日本版 ニュースリリース

「ボーダレス ネットワーク時代」の到来を告げるシスコの次世代サービス統合型ルータ


「ボーダレス ネットワーク時代」の到来を告げるシスコの次世代サービス統合型ルータ

ビデオ、モビリティ、セキュリティなどのサービスの導入を支援し、大幅なコスト削減を可能にする、シスコの第2世代サービス統合型ルータ

2009年10月21日

シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、労働力の分散化・コラボレーション化がますます進む中で、日々進化するITのニーズに応えるため、いつでも、どこでも、誰にでも、どのようなデバイスに対しても、アプリケーションやサービスをシームレスかつ安全・確実に提供できるようにすることを狙いとした「Cisco Borderless Networks Architecture(シスコ ボーダレス ネットワーク アーキテクチャ)」ならびに、サービス統合型ルータの第2世代となる「Cisco ISR G2」を発表しました。

Cisco ISR G2を導入することで、企業やサービスプロバイダーは、ネットワークを利用したオンデマンド型のビジネス サービス(ビデオやコラボレーティブ アプリケーションなど)をブランチ オフィス(支社・支店)で簡単に提供したり、拡張できるようになります。Cisco ISR G2は、シスコ ボーダレス ネットワーク アーキテクチャの本質的な要素のひとつとして機能し、シスコのルーティング、スイッチング、ワイヤレス、セキュリティなどのテクノロジーを密接に統合されたネットワーキング インフラストラクチャに統合することにより、ビデオやコラボレーティブ アプリケーションなど、ネットワークを利用したサービスの利用の増加に効率的に対応し、それらを全社的に提供できるようにします。ボーダレス ネットワークを導入することで、IT管理者はネットワークの管理・拡張・統制・保護をより簡単に行うことができるほか、ユーザ、デバイス、アプリケーション、ビジネスプロセス間の連携を強化することが可能となります。

概要

Cisco ISR G2ポートフォリオは、シスコが25年にわたり培ってきたルーティング技術をもとに開発されています。2004年の発表以来700万台以上を売り上げ、業界で最も広く導入されてきた一世代前の製品である「Cisco ISRシリーズ」の5倍のパフォーマンスを発揮します。

  • ビジネス ビデオ:ビジネス ビデオの導入率は、2012年までに77.6パーセントにまで高まると予測されており(Cisco VNI調査)、実際にビデオはビジネスの刷新や顧客サービスの充実に重要な役割を果たしていることから、Cisco ISR G2のビデオ対応アーキテクチャと新しいビデオ デジタル信号プロセッサは、「ボーダレス ネットワーク」体験に不可欠なメディアネット機能を提供する上で、重要なカギを握ることになるでしょう。
  • サービスの仮想化と「オンデマンド」型のサービス提供:ボーダレス ネットワーク ソリューションは、ハードウェアとソフトウェアを切り離すことにより、仮想サービスの導入や管理をリモートで行えるようにします。Cisco ISR G2は、画期的な「Services Ready Engine(サービス レディ エンジン)」の採用により、企業はブランチへのサービスの導入を動的に行うことができ、費用のかかるオンサイト サポートも不要になります。Cisco ISR G2のサービス モジュールは、最大1TBの内蔵型ストレージを備え、ビデオ サーベイランスの導入に役立つほか、以前のネットワーク モジュールの最大7倍のパフォーマンスを発揮することができます。
  • 運用コストの削減:シスコ ボーダレス ネットワーク アーキテクチャは、各種プラットフォームに「Cisco EnergyWise(シスコ エナジーワイズ)」を実装し、可視性を高め、ポリシーベースの制御機能を提供することにより、消費電力や電力コストの効果的な管理を可能にします。Cisco ISR G2は、Cisco EnergyWiseに対応した新しい統合型スイッチ モジュール ファミリとスロット単位の電力制御機能を提供することにより、この機能をブランチ オフィスでも利用できるようにしましました。
  • ボーダレス体験:シスコ ボーダレス ネットワーク アーキテクチャは、場所、デバイス、アプリケーション間の境界をなくします。多くのアプリケーションやサービスが企業の枠を超えて提供され、消費されるようになればなるほど、新しいアプローチが求められます。Cisco ISR G2は、構内設置型の最先端サービスの提供を可能にするとともに、ユーザやアプリケーションの場所に関係なく、モビリティ、セキュリティ、パフォーマンスをユーザに提供します。

製品の特長

Cisco ISR G2は、仮想オフィスから、セキュア モビリティ、カスタマイズ可能なアプリケーション、セキュア コラボレーション、さらにはCisco TelePresence(シスコ テレプレゼンス)やビデオ ストリーミング、デジタル サイネージといったスケーラブルなリッチメディア サービスにいたる幅広い同時サービスおよびアプリケーションを安全かつ低コストで提供できるようにすることを狙いとした、ルータ製品のフルポートフォリオです。

  • Cisco 3900シリーズ サービス統合型ルータ:Cisco ISR G2ポートフォリオのフラッグシップ製品となる本製品は、ハイアベイラビリティ、投資保護、パフォーマンス、スケーラビリティを提供するとともに、セキュリティ、スイッチング、ユニファイド コミュニケーション、ビデオ、ワイヤレス、WAN最適化、アプリケーションなど、市場トップクラスのサービスをインテリジェントに統合することで、圧倒的な総所有コストの削減を可能にし、優れたネットワークの機動性を提供します。
  • Cisco 2900シリーズ サービス統合型ルータ:Cisco ISR G2ポートフォリオのミッドレンジ製品となる本製品は、セキュリティ、スイッチング、ユニファイド コミュニケーション、ビデオ、ワイヤレス、アプリケーションなど、市場トップクラスのサービスを提供することで、優れた価値を提供するとともに、コスト効果の高い、業界トップクラスの投資保護を可能にします。
  • Cisco 1900シリーズ サービス統合型ルータ:Cisco 1900シリーズは、コンパクトなモジュラ型ルータで、802.11nに対応した新しい無線LAN機能を含む幅広い接続オプションに加え、セキュリティ、スイッチング、ワイヤレスなど、市場トップクラスのサービスをデスクトップサイズで提供します。
  • Cisco IOS™ リリース15:Cisco ISR G2ポートフォリオは、出荷時に「Cisco IOSリリース15.0(1)M」が付属します。Cisco IOSリリース15.0(1)Mは、高度なセキュリティ機能、音声通信機能、管理性、IPサービスを提供することにより、一貫したユーザ体験と運用効率向上を可能にするソフトウェアの最新版です。単一の「ユニバーサル イメージ」とライセンス方式のアクティベーションによって、操作や機能の選択を簡単に行うことができ、ソフトウェア管理が簡単なため、ボーダレス ネットワークのサービスを迅速に導入することができます。また、ソフトウェアの体験版もご用意しています。
  • カスタマー トレーニング:お客様にサービス統合型ルータの新しいメディアネット機能を十分にご活用いただくため、Learning@Ciscoでは、シスコのビデオおよびコラボレーション テクノロジーをご利用のITプロフェッショナルの皆様のために、スキル向上のための新しいサービスを投入します。2010年1月にスタートする新しい資格やトレーニングによって、ビデオやメディアネット ソリューションの設計・導入・設定を支援します。
  • Cisco ASR 1002-Fルータ:シスコはさらに、アグリゲーション サービス ルータの新しいプラットフォーム「Cisco ASR 1002-F」を投入し、小規模向けの高セキュアなWANアグリゲーションと、ボーダレス ネットワーク ソリューション向けのプライベートWANおよびインターネット エッジを提供します。新しいCisco ASR 1002-Fルータは、Cisco ASR 1000シリーズの固定構成版です。

コメント

  • シスコ ワイヤレス・セキュリティ・ルーティング テクノロジー グループ担当シニア バイスプレジデント、ブレット・ギャロウェイ
    「ネットワーキングは常にシスコのビジネスの中核を成してきました。ネットワーキング分野における卓越性と革新性にかけて長年の歴史を誇るシスコは、ビデオ、コラボレーション、仮想化、モビリティなどを実現する新しいテクノロジーを含めた新しい機能をお客様に提供しつづけています。シスコのCisco ISR G2ルータ製品ラインによって、お客様はこうした重要なビジネス トレンド、テクノロジー トレンドをよりいっそう活かすことができるようになります。シスコのコア ネットワーキング ビジネスは依然として、当社はもちろん、お客様にとっても、戦略的かつ重要性の極めて高いビジネスです」
  • シスコ アクセス ルーティング グループ担当シニア バイスプレジデント、リチャード・パルマー
    「シスコが長年にわたり培ってきたブランチオフィス技術をもとに開発された、シスコの第2世代サービス統合型ルータは、サービスの仮想化、新しいビデオ対応機能、運用の効率性を提供することにより、ボーダレスなネットワーク体験を実現します。リッチメディア サービスによって、時差やデバイスの違いを超えた、ハイパフォーマンスかつセキュアなコラボレーションが実現することで、企業は変化するニーズに対応し、従業員の生産性を向上させることができるようになります」
  • Verizon社グローバル マネージド ソリューション担当バイスプレジデント、マイク・マーセリン
    「企業がビジネスの成長を考えるとき、多くの企業は、ビデオなど、IPを利用した新しい機能を自社のあらゆる拠点に提供できるようにしようと力を注ぎます。Cisco ISR G2は、分散化の進む今日の企業、特に新しいアプリケーションを使って集客力やブランド ロイヤルティを確立しようとしている小売業者のニーズに対応した、多機能型の機能を提供するものです。Verizon Business社は、シスコと緊密に協力してきた長年の実績をもとに、この新しいプラットフォームのマネージド版として、継続的なサポートと管理を集中させたサービスの提供を予定しています。シスコの世界的な次世代サービス統合型ルータの機能とVerizon社のマネージド サービスに関する幅広い知識を結集することにより、ロータッチ型のオールインワン ソリューションをご利用いただけるようになります」
  • inVentiv Health社ネットワーク オペレーション担当バイスプレジデント、ショーン・バーク
    「新しいCisco ISR G2シリーズは、ビデオに対応したサービスや音声通信サービスを統合し、堅牢なセキュリティ機能を備えるほか、Services Ready Engineを使って新しい機能を必要に応じて簡単に導入することのできる、大きな飛躍となる製品です。inVentiv社では、Cisco ISRの導入によって、世界各地の従業員やお客様が音声、データ、ビデオ機能を利用したコラボレーションを行えるようになったほか、Cisco WAASの導入によって、高品位ビデオや大容量データ転送、その他のコラボレーション アプリケーションのアプリケーション配布スピードが大幅に短縮されました。さらにCisco ISR G2 EtherSwitchモジュールに実装されているCisco EnergyWiseが加われば、電力コストの大幅な削減も可能になると思います」

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、米国シスコより10月20日に発表されたリリースの抄訳に日本独自の情報を加筆したものです。
Cisco Ushers in Borderless Networks Era With Next Generation of the Integrated Services Router

お問い合わせ