日本版 ニュースリリース

シスコとEMCが、VMwareと共に大規模な仮想化とプライベートクラウド基盤の普及促進を狙いとした連合を設立


シスコとEMCが、VMwareと共に大規模な仮想化とプライベートクラウド基盤の普及促進を狙いとした連合を設立

これまでにない新しい連合組織を通して、ビジネスに対応したIT基盤ユニットと、設計、サービス、サポートの一元窓口を提供、さらにシスコとEMCが顧客導入を支援するソリューション合弁企業を設立

2009年11月4日

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)とEMC(本社:米国マサチューセッツ州ホプキントン、NYSE: EMC、以下EMC)、ならびにVMware(本社:米国カリフォルニア州パロアルト、NYSE: VMW、以下VMware)は本日、情報技術(IT)業界の大手3社が協力するまったく新しい連合組織「Virtual Computing Environment (バーチャル コンピューティング エンバイロメント:仮想コンピューティング環境)」の設立を発表しました。同連合は、大規模なデータセンター仮想化とプライベートクラウド基盤への移行を実現することにより、IT基盤の柔軟性を強化し、IT、エネルギー、不動産関連のコストを削減することで、お客様のビジネスの俊敏性の向上を支援することを目的に設立されました。

シスコ、EMC、VMwareの3社は、昨年1年を通して、未来の企業向けIT基盤、すなわちプライベートクラウド コンピューティングにおける共通のビジョンの達成に向けて緊密に協力してきました。プライベートクラウドとは、1つの組織ごとに求められる安全な管理や運用を提供する仮想化ITインフラストラクチャであり、自社のITインフラストラクチャと外部のITインフラストラクチャのどちらか一方、もしくはそれらを混在環境での利用を可能にします。そのインフラストラクチャの管理は、自社でも第3者機関でも可能です。プライベートクラウド コンピューティングは、大幅なコスト削減を実現するとともに、今日のデータセンターの管理とセキュリティを、ビジネス革新に必要な俊敏性とともに提供します。

McKinsey and Companyの試算によれば、データセンター技術基盤とサービスに対する年間支出額は全世界で3,500億ドルを超え1 、その内訳は資本コスト(製品)と運用コスト(サービスと労働力)が半分ずつとなっています。さらに、それらのコストの約70パーセント2 もしくはそれ以上が既存の基盤に対する保守に当てられており、企業の画期的な差別化を可能にする新しいテクノロジー構想やアプリケーションの導入に回されるのは30パーセントに満たないのが現状です。また、2015年までに、市場規模の20パーセントに当たる約850億ドル3 がデータセンターの仮想化やプライベートクラウド技術に充当される可能性があると試算されています。

Virtual Computing Environment連合は、あらゆる規模の組織にデータセンター変革を促すアプローチを提案し、資本コストと運用コストの両方を大幅に削減する劇的な効率化を実現します。その結果、組織は、ベスト オブ ブリードのテクノロジーと、ベンダーによる徹底したアカウンタビリティ(説明責任)のいずれか一方の選択を迫られることはなくなります。

「Vblock™ Infrastructure Package (ヴィブロック・インフラストラクチャ・パッケージ)」の発表に伴い、Virtual Computing Environment連合では、プライベート クラウドに関するIT戦略の合理化・最適化に向けたより優れたアプローチをお客様に提供していきます。Vblock Infrastructure Packageは、テスト・検証済みで、即座の使用と拡張が可能な完全統合型の基盤パッケージであり、シスコ、EMC、VMwareの3社が提供する仮想化、ネットワーク、コンピューティング、ストレージ、セキュリティ、マネジメントに関するクラス最高のテクノロジーと、ベンダーによる徹底したアカウンタビリティを同時に提供します。

Virtual Computing Environmentでは、システムインテグレータ、サービスプロバイダー、チャネルパートナー、独立系ソフトウェア会社(ISV)からなる世界的なコミュニティを構築することにより、Vblockシステムの顧客導入の拡大を図っていく構えです。さらに同連合では、顧客エンゲージメントの簡素化に向けて、プレセールス、プロフェッショナル サービス、サポート機能の一元化を行いました。

Virtual Computing Environment連合の発表に伴い、シスコとEMCはAcadiaの設立についても明らかにしました。Acadiaは、サービスプロバイダーや大企業のお客様を総合的に支援することにより、プライベートクラウド基盤の構築を促進することを目指す合弁会社です。Vblockアーキテクチャを提供し、人材、プロセス、テクノロジー面でのサポートを行うAcadia独自の「構築・運用・移管」モデルにより、IT基盤を仮想化してプライベートクラウド環境に移行したいと望まれるお客様に、さらなる選択肢と柔軟性、コスト優位性を提供します。Acadiaの主要投資企業はシスコとEMCの2社ですが、2010年の機能拡張計画にはVMwareとIntelも資金提供を行っています。Vblockアーキテクチャは、Intel Xeon® プロセッサや、Intelが提供する他のデータセンター技術に大きく依存していることから、Intelはサーバ、ストレージ、ネットワークなどに対する同社の最新技術の顧客導入促進を狙いとして、Acadia事業に少数株主として参加する予定です。

発表の詳細

  1. 最初の提供製品:Vblock Infrastructure Package
    • Virtual Computing Environment連合は本日、お客様のリスク、複雑さを最小化するだけではなく、収益を得るまでの道のりを最短化し、IT基盤の仮想化を促進する「Vblock Infrastructure Package」を発表しました。
    • Vblock Infrastructure Packageは、シスコ、EMC、VMwareの3社の技術を結集した統合型のIT基盤からなる検証済みのプラットフォームであり、今日のもっとも要求の厳しい場面で総所有コストを大幅に削減し、大規模な仮想化を可能にします。
    • Vblock Infrastructure Packageは、今日の一体構造のITシステムとは大きく差別化されており、購入後にコンピューティング機能やストレージ機能を追加することで、簡単に拡張することができます。
    • システムインテグレータ、サービスプロバイダー、チャネルパートナー、ISVが相互に協力することで、Vblock Infrastructure Packageの強化が可能になります。
    • 先行的に実施されたVblock Infrastructure Packageのカスタマー トライアルでは、データセンター基盤の運用・管理コストが最大で40パーセント削減されました。
    • Virtual Computing Environment連合では、以下のVblock Infrastructure Packageファミリを提供しています。
      • Vblock 2は最大3,000〜6,000台の仮想マシンをサポートするハイエンド向けの構成をとり、大企業やサービスプロバイダーの厳しいITニーズに応じた拡張が可能です。「ゼロから取り組む」大規模な仮想化に適しており、シスコのUnified Computing System(UCS)、Nexus 1000v、マルチレイヤ ディレクショナル スイッチ(MDS)、EMCのSymmetrix V-Maxストレージ(RSAのセキュリティ機能搭載)、VMware vSphereプラットフォームが採用されています。
      • Vblock 1は800〜最大3,000台の仮想マシンをサポートする中規模向けの構成をとり、あらゆる規模の組織に幅広いIT機能を提供します。統合や最適化に適しており、シスコのUCS、Nexus 1000v、MDS、EMCのCLARiXストレージ(RSAのセキュリティ機能搭載)、VMware vSphereプラットフォームを活用した再現可能なモデルで構成されています。
      • Vblock 0は2010年に販売開始予定で、300〜最大800台の仮想マシンをサポートするエントリーレベルの構成をとり、中規模企業、ならびに小規模のデータセンターや組織に、初めてプライベートクラウドのメリットをもたらすと同時に、チャネルパートナー、システムインテグレータ、サービスプロバイダー、ISV、顧客企業のテストや開発をサポートします。シスコのUCSとNexus 1000v、EMCのUnified Storage(RSAのセキュリティ機能搭載)、VMware vSphereプラットフォームを活用した再現可能なモデルで構成されています。

    また、EMCは同時に、Vblock用の統合型エレメント管理ツールである「Ionix TM Unified Infrastructure Manager」を発表しました。統合管理は、お客様の運用コストの削減を促進する上で重要な要素です。Ionix Unified Infrastructure Managerは、幅広い企業管理コンソールをサポートするエレメント管理ツールとなっています。

    「RSA enVision」を含むEMCのRSAセキュリティ製品をベースとした包括的なセキュリティ フレームワークは、Vblock Infrasutructure Packageで検証済みです。RSAセキュリティ ソリューションは、Vblockアーキテクチャ上のレイヤとして、セキュリティ ポリシー管理機能と3つのレベルのセキュリティ機能(ID、情報、インフラストラクチャ)を提供します。Vblockでは、お客様が現在ご利用中のセキュリティ制御機能を仮想基盤でもご利用いただけるため、すでにインストールされているセキュリティ ソフトウェアを交換する必要がありません。

    • 共有サービス、アプリケーション、垂直業界向けソリューションという3つの分野で企業のニーズに応えるため、今後さらにVblock Infrastructure Packageの開発が進められる予定です。たとえば、Vblockソリューションの「Virtual Desktop Infrastructure」は、企業アプリケーションやユーザのプロビジョニング、拡張、バックエンド管理を行うVblock上の機能を強化します。リスクを軽減した安全性の高いソリューションを提供するため、Vblockは「ISO 27001」の認証取得を予定しています。
    • Vblock Infrastructure Packageは、認定資格を持つシステムインテグレータとチャネルパートナーにより、今四半期から直接販売が開始される予定です。EMC、シスコ、VMwareのコンポーネントは、各社または認定パートナーから直接購入することができます。
  2. プレセールス、プロフェッショナル サービス、サポートの統合
    Virtual Computing Environment連合は、専用のプレセールス、プロフェッショナル サービス、一元的サポートにいたる顧客エンゲージメントを統合することにより、お客様およびパートナーの皆様にシームレスでエンドツーエンドのエクスペリエンスを提供します。
    • Virtual Computing Environmentのソリューション サポート チームは、企業横断的なプレセールス チームです。Vblockアーキテクチャのあらゆる要素、販売リソースについて十分なトレーニングを受けており、お客様およびパートナーの皆様とご相談しながら、サービスの提供を円滑に進めます。
    • Virtual Computing Environment連合が共同で開発し、提供するプロフェッショナル サービスは、いかに価値を最大化し、問題解決の時間を短縮するかをお客様にご理解いただくためのサービスです。具体的には、「Cloud-based Business Advisory Service(クラウドベース ビジネス アドバイザリー サービス)」、「Private Cloud Strategic Impact Advisory Service(プライベートクラウド戦略的インパクト アドバイザリー サービス)」、「Private Cloud Architecture Impact Advisory Service(プライベートクラウド アーキテクチャ インパクト アドバイザリー サービス)」、「Virtual Desktop Advisory Service(仮想デスクトップ アドバイザリー サービス)」、「Cloud Computing Strategy Service(クラウド コンピューティング戦略サービス)」、「Vblock Design and Implementation Service (Vblock設計・導入サービス)」などがあります。
    • Virtual Computing Environmentでは、シームレスなサポートにより、仮想化とプライベートクラウド ソリューションを対象に比類のないテクニカルサポートを提供し、問題を迅速に解決します。VCE連合3社はまた、専門性の高いクロストレーニングならびに共同の問題再現ラボへの投資を行うほか、総合的なプロセスやベストプラクティスを一元的なアカウンタビリティと共に提供する予定です。
  3. ソリューション合弁会社「Acadia」と投資
    Virtual Computing Environment連合は本日、シスコとEMCのソリューション合弁会社「Acadia」について発表しました。Acadiaは、仮想化やプライベートクラウド コンピューティングの普及を促進しながら、同時に運用コストを削減したいと考える組織向けに、Vblock基盤の構築・運用・移管を行います。顧客活動の開始は2010年第1四半期(暦年)の予定です。
    • Acadiaは、シスコ、EMC、VMwareのテクノロジーを取り入れたVblockアーキテクチャに基づき、お客様ならびにサービスプロバイダーなどのパートナー様に対して、Vblock Infrastructure Packageの構築・運用と、お客様またはそのパートナー様への運用移管を行うためのトレーニングと支援を行います。
    • Acadiaの主要投資企業はシスコとEMCの2社ですが、2010年のグローバル機能拡張計画にはVMwareとIntelも資金提供を行っています。

    「業界をリードするデータセンター構成要素をEMCとシスコが提供するサーバ・ストレージ ソリューションに提供できたことを光栄に思っています。また、同様にVirtual Computing Environment連合を支援することにより、両社との関係を強化できればと考えています。Acadiaに投資することによって、Intelの最新技術を活用したいと望まれるお客様に、導入にあたってひとつの選択肢を提供できると思います」と、Intelデータセンター グループ担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ、カーク・スコーゲン氏は述べています。

  4. Vblockパートナー エコシステム
    Virtual Computing Environment連合は、強力なパートナー体制が確立しており、その中には、システムインテグレータ、付加価値リセラー、サービスプロバイダー、独立系ソフトウェアベンダーからなるパートナー エコシステムの代表が含まれます。発表時点において、Accenture、CapGemini、CSC、Lockheed Martin、Tata Consulting Services、Wiproの6社がパートナーとして参加しています。

    • すべてのパートナーが一丸となり、Vblockソリューションの強化、販売、提供を行い、あらゆる規模の組織の仮想化およびプライベートクラウドの普及促進を支援します。
    • Vblockパートナー エコシステムは、システムインテグレータやチャネルパートナーに、プライベートクラウド基盤のビジネス上および技術上の問題解決の入り口を提供します。エコシステムに参加しているシステムインテグレータおよびチャネルパートナーのコメントは、こちらをご覧ください。
    • Vblock Infrastructure Packageは、幅広いオペレーティング システムやアプリケーションをサポートしているため、パートナー様やお客様は、既存のアプリケーションをVblockに簡単に移行することが可能です。そのため、大規模な仮想化を迅速に行い、短期間で成果を上げることができます。

Vblockパートナー エコシステムのメンバーのコメントはこちらからご覧いただけます。

「本日の発表は、お客様がデータセンターにおいて直面する最大の課題とチャンスに対応したものです。このたび設立された連合は、単なるテクノロジーやパートナーシップ以上のものであり、単体の製品を提供するのではなく、ネットワークをベースとしたアーキテクチャ面からのアプローチによって仮想リソースを最適化することにより、お客様の総コストを削減しながら、利用率や消費電力、情報のセキュリティを向上させるという、データセンターに対するまったく新しいユニークなアプローチを提案するものです」と、シスコの会長兼最高経営責任者、ジョン チェンバーズは述べています。

EMC会長兼最高経営責任者、ジョー・トゥッチは次のように述べています。「シスコとEMCならびにVMwareは、お客様を支援するかつてない協力体制に取り組もうとしています。お客様は、差別化された競争力を獲得するため、より多くのIT予算を新しいテクノロジーの開発および迅速な導入に当てる必要に迫られています。お客様の多くは、プライベートクラウドの大きな可能性に気づいています。Virtual Computing Environment連合は、共通のロードマップと長期的な取り組みにより、真のアカウンタビリティとともに、お客様が期待され、お客様を成功へと導くベスト オブ ブリード テクノロジーを提供します。」

「お客様は、既設のITシステムのパフォーマンスと柔軟性を劇的に向上させる手段として、仮想化にますます注目するようになっています。本日の発表は、システムを中断させないより実用的な方法でクラウド コンピューティングを活用したいと考える、あらゆる企業の皆様に、魅力あるビジョンと価値あるロードマップを提案するものです」と、VMware社長兼最高経営責任者、ポール・マリッツは述べています。

Virtual Computing Environment連合に関するジョン・チェンバーズ、ジョー・トゥッチ、ポール・マリッツのインタビューは、こちらをご覧ください。

お客様のコメント

「パデュー大学は研究大学であるため、強力な演算機能、大容量ストレージ、高速ネットワーキング ファブリックを必要とする、高性能なコンピューティング環境がITの主なニーズとなっています。Vblockソリューションはこれらの要素を、導入が簡単なテスト済み・統合済みの単一のソリューションで提供してくれます。VMware、シスコ、EMCは、この問題に対処してくれる理想的なパートナーです。なぜなら、3社は相互に補完的なツール群を提供し、長年優れた製品を市場に提供してきた実績があります。首尾一貫していて体系的に連携のとれたこれらのソリューションは、パデュー大学のような環境にとっては朗報だといえます」と、パデュー大学CTO、スティーブン・タリー氏は述べています。

Virtual Computing Environment連合に関するパデュー大学スティーブン・タリー氏のインタビューは、こちらをご覧ください。

ウェブキャスト

シスコの会長兼最高経営責任者、ジョン チェンバーズと、EMC Corpの会長兼プレジデント兼最高経営責任者、ジョー・トゥッチ、VMwareの社長兼最高経営責任者、ポール・マリッツが、Virtual Computing Environment連合について語り、大規模な仮想化とプライベートクラウド基盤への移行が同連合によっていかに簡素化・促進されるかを語っています。
URL:http://event.ciscowebseminars.com/clients/cisco/coalition

Twitter(以下は英語となります)

EMCとシスコがTwitterコミュニティの質問に答えます。
@CiscoSystems(www.twitter.com/ciscosystems) または @EMC Corp(www.twitter.com/emccorp)まで質問を投稿してください。

補足資料(以下のサイトはすべて英語となります)

シスコ

EMC

VMware

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

EMCジャパン株式会社について

EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
http://japan.emc.com/

VMwareについて

ヴイエムウェア(本社:カリフォルニア州パロアルト) は、あらゆる規模の企業を活性化する、ビジネスインフラの仮想化をIT部門へ提供いたします。業界をリードする仮想化ソリューション・プラットフォームであるVMware vSphere™を導入することで、お客様は設備投資や運営経費の削減、俊敏性の向上、ビジネス継続性の確保、およびセキュリティの強化を、環境への貢献を行いながら実現することができます。2008 年度に19 億ドルの売上、15万社を超えるお客様、および2 万2 千社を超えるパートナを持つヴイエムウェアは、最も急速な成長を遂げているソフトウェア企業のひとつであり、企業のCIOによって常に「最優先」と位置付けられている企業です。ヴイエムウェアの詳細は www.vmware.com/jp にてご覧いただけます。

注1:McKinsey & Company社の試算によれば、企業やその他の組織が技術基盤やサービスに投じる額は全世界で年間3,500億ドルを超え、その内訳は資本コスト(製品)と運用コスト(サービスと労働力)が半分ずつとなっています。
注2:「VMware Fortune 1000顧客調査」
注3:シスコの社内予測

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
** EMC、Symmetrix、CLARiX、IonixおよびV-Maxは、米国およびその他の国におけるEMC Corporationの登録商標または商標です。RSAは、RSA Security Inc.の登録商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。他のすべての名称ならびに製品についての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
*** VMware、VMwareロゴは、VMware,Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての社名および製品名はそれぞれの企業の商標もしくは登録商標です。
****当資料は、2009年11月3日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。
Cisco and EMC, Together with VMware, form Coalition to Accelerate Pervasive Data Center Virtualization and Private Cloud Infrastructures

お問い合わせ