見込みです。ブロードバンドの平均速度は2010年時点ですでに2倍向上し、3.5 Mbpsから7 Mbpsになっています。
  4. ビデオの増加:2015年には、毎秒100万分(674日に相当)のビデオがインターネットで送信されるようになると予想されます。

概要

  • 「Cisco VNI Forecast」は、世界のIPトラフィックの増加とトレンドを見極めるための年次調査です。同調査は、独立系アナリストから収集したトラフィック、使用状況、デバイスに関するデータを分析・モデリングし、それをもとに予測を行うものであり、サービスプロバイダーや、監視機関、業界インフルエンサなどに幅広く利用されています。シスコでは、世界中のサービスプロバイダーと消費者から任意で提供される実データを使用し、予測、情報、調査方法を検証しています。
  • IPトラフィック増加の促進要素とトレンドをより理解していただくために、お客様のニーズに合わせてCisco VNI Forecastをさまざまな画面でご覧いただけるようになっています。

その他の調査結果

世界のIPトラフィックの合計バイト数

  • 世界の1カ月あたりのIPトラフィック量は2010年の約20.2エクサバイトから大幅に増加し、2015年には80.5エクサバイトに達すると見込まれます。
  • 世界の平均IPトラフィック量は2015年には毎秒245テラバイトに達すると予測され、これは2億人が毎日同時にHDムービー(1.2 Mbps)をストリーミングする量に相当します。

IPトラフィックの地域動向

  • 2015年には、昨年トップだった北米(22.3エクサバイト/月)を抜いて、アジア太平洋地域でIPトラフィックがもっとも多く発生(24.1エクサバイト/月)すると予測されます。
  • 予測時期(2010〜2015年)にIPトラフィック量がもっとも急速に増加すると見られる地域は、昨年トップだった中南米(CAGR 48 %、7倍増)を抜いて、中東・アフリカ(CAGR 52 %、8倍増)になる見込みです。

トラフィック増加の主な促進要素:コンシューマ ビデオ

  • オンライン ビデオを視聴するインターネット ユーザは2010年には10億人強でしたが、2015年までにさらに約5億人増加する見通しです。

世界のデバイス数の増加

  • 2010年には、コンシューマ インターネット トラフィックの97%はPCで生成されていました。2015年にはこれが87%に減少すると見られており、タブレット、スマートフォン、ネットワーク接続型テレビなどのデバイスが消費者のアクセス方法やインターネット利用法に大きな影響を与えていることが分かります。
  • Web対応テレビでのインターネット アクセスは今後も増加を続け、2015年には世界のコンシューマ インターネット トラフィックの10%とインターネット ビデオ トラフィックの18%がテレビで消費されるようになると予測されます。

3DTVとHD(アドバンスト ビデオ)

  • 3-D映像や高精細テレビ(HDTV)などを含めた世界のアドバンスト ビデオ トラフィックの量は、2010年から2015年にかけて14倍になると予測されます。

モバイル ブロードバンド

  • 世界のモバイル インターネット データ トラフィック量は、2010年から2015年にかけて26倍増加し、6.3エクサバイト/月(年間75エクサバイト)に達する見込みです。

世界のファイルシェアリング

  • 2010年のP2Pトラフィックは世界のコンシューマ インターネット トラフィックの40%を占めていましたが、2015 年には16%にまで落ち込むと見られています。

世界のビジネスIPトラフィック

  • 企業のIPビデオ カンファレンスのトラフィック量は、2010年から2015年にかけて6倍になると見られ、CAGRは41%と、ビジネスIPトラフィック全体の2倍以上の速さで増加すると予測されます。

コメント

シスコ ワールドワイド サービスプロバイダー マーケティング部門担当バイスプレジデント、スラジ・シェッティ
「インターネット データ トラフィックの中でも特にビデオは爆発的に増加しており、今後、ビジュアルでバーチャルなモバイルインターネットエクスペリエンスの最適化と収益化の機会が到来することになるでしょう。次世代インターネットの設計企業であるシスコは、ネットワークの進化を通してお客様がインターネット活動の急拡大に対応できるよう支援するだけでなく、それを機に成長していただくための手助けを行う構えです」

ビデオ

  • VoDで視聴: 「Cisco VNI Forecast, 2010 - 2015」から読み解くトップトレンド

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、2011年6月1日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Global Internet Traffic Projected to Quadruple by 2015

お問い合わせ