日本版 ニュースリリース

シスコ、最高レベルの IT ネットワーキング認定資格「Cisco Certified Architect」により設計者の水準を向上


シスコ、最高レベルの IT ネットワーキング認定資格「Cisco Certified Architect」により設計者の水準を向上

CCIE の上位の新資格、ネットワーク インフラストラクチャ アーキテクチャにおける革新性の高まりをサポートするための能力と経験を認定

シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、ネットワーク設計者の持つアーキテクチャの専門知識を見極めたいというお客様や市場の強い要望を受けて、シスコ技術者認定(Cisco® Career Certifications)で取得可能な最高レベルの認定資格である「Cisco Certified Architect」を発表しました。

概要/ハイライト

  • シスコユニファイドコミュニケーション、シスコテレプレゼンス、モビリティなどのアドバンストテクノロジーが集約され、イノベーションとコラボレーションの機会が増える一方で、エンタープライズ ネットワークの複雑さが増してきています。
  • IDC によると「既存の認定資格の多くがポイント テクノロジーにフォーカスする中、アーキテクトレベルの認定資格はプロジェクト管理、ビジネスニーズ分析、IT エレメントを真のソリューション フレームワークに統合し、プランニング、設計、相互運用性、接続性の問題に対処するための受検者の能力を認定する」(注1)
  • またGartnerは、2008年に米国で行ったIT市場報酬に関する調査で次のような結果を報告しています。「IT組織が有能なITプロフェッショナルを見つけるのは相変わらず難しく、特にエンタープライズ アーキテクト、ネットワーク アーキテクト、プロジェクト マネージャ、Web アプリケーション プログラマを探すのは容易ではない」(注2)

Cisco Certified Architect

  • 「Cisco Certified Architect」資格は、複雑さを増すグローバル組織のネットワークをサポートし、ビジネス戦略を進化的な技術戦略に効果的に転換するネットワーク設計者のアーキテクチャに関する経験と能力を認定するものです。
  • 最新のテクノロジーを導入するには、それらの革新的なソリューションを使用するためのスキルを持つプロフェッショナルがサポートを行う必要がありますが、その際に重要な役割を果たすのがシスコのチャネルパートナーです。
  • Cisco Certified Architect は難易度の点でエキスパートレベルの CCIE® 認定資格の上位の資格として、ネットワーク インフラストラクチャ アーキテクチャの専門知識とあわせて、ビジネス要件を組み込んだ優れた設計にするためにエグゼクティブレベルのお客様と連携する能力に重きが置かれています。

認定プロセス

  • Cisco Certified Architect は専門委員会による試験として実施されます。
  • 受験者は、一連のビジネス要件に対して、アーキテクチャ ソリューションの提案やアピールを行い、その後、専門委員会が示す追加要件にあわせて、提案を「オンザフライ」で変更するように求められます。
  • 受験条件は、CCDE™ 資格を持っていること、約10年の業界経験があること、出願が受理されていることとなっています。

Learning@Ciscoのジェネラル マネージャ、ジーン・ベルヴューダンは「“Cisco Certified Architect”は、さらに複雑なネットワークをサポートする高度な設計スキルを備え、そして効果的に事業戦略を進化するアーキテクチャ上に実装可能なスペシャリストを求めるグローバル組織の需要に応えるために開発されました。この名誉ある認定資格は、複雑なネットワーク設計をサポート可能なハードスキルと、テクノロジーの価値を明示できるソフト スキルの両方を兼ね揃えた、非常に優れたアーキテクトの一員であることを証明します」と、述べています。

Cisco Certified Architect 認定資格の詳しい情報は、Cisco Certified Architect をご参照ください。

(注1) 出典:IDC, Worldwide and U.S. IT Certification Training and Testing 2008-2012 Forecast, Doc #213828, Aug. 2008.
(注2) 出典:Gartner CIO Alert:Jobs and Skills Topping the Difficult-to- Recruit-For List in the U.S.; Lily Mok and Dianne Berry; October 2008.

シスコ技術者認定について

シスコ技術者認定とは、ネットワーク技術者の知識、スキルレベルを図るシスコシステムズが運営するネットワーク技術の資格です。シスコ技術者認定には、一般的なネットワークエンジニア用のシスコ認定シリーズおよびシスコシステムズ パートナー向けに専門分野を図るスペシャリストの2種があります。

シスコ認定(Cisco Certified Certification、CCXX)シリーズ

今回のアーキテクト追加により、5つのレベル、そして7つの分野にて知識、スキルレベルを図ります。エントリーから、プロフェッショナルは筆記試験、エキスパートは筆記試験とラボ試験(実技試験)、そしてアーキテクトは面接試験も含まれます。

スペシャリスト

シスコ認定シリーズと同じで、7つの分野、基本的に「セールス」「フィールド エンジニア」「セールスエンジニア」など、業務別試験を提供しています。

シスコ技術者認定ロードマップ(2009年7月16日現在)

今回、新たに追加されたのは、Cisco Certified Architect及びCCNP Wirelessとなります。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
** **当資料は、2009年6月29日に米国で発表されたニュースリリースに日本独自の情報を追加したものです。
<Cisco Raises the Bar with Highest-Level IT Networking Certification: Cisco Certified Architect>

お問い合わせ