日本版 ニュースリリース

シスコ、クラウド対応アーキテクチャの簡素化と仮想化を加速する先進的なエンドツーエンドのデータセンター ファブリックのコンバージェンスを実現


シスコ、クラウド対応アーキテクチャの簡素化と仮想化を加速する先進的なエンドツーエンドのデータセンター ファブリックのコンバージェンスを実現

サーバからストレージまで、データセンター基盤全体を統合するイノベーション ― データセンター全体からクラウドまでファブリックを拡張

2011 年 4 月 21 日

シスコシステムズ合同会社(代表執行役員社長:平井 康文、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、Cisco Data Center Business Advantage (シスコ データセンター ビジネス アドバンテージ)の全ポートフォリオにわたる技術イノベーションを発表しました。これには、Cisco Nexus® 7000ファミリおよびCisco Nexus 5000シリーズ、超低レイテンシーを実現した新プラットフォームCisco Nexus 3000、Cisco MDS ストレージスイッチ、Cisco Unified Computing System™ (Cisco UCS)、Cisco Data Center Network Manager、Cisco NX-OSが含まれます。Cisco NX-OSは、シスコの全データセンター製品に搭載されている包括的データセンターオペレーティングシステムです。

今回のイノベーションによって、シスコ ユニファイド ファブリック、シスコ ユニファイド コンピューティングおよびシスコ ユニファイド ネットワーク サービスを緊密に統合し、簡素化されスケーラブルかつ高度なセキュリティを実現するために設計されたデータセンターファブリックと一体化させ、データセンター内やデータセンター全体、あるいはクラウド上で、場所にとらわれずにあらゆるアプリケーションを提供するための取り組みを継続していきます。

シスコのデータセンター ファブリックは、ネットワークの一元管理を可能にし、物理および仮想の両環境でサーバからストレージアレイまでを統合する「wire-once」アジリティを実現します。今回の機能追加により、業界内で最も包括的かつ革新的な標準対応データセンターポートフォリオが一層強化されました。複数のデータセンターやクラウドサービスを共通のインテリジェントファブリックに連結することにより、アーキテクチャの柔軟性と投資保護、運用の簡素化を実現します。

概要

エンドツーエンド ネットワークコンバージェンスを可能にするユニファイドファブリック

  • 柔軟性を向上させた新製品 Cisco Nexus 5548UPおよびCisco Nexus 5596UP スイッチ
    全ポートにユニファイドポート(UP)機能を搭載した48ポートおよび96ポートのデータセンター向けスイッチです。データセンターの需要に応じて、どのポートにでも1ギガビット イーサネット、10ギガビット イーサネット、ファイバ チャネル(2/4/8ギガビット)またはFCoE(ファイバーチャネルオーバーイーサネット)を接続できるため、コンフィギュレーションが簡素化され最大限の柔軟性が得られます。いずれもIEEE 802.1Qbh準拠のL2/L3スイッチで、ファブリックパスに対応予定です。
  • 超低レイテンシーを実現したCisco Nexus 3000シリーズ スイッチ
    新しいCisco Nexus 3000シリーズ スイッチは、高頻度トレーディング アプリケーションなど、低レイテンシーが必須の市場の高密度10ギガビット イーサネットに、業界最高水準の低レイテンシー(ポート間で1マイクロ秒以下)を実現します。Cisco Nexus 3000スイッチシリーズは1ラックユニットのL2/L3ワイヤーレートスイッチで、シスコのNX-OSオペレーティングシステム上で広範なルーティングプロトコルに対応します。
  • データセンターの拡張性を高め管理を簡素化するファブリック エクステンダ テクノロジー
    業界をリードする標準ベースのイノベーションであるシスコのファブリック エクステンダ テクノロジー(FEX)は、Cisco NexusスイッチからCisco UCSサーバ、アダプタ、仮想マシンまで拡張可能なモジュール型シングルファブリックを構築することができます。設計の柔軟性、ケーブリングを最小限に抑えた基盤設備と簡素化された管理によって、5,000社以上のシスコFEXアーキテクチャ導入企業が設備投資や運用コストを最大50%削減しています。このたび発表されたFEXアダプタ、VM-FEX 、Cisco Nexus 7000対応FEXの3つのファブリックエクステンダは、いずれもIEEE 802.1Qbhの新標準に準拠しています。
    • FEXアダプタ:高度な帯域幅セグメンテーション機能を持ち、既存ネットワークインターフェースカードを有効に活用してアプリケーションを透過させます。FEXアダプタはNexusの「ペアレント」アクセスレイヤースイッチが提供するシングルポイント管理により、サーバIOに対し極めてセキュアで拡張性の高いネットワーク監視と管理を実現することができます。
    • VM-FEX:スイッチングファブリックをサーバ上のハイパーバイザにまで拡張します。仮想マシントラフィックをVM-FEXハードウェア上のスイッチングで処理することにより、IT管理者は仮想および物理的アクセスレイヤーを一体化し、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。Nexus「ペアレント」アクセスレイヤースイッチは、VM-FEXにより仮想マシンレベルまでファブリックを拡張させ、シングルポイントでの管理を可能にします。
    • Cisco Nexus 7000 対応FEX:Cisco Nexus 2232PP 10GE ファブリック エクステンダを搭載したTop of Rack配置用の業界最高水準の高密度10ギガビット イーサネット ソリューションです。1シャーシ当たり最大1,500ポートまでシングルポイントで管理することが可能です。
  • ディレクタークラスのマルチホップ ファイバーオーバーイーサネット(FCoE)
    シスコ ユニファイドファブリックはデータセンターとストレージネットワークを統合し、高性能かつ高可用な拡張性の高い単一ネットワークを実現します。さらに、データセンタースイッチプラットフォームNexus 7000とストレージスイッチングプラットフォームMDS 9500向けディレクタークラス マルチホップFCoE機能により、サーバからストレージまでのエンドツーエンドのデータセンターコンバージェンスの導入が可能になりました。業界で最も広範な標準ベースのFCoEスイッチ製品はアクセスネットワークとコアネットワークの両レイヤに対応するユニファイドファブリックを提供し、ロスのない10 ギガビット イーサネットをベースとする簡素化された基盤で、あらゆるストレージトラフィック(ファイバチャネル、FCoE、iSCSI、NAS)に対応します。
  • Cisco Data Center Network Managerによるエンドツーエンド管理
    シスコの新しいCisco Data Center Network Manager(DCNM)は、SAN、LANおよびサーバ群で、最大15万ポートまで、エンドツーエンドの統合データセンターネットワークの一括管理を可能にし、VMwareのvCenterと密接に連携してプロビジョニング、パフォーマンス、トラブルシューティングを行います。
  • インターネットの拡張性を高めクラウドサービスを実現するLISP、MPLS搭載のCisco Nexus 7000
    Cisco Nexus 7000スイッチには包括的ネットワーク連結と仮想化のための業界最高水準の機能が搭載され、L3の仮想プライベートネットワーク(VPN)のマルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)をサポートして極めてセキュアなクラウド対応ネットワーク基盤を可能にするほか、業界で初めてLISP(Location/ID Separationプロトコル)に対応しています。LISPはシスコ主導の画期的なIPルーティングおよびアドレスアーキテクチャで、ワークロードのモビリティ確保、クラウドの使用可能性、IPv6への移行、スケーラブルなマルチテナントなどが可能な極めて機動性の高いネットワークを実現できます。

データセンター製品の拡充

  • 既存インフラに対する投資保護を維持しながら、複数の新機能と新製品を加え、シスコのデータセンター製品はさらに拡充されました。Cisco Catalyst® 6500シリーズには新たにアプリケーションコントロールエンジンACE30モジュールが加えられ、Cisco Overlay Transport Virtualizationと連携するダイナミック・ワークロード・スケーリング(DWS)機能によって複数サイトにわたる動的ワークロードの拡張性を高め、アプリケーションのデリバリ能力を従来の54%向上させることができます。また、新たなES40モジュールは40 Gbpsのラインレート性能を持ち、高性能のデータセンター相互接続を実現するほか、ASAサービスの新モジュールは組み込みのファイアウォールやセキュリティサービスを提供します。
  • 新たなMDS9000 Storage Media Encryption (ストレージメディア暗号化)ファブリックサービスは、各種規制のセキュリティコンプライアンス要件に適合する、記録ディスクやテープ用の極めてセキュアなメディア暗号化サービスを提供します。ファブリックで暗号化を行うため、導入に際してSANを再構成する必要はありません。
  • Cisco Nexus 1010は仮想サービスをホスティングするためのNX-OSベースのアプリケーションプラットフォームを提供します。プラットフォームには今回新たに、VMレベルのセグメンテーションをマルチテナントの仮想データセンターで提供するシスコ バーチャルセキュリティ ゲートウェイと、シスコ データセンター ネットワークマネジメントセンターの2つのサービスが追加されました。

Cisco UCS製品 新しいフォームファクターを加え、次世代インテル® Xeon®プロセッサにいち早く対応

  • Cisco UCSは、複数ラックにまたがるコンピュータとネットワーク、ストレージアクセスおよび仮想化リソースを単一のシステムに統合することができ、総コストを削減するとともに、仮想および非仮想の両方のデータセンター環境でのサーバー・ネットワークの機動性を向上させます。Cisco UCS導入企業は全世界で4,000社を超えており、シスコが切り拓くファブリックベース コンピューティングのビジョンに対する業界の評価が高まっています。ガートナー社の最近のレポートでは、「Fabric Computing Poised as a Preferred Infrastructure for Virtualization and Cloud Computing (仮想化およびクラウドに最適なインフラストラクチャとしての態勢を整えたファブリックコンピューティング)」と題して、業界のトレンドを論じています。
  • 新たにポートフォリオに加えられた画期的なCisco UCS C260 M2 2ソケットのラックマウント型サーバは、高い処理能力が求められる基幹アプリケーションに対応できるよう、Westmere EXのコード名で開発されてきた次世代インテル® Xeon®プロセッサファミリE7-シリーズに対応し(最大20コア搭載可)、従来の2ソケットサーバーに比べメモリ容量を2倍に拡大するシスコ 拡張メモリテクノロジーを搭載します。同時に、インテル® Xeon®プロセッサファミリ E7-シリーズに対応する仮想化性能を高めレイテンシーを低減させたCisco UCS B230 M2、Cisco UCS B440 M2、Cisco UCS C460 M2として新バージョンを発表しました。

Cisco NX-OSによるエンドツーエンド管理

クラウド環境の展開に向け設計されたシスコのデータセンター向けオペレーティングシステムNX-OSは、高可用なだけでなく、ユニファイド データセンター ファブリックの仮想化で運用を簡素化し、既存IT設備投資を保護しながらもイノベーションを行うプラットフォームです。ネットワーク、ストレージおよびコンピューティング基盤に加えて、マルチホップFCoEにも対応し、業界初のマルチポイント管理機能を実現して、ユニファイド ファブリックの拡張性を一層向上させました。

ISV パートナーによるエコシステムの拡大

独立系ソフトウェアベンダーやパートナーによって、オープンなCisco UCS APIの開発が進められており、オープンNX-OS上での稼働が認定されたアプリケーションは現在までに1万を超えます。Cisco UCSは機動性に優れ、ITリソースのオンデマンド提供に最適なプラットフォームを提供します。例えばCisco UCS APIによって、企業のニーズの変化に従って、クラウド管理用ソフトウェアで素早くコンピュータやネットワーク、ストレージのアクセス機能を再構成することが可能になります。Cisco UCS APIをサポートする独立ソフトウェアベンダーの一覧はシスコ ISVパートナーページでご覧いただけます。

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、米国シスコより3月30日に米国で発表されたニュースリリースに日本独自の情報を付加したものになります。ニュースリリースの原文は、以下のWebサイトをご参照ください。
Cisco Pioneers End-to-End Data Center Fabric Convergence to

お問い合わせ