日本版 ニュースリリース

シスコ、今年度の「Cisco Visual Networking Index Forecast」調査で2014 年までに世界の IP トラフィックが 4 倍以上増加すると予測


シスコ、今年度の「Cisco Visual Networking Index Forecast」調査で2014 年までに世界の IP トラフィックが 4 倍以上増加すると予測

2010 年末にはビデオがピアツーピアを抜いてインターネット トラフィック増加の最大要因に ― オンライン ビデオ コミュニティのメンバーが2014 年までに 10 億人を突破

2010 年 6 月 3 日

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は、今年度の「Cisco® Visual Networking Index (VNI) Forecast, 2009-2014」の結果を発表しました。この結果によると、世界のインターネット トラフィックは、2014 年までに現在の 4 倍の 767 エクサバイト(3/4 ゼタバイト以上)に達すると見られています。これは 2013 年の予測量よりもさらに 100 エクサバイト多くなっており、2008 年に IP ネットワークでやり取りされた総トラフィック量の 10 倍に相当します。

引き続きビデオがトラフィックの増加をけん引し、2014 年までにその割合は世界のコンシューマ IP トラフィックの 91 % 以上になる見通しです。ネットワーク帯域幅容量の増加とインターネットの高速化に加え、HDTV と 3DTV の人気が高まっていることが要因となり、2009 年から 2014 年にかけて IP トラフィック量は 4 倍に増加すると予測されます。

概要

  • 「Cisco VNI Forecast」は、世界の IP トラフィックの今後の成長とトレンドを見極めるための年次調査であり、消費者と企業という 2大ユーザグループに焦点を絞った内容となっています。独立系アナリストから収集したトラフィック、使用状況、デバイスに関するデータを、シスコが分析・モデリングし、それをもとに予測を行います。シスコは、世界中のサービスプロバイダーから提供されるデータを使い、予測、情報、調査方法を検証しています。
  • 世界の IP トラフィック量増加のけん引役とトレンドに関するネットワークユーザの理解を深めるために、シスコでは以下の独自リソースを更新しました。
    • VNI Forecast ウィジェットでは、世界中の各種ネットワーク トラフィックの増加状況をカスタマイズした画面で確認できるようになっています。
    • デスクトップとラップトップ コンピュータ用の VNI PC Pulse アプリケーションを使うことで、消費者は自身が IP ネットワークに与える影響について把握し、それぞれのネットワークの使用状況を世界中のユーザのものと比較することができます。

調査のハイライト

世界の IP トラフィックの合計バイト数

  • 世界の IP トラフィック量は 2009 年から 2014 年までの 5 年間で 4 倍以上(4.3 倍)増加し、1ヶ月あたりのトラフィック量は 2013 年には約 56 エクサバイトになり、2014 年にはさらに増えて 63.9 エクサバイトに達すると見込まれます。つまり、2014 年には年間トラフィック量が 766.8 エクサバイト(約 3/4 ゼタバイト)となる計算です。
  • 2014 年には全世界の 1ヶ月あたりの IP トラフィック量が約 64 エクサバイトに達すると見られていますが、これは DVD ならば 160 億枚、MP3 ファイルならば 21 兆本、テキスト メッセージならば 39.9 京本に相当する量です。

IP トラフィックの地域的動向

  • 2014 年には、特に北米(19.0 エクサバイト/月)、アジア太平洋地域(17.4 エクサバイト/月)、西ヨーロッパ(16.2 エクサバイト/月)、日本(4.3 エクサバイト/月)で IP トラフィックが多く発生すると予測されています。
  • 予測時期(2009〜2014 年)に IP トラフィック量がもっとも急激に増加すると見られる地域は、中南米(年間平均成長率(CAGR)51 %、7.9 倍増)、中東・アフリカ(CAGR 45 %、6.5 倍増)、中央ヨーロッパ(CAGR 38 %、5.1 倍増)となっています。

増加の主なけん引役:ビデオ

  • 2014 年には、あらゆる形態のビデオ(TV、VoD、インターネット ビデオ、ピアツーピア)が世界のコンシューマ トラフィックの 91 % 以上を占めるようになると予測されています。
  • 2010 年末までには、世界のインターネット ビデオのトラフィック量がピアツーピア(P2P)のトラフィック量を上回ると予測され、この 10 年で初めて P2P 以外のインターネット トラフィックが 1 位につけることになります。
  • 世界のオンライン ビデオ コミュニティのメンバーは、2010 年末には 10 億人を超える見通しです。
  • 2014 年には、1 秒間に世界中の IP ネットワークを行き交うビデオを見るには 2 年以上かかり、1 年間にネットワークを通るすべてのビデオを見るには 7,200 万年を要するようになると予測されます。

3DTV と HD(アドバンスト ビデオ)

  • 3-D映像や高精細テレビ(HDTV)などを含めた世界のアドバンスト ビデオ トラフィックの量は、2009 年から 2014 年にかけて 13 倍になると見込まれます。
  • 2014 年には、3-D がインターネット ビデオ トラフィック全体の 4% を占めるようになると予測されます。
  • 2014 年には、3-D と HD ビデオは消費者インターネット ビデオ トラフィック全体の 42% を占めるようになると予測されます。

世界のファイルシェアリング トラフィック

  • 世界のファイルシェアリング トラフィック量は、2014 年には 11 エクサバイト/月に達し、2009から2014 年の CAGR は 22 % になる見込みです。
  • 2009 年から 2014 年にかけて、P2P は 16 % の CAGR で成長すると見られており、一方で Web ベースやその他のファイルシェアリングの CAGR は 47 % となっています。
  • 2009 年のP2P トラフィックは世界のコンシューマ インターネット トラフィックの 36 % を占めていましたが、2014 年には 17 % にまで落ち込むと見られています。

世界のビジネス IP トラフィック

  • 世界のビジネス IP トラフィック量は、2014 年には 7.7 エクサバイト/月に達し、2009 年から2014 年にかけて 3 倍以上増加すると見込まれます。
  • 同時期、企業のビデオ カンファレンスのトラフィック量は 10 倍になると予測され、2009から2014 年の CAGR は 57 % と、ビジネス IP トラフィック全体のほぼ 3 倍の速さで増加すると見られています。
  • サブカテゴリの中でももっとも急激な成長が見込まれるのは Web ベースのビデオ カンファレンシングであり、2009 年から 2014 年にかけて 180 倍に増えると予測されます(2009〜2014 年の CAGR は 183 %)。

モバイル ブロードバンド

  • 2009 年から2014 年にかけて、世界のモバイル データ トラフィックは 39 倍になると予測されます。
  • 世界のモバイル データ トラフィック量は、2014 年には 3.5 エクサバイト/月(年間ランレート 42 エクサバイト以上)に達する見込みです。

消費者対企業

  • コンシューマ IP トラフィックは、企業のトラフィックに比べて速いペースで増加すると見込まれます。
    • 2009 年には、世界の月間 IP トラフィック量全体の 79 %をコンシューマ IP トラフィックが、21 % をビジネス IP トラフィックが占めていました。
    • 2014 年には、世界の月間 IP トラフィック量全体の 87 % をコンシューマ IP トラフィック(Web サーフィン、インスタント メッセージング、ユーザ作成のビデオなど)が、13 % をビジネス IP トラフィック(E メール、音声、インターネット、HD、Web ベースのビデオ カンファレンスなど)が占めるようになると予測されます。

ネットワークの高速化による IP トラフィックの増加:2000 年と 2010 年の比較

  • 世界の家庭用インターネット接続の平均ダウンロード速度はわずか 10 年で 35 倍になり、その結果、インターネットの利用が劇的に増加しました。
  • 2000 年、世界の家庭用インターネット接続の平均ダウンロード速度は 127 キロビット/秒(Kbps)でした。それが2010 年の現在では 4.4 メガビット/秒(Mbps)となっています。

ネットワーク ダウンロードの進化

オンライン アクティビティ

2000 年ダウンロード時間

2010 年ダウンロード時間

DVD 画質の映画のダウンロード(4 GB)

3 日

2 時間

MP3 オーディオ ファイルのダウンロード(3 MB)

3 分

5 秒

メール添付ファイルのダウンロード(1 MB)

1 分

2 秒

Cisco VNI Forecast ウィジェット

メディア/アナリスト/ブロガーの皆様:シスコの双方向型 VNI Forecast ウィジェットを使って、地域、アプリケーション、エンドユーザ別の予測をお好みのチャートやビューでご覧いただけます。VNI Forecast ウィジェットはこちらからダウンロードしていただけます。

コメント

  • シスコ サービスプロバイダー グループ担当シニア バイスプレジデント兼ジェネラル マネージャ、パンカジ・パテル
    「家庭、企業、モバイルの消費者により、各種ネットワークおよびデバイスでの最新のビデオ サービスが求められる中、サービスプロバイダーは帯域幅と拡張性の要件の拡大という課題に直面しています。IP ネットワークは、こういった多様なトラフィックの増加をサポートできるだけのインテリジェンスと柔軟性を備えている必要があります。今回の Cisco VNI Forecast の結果から、世界の人々の日常生活におけるビデオの重要性が見えてきます。さらには、2014 年にはインターネットの規模が 4 倍になり、オンライン ビデオ ユーザが 10 億を超えると見られる中、同調査結果はそれをサポートするためのネットワークのさらなる整備の必要性を示唆するものとなっています」

関連リンク

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、2010年6月2日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Annual Cisco Visual Networking Index Forecast Projects Global IP Traffic to Increase More Than Fourfold by 2014

お問い合わせ