日本版 ニュースリリース

シスコ、TANDBERG社の買収案を提示


シスコ、TANDBERG社の買収案を提示

TANDBERG社の買収により、シスコのコラボレーション製品の拡充と、 グローバルビジネスの変革を目指す顧客への支援が可能に

2009年10月2日

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は本日、TANDBERG社(OSLO: TAA.OL)の買収に向けて、シスコが現金による任意公開買付けを行うことで最終合意に至ったことを発表しました。ノルウェー・オスロとニューヨークを拠点とするTANDBERG社は、ビデオ通信分野の世界的リーダーとして、企業およびマルチベンダー間の相互運用性を実現した世界クラスのビデオ エンドポイント ソリューションやネットワーク インフラストラクチャ ソリューションを幅広く提供する企業です。今回の買収提案により、シスコは自社のコラボレーション製品を拡充し、より多くのお客様により多くのソリューションを提供することができるようになり、世界的な市場導入のさらなる促進を目指します。

契約条件に基づき、シスコはTANDBERG社の全発行済み株式取得に向けて、現金による株式公開買付けを開始する予定です。買収価格は1株当たり153.5ノルウェークローネで、買収総額は約30億ドルとなります。これは、TANDBERG社株の前日の終値に11.0パーセントのプレミアムを上乗せした金額、また、TANDBERG社株の3カ月間の加重平均価格に25.2パーセントのプレミアムを上乗せした金額に相当します。TANDBERG社の取締役会は、この提案の受け入れを全会一致で推奨しました。

買収は、2010年暦年上半期中に完了する見込みですが、最終的な完了日は、米国およびその他の地域における規制当局の審査を含む、通例の完了条件に基づいて決定されます。シスコは、今回の買収により、2011年会計年度におけるプロフォーマベースの利益が増加するものと予測しています。

ハイライト/キーファクト

  • コラボレーションに対するシスコのビジョンとは、組織内や組織横断的な人々の交流および知識の共有、生産成果達成のあり方を変革することにより、企業における持続可能な新しいレベルの生産性、俊敏性、革新を実現することにあります。
  • TelePresenceおよび高品質ビデオは、使いやすく臨場感あふれる高品質のビデオ環境を提供することにより、ユーザのコミュニケーションのあり方を再定義し、今やコラボレーション市場の一セグメントとして成長しつつあります。
  • TANDBERG社の優れたビデオ エンドポイントおよびネットワーク インフラストラクチャ ソリューションは、シスコが誇る世界クラスのコラボレーション アーキテクチャに統合される予定です。
  • これにより、デスクトップから臨場感あふれるマルチスクリーン対応のTelePresenceにいたるすべての製品で、企業間およびマルチベンダー間の相互運用性と使いやすさを提供できるようになります。このような相互運用性が実現することで、ビデオ コラボレーション分野に対するお客様の関心を全体的に高めることが可能となり、シスコのお客様だけでなく、競合企業やパートナー企業にも利益がもたらされます。
  • シスコは、あらゆる市場セグメントの革新の中心となっている欧州市場への投資を継続しており、ベルギー・コルトレイクの当社サービスプロバイダー ビデオ チームと共に、TANDBERG社のノルウェー事業を欧州における優れたビデオ技術の中心に位置づけ、今後も世界的な成長を推進していく考えです。
  • TANDBERG社の全従業員1,500人とノルウェーおよび英国のイノベーション センターは、シスコのチームが引き続きビデオ技術の革新と成長を推進していく上で、極めて重要な存在となります。
  • 買収手続きが完了した時点で、TANDBERG社CEO、フレデリック・ハルバーセン氏が、シスコ エマージング テクノロジー グループ担当シニア バイスプレジデント、マーティン・デビアの直属として、新しいTelePresenceテクノロジー グループを指揮する予定です。

コメント

  • シスコ会長兼最高経営責任者、ジョン チェンバーズ
  • 「シスコとTANDBERG社は、非常に似通った文化と、コラボレーションやビデオ通信技術を通じて世界の人々の働き方を変革したいという共通のビジョンを持っています。コラボレーションは340億ドル市場となり、急速に成長していますが、それを可能にするのが、ネットワーク化されたWeb 2.0テクノロジーです。今回の買収は、シスコの財務力と重要な市場の変化を素早く捉えて成長することのできる能力を示しているといえるでしょう」

  • TANDBERG社最高経営責任者、フレデリック・ハルバーセン
  • 「シスコとTANDBERG社は、人々のコミュニケーションやコラボレーションのあり方を変えるという共通のビジョンを持っています。今回の提案は、TANDBERG社に対する信を問うものであるだけでなく、当社のテクノロジーや人材に対する信を問うものです。世界クラスのテクノロジー、シスコの世界的スケール、両社の優れた人材を結集することで、革新と市場導入を加速することができるようになると思います」

参考リンク

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

TANDBERG社について

TANDBERG(タンバーグ)は、テレプレゼンス、HD(高精細)ビデオ会議システム、モバイルビデオ会議システムのグローバルリーダーです。TANDBERGのビデオ会議ソリューションは、業界標準のプロトコルに対応しながら、高い安定性や信頼性を備えた高品質な音声・映像・高度な暗号化通信を実現します。大会議室から机上まで、また、1対1から複数拠点までといった様々な環境に対応し、PCや3G携帯などともネットワーク統合が可能なため、お客様にとって最適なユニファイドコミュニケーションを提供します。 TANDBERGはニューヨークおよびノルウェーの2本社制で、世界90ヶ国以上に導入実績があります。またオスロ証券取引所に上場しています。(TAA.OL)TANDBERGに関する詳細はWebサイトhttp://www.tandbergjapan.com/(日本語)をご覧ください。

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**記載されているすべてのTANDBERG製品およびサービス名はTANDBERGの米国及びその他の国における登録商標または商標です。その他全ての商標は、個々の商標権者に帰属します。
***当資料は、米カリフォルニア州サンノゼ、ニューヨーク、ノルウェー・オスロにて9月30日に発表されたリリースの抄訳です。
<Cisco Makes Recommended Offer to Acquire TANDBERG>

将来予想に関する記述

本リリースには、「Private Securities Litigation Reform Act of 1995」で定められた免責条項に該当する将来予想に関する記述が含まれる可能性があります。これらの将来予想に関する記述には、予測される買収の完了と完了時期、買収の完了によりシスコが得ることになると考えられる利益、合併後の企業が関連する市場に与える影響、およびTANDBERGの人事計画が含まれます。これらの将来予想に関する記述はあくまでも予想であり、さまざまな要因により、実際の出来事や業績と大幅に異なる可能性があります。これらの要因としては、十分な応募株券と規制当局からの承認の取得、買収に関する不確実要素がTANDBERGの業務に与えるであろう影響、TANDBERG社員のつなぎとめ、TANDBERGを統合し期待される利益を得るためのシスコの能力、ネットワーキング業界、顧客市場、およびさまざまな地域における事業状況と経済状況ならびに成長トレンド、地政学環境におけるグローバル経済状況と不確実要素、およびシスコの最新のForm 10-K報告書で示されているその他のリスク要因などがあげられます。本リリースに含まれる将来予想に関する記述はシスコが現在入手可能な限られた情報に基づいています。これらは変更される可能性がありますが、その際シスコがかならずしも情報を更新するとはかぎりません。

お問い合わせ