日本版 ニュースリリース

シスコ、データセンターの仮想化を促進する業界初のUnified Computing Systemを発表


シスコ、データセンターの仮想化を促進する業界初のUnified Computing Systemを発表

サーバ、ネットワーク、ストレージアクセスおよび仮想化を一つのプラットフォームに統合、次世代のデータセンターに向けた新しいパートナーシップを推進

2009年4月7日

シスコシステムズ合同会社(社長 兼 最高経営責任者:エザード・オーバービーク、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)は本日、革新的なデータセンター アーキテクチャであるCisco Unified Computing Systemと、IT業界の各分野をリードする各社から構成されるオープンなエコパートナー システムを発表しました。これにより、シスコは仮想化を有効活用する次世代データセンターにおいてお客様が構築するための支援を強化していきます。

シスコは、データセンター内のサイロ化されたモデルを一つの統合アーキテクチャとして結合することが可能なUnified Computingで仮想化を実現します。シスコの重要なアプローチの一つであるCisco Unified Computing Systemは、業界標準のテクノロジーを使ってサーバ、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化のリソースを一つのシステムとして統合することで、エネルギー効率の向上、ITインフラストラクチャのコストや複雑性の低減、設備資産の耐用年数の延長、および将来に向けたビジネス アジリティの向上を支援します。

本日の発表は、シスコのデータセンター ポートフォリオを拡大するものであり、Data Center 3.0戦略における重要なステップとなります。また、シスコは、お客様がUnified Computing Systemアーキテクチャに速やかに移行できるよう、包括的なUnified Computing サービス を提供するとともに、IT業界の各分野のリーダー各社と連携してオープンなパートナー エコシステムを構築し、Unified Computingアーキテクチャの迅速かつスムーズな採用を支援していきます。

今回の発表の概要は以下のとおりです。

  • Cisco Unified Computing System: Unified Computing Systemは、業界標準をベースとした統合管理を採用し、「Wire Once (配線は最初に一度だけ行い、その後のプロトコル変更はコマンドにより更新)」対応のユニファイド ファブリックと業界標準のコンピューティング プラットフォームを組み合わせる、新しいコンピューティング モデルです。これにより最適な仮想化、データセンターの所有コストの削減、およびダイナミック リソース プロビジョニングによるビジネス アジリティの向上を実現します。
    • 所有コストの削減:設備投資(CAPEX)を最大20%、運用コスト(OPEX)を最大30%削減します。
    • ビジネス アジリティとITの生産性の向上:アプリケーションのプロビジョニングを、数日単位ではなく数分単位で実行できます。また、ITに対するメンテナンスといった作業から、技術革新へと焦点を移すことができます。
    • スケーラビリティを向上:仮想マシンは数千台、物理サーバは1〜320台まで、複雑化することなく一つのシステムとして管理できます。
    • エネルギー効率の向上:電力や冷却のコストを大幅に削減します。
    • 業界標準をベースにしたインフラストラクチャによる相互運用性と投資保護を実現します。
  • 次世代のデータセンターを実現する革新的な設計
    シスコが本日発表したUnified Computing Systemは、データセンター インフラストラクチャの新しい設計アプローチを採用し、サーバ、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を、一つのシステムとして管理できるスケーラブルなモジュラ式のアーキテクチャに統合したものです。Unified Computing Systemは、シスコのデータセンター ポートフォリオの中核になる、新しい製品ファミリの最初の製品です。Unified Computing Systemの主な特長や機能は次のとおりです。
    • サーバ - シスコは、まったく新しいクラスのコンピューティング システムを設計しました。このシステムには、次世代インテル® Xeon®プロセッサー 5500番台を採用したCisco UCS Bシリーズ ブレードが組み込まれています。Cisco UCS Bシリーズ ブレードは、シスコが特許を取得している拡張メモリ テクノロジーで大容量データ・アプリケーションをサポートし、サーバごとにサポートできる仮想マシン数を大幅に増加させます。
    • ネットワーク - Cisco Unified Computing Systemは、10ギガビット・イーサネットの低遅延なユニファイド ファブリックをサポートしています。このネットワーク基盤により、現在は別々のネットワークであるLAN(ローカル エリア ネットワーク)、SAN(ストレージ エリア ネットワーク)、およびHPC(ハイ パフォーマンス コンピューティング) ネットワークを統合できます。この統合によってネットワーク アダプタやスイッチ、ケーブルの数が減少し、電源容量や冷却容量も減るため、コスト削減につながります。
    • 仮想化 - Cisco Unified Computing Systemは、仮想環境のスケーラビリティ、パフォーマンス、および運用コントロールを強化することで、仮想化の可能性を存分に引き出します。シスコのセキュリティ機能、ポリシー適用機能、および診断機能は、ダイナミックな仮想環境にまで拡張され、変化を続けるビジネスやITの要件に効果的に対応します。
    • ストレージ アクセス - Cisco Unified Computing Systemは、SAN(ストレージ エリア ネットワーク)とNAS(ネットワーク接続型ストレージ)へのアクセスを統合します。ユニファイド ファブリックをサポートすることで、イーサネット、Fibre Channel、Fibre Channel over Ethernet、またはiSCSI経由でストレージにアクセスできるため、幅広い選択肢と投資保護をもたらします。さらにITスタッフは、ストレージ リソースへのシステム接続に関するストレージ アクセス ポリシーを事前に割り当て、ストレージの接続や管理を簡素化し、ITの生産性を向上させることができます。
    • 管理機能 - システム内のすべてのコンポーネントはCisco UCS Managerを通じて統合されており、システム全体をひとつのエンティティ(集合体)として管理できます。Cisco UCS ManagerはGUI(グラフィカル ユーザ インターフェイス)、CLI(コマンド ライン インターフェイス)、およびAPI(アプリケーション プログラミング インターフェイス)を採用し、システム構成や操作、すべてを管理します。Cisco UCS Managerにより、ストレージ、ネットワーク、コンピュータ、アプリケーションの各管理者が協力して、アプリケーションのサービス プロファイルを定義できるようになり、IT部門の生産性が向上します。サービス プロファイルは、プロビジョニングの自動化やビジネス アジリティの向上に役立ちます。データセンター管理者はサービス プロファイルを使用することにより、アプリケーションのプロビジョニングを数日単位ではなく数分単位で実行できるようになります。
    • エネルギー効率 - IT部門の管理者は、Cisco Unified Computing Systemを採用することにより、従来のサーバ環境に比べるとケーブルや電源/冷却の要件も減り、データセンターのエネルギー効率を向上させることができます。
  • Cisco Unified Computingサービス
    • シスコは、10年以上にわたるデータセンター分野での実績をもとに、今後新たにUnified Computingサービスを提供していくことで、お客様がCisco Unified Computingアーキテクチャの技術面およびビジネス面のメリットをすべて享受できるよう支援します。
    • シスコのサービス部門の豊富な知的財産と、各分野のリーダーであるサービス パートナー各社との協業により、お客様に統合ソリューションを提供します。
  • オープンなパートナー エコシステム - シスコは、市場をリードする業界各社とオープンなパートナー エコシステムを構築し、市場におけるUnified Computingの実現に貢献していきます。このパートナー エコシステムによりシスコと業界リーダー各社は、お客様がこのIT変革期をうまく乗り越え、最適な仮想化システム、全般的なデータセンター コストの削減、およびビジネス アジリティの向上を実現できるよう支援します。日本でのエコ パートナーについては下記のとおりです(五十音順)。

    アクセンチュア株式会社、EMCジャパン株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、インテル株式会社、ヴイエムウェア株式会社、Emulex Corporation、Q-Logic Corporation、SAPジャパン株式会社、日本オラクル株式会社、日本ユニシス株式会社、ネットアップ株式会社、ネットワンシステムズ株式会社、ノベル株式会社、BMCソフトウェア株式会社、マイクロソフト株式会社、レッドハット株式会社
  • Cisco Unified Computing Systemおよび関連サービスは、2009年第2四半期から提供開始となります。

賛同各社様からのコメント(五十音順):

アクセンチュア株式会社
代表取締役社長 程 近智様
アクセンチュアは、シスコシステムズのUnified Computing System(UCS)導入にあたり、アライアンスパートナーとしてサポートできることを大変嬉しく思います。シスコシステムズと米国で共同設立したAccenture & Cisco Business Group(ACBG)は、シスコシステムズの先進技術と当社の業界、ビジネスプロセスやシステムに関する豊富な専門知識を兼ね備えた強力な専門組織です。当社は米国のACBGと連携してUCSベースのソリューションを核となるビジネスプロセスや既存オペレーション・アーキテクチャへ効果的に導入する支援をし、お客様のハイパフォーマンスを実現するための施策を実行していきます。

EMCジャパン株式会社
代表取締役社長 諸星 俊男様
EMCジャパンは、この度のシスコの「Unified Computing System (UCS)」の発表を心より歓迎致します。シスコとEMCはこれまでもグローバル・パートナーとして、幅広い協業を進めてまいりました。 今後、お客様が「プライベート・クラウド」を実現するうえで、この「UCS」が、必要不可欠なソリューションとなることを確信しています。また、「UCS」とEMCの幅広い製品ソリューションを組み合わせることで、お客様のエンタープライズITインフラストラクチャ環境の簡素化と柔軟性を促進し、さらなるコスト削減に繋げていくことをお約束します。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
代表取締役社長 奥田 陽一様
CTCは、ネットワーク、サーバ、ストレージ、ミドルウェアといったコンピュータリソース全般を網羅する次世代IT基盤や、これらを有効かつ効果的に統合する仮想化ソリューションにいち早く取組み、お客様に最適なコンピューティング環境を提供してまいりました。また、CTCはデータセンター事業者として培ってきた経験とノウハウを活かした各種ITサービスの提供も実施しております。今回発表された「Cisco Unified Computing System」のアーキテクチャと製品が CTCのソリューションポートフォーリオに加わる事により、CTCのコアコンピタンスであるSIビジネス、データセンタービジネス双方において、先進的かつ革新的なマルチベンダー・マルチサービスによる新しいビジネスモデルの創造に大きな影響を与えるものと確信しています。

インテル株式会社
代表取締役社長 吉田 和正様
インテル株式会社は、シスコ システムズのインテル® Xeon®プロセッサー搭載Unified Computing Systemの発表を歓迎します。インテル® Xeon®プロセッサー 5500番台は、高いサーバ性能と優れた仮想化性能を提供するインテルの最新マイクロアーキテクチャーに基づく革新的なサーバ向けプロセッサーです。仮想化を基盤にしたコンピューティングの新しいアーキテクチャ、インテル® Xeon®プロセッサー搭載Unified Computing Systemは、データセンターの構築方法を劇的に変化させ、顧客に様々な利点を提供できると期待しております。インテルは、シスコ システムズと協力して、日本での仮想化されたデータセンターの採用を促進してまいります。

ヴイエムウェア株式会社 
代表取締役社長 三木 泰雄 様
ヴイエムウェアは、このたびのシスコシステムズ合同会社によるUnified Computing Systemのアナウンスを歓迎いたします。シスコとは3年以上の間、VMware VDC-OS(virtual datacenter OS)と intelligent network fabricについて協業しています。シスコの Unified Computing System と、現在開発中のVMware vSphere製品群を含む我々の仮想化技術の融合は、弊社のクラウドベースアーキテクチャの開発に対し、拡張性と高いパフォ ーマンス開発をもたらすことと確信しております。

株式会社NTTデータ
基盤システム事業本部 部長 小林 武博 様
株式会社NTTデータでは、システム基盤構築にかかわる当社の数々のノウハウを基盤構築方法論という観点で蓄積しています。加えて、様々な製品を利用技術という形であらかじめ検証し、「PRORIZE®」としてソリューション化する事で、お客様に高品質なシステムを短期間でご提供する取組みを推進しております。本日発表されたシスコ・ユニファイド・コンピューティングは、PRORIZE®ソリューションに「仮想化・自動化・クラウド化」技術を付加し次世代データセンタ向けソリューションを実現する候補として大変注目しております。 ユニファイド・コンピューティングが、PRORIZE®ソリューションによるシステム開発期間短縮と運用効率化を実現し、お客様システムのTCOを大幅に削減するコアソリューションとなることを期待しております。

Emulex Corporation
最高マーケティング責任者兼ビジネス開発上級副社長 Steve Daheb 様
世界市場で競うための経営効率、変化に対する事業の素早い反応、戦略的な利点を求められるビジネスにおいて、データセンターの運用効率の最大化は最も重要です。ネットワーク統合がデータセンターのコスト、複雑さ、リソースの削減において極めて重要な役割を担うだろうというビジョンをCiscoとEmulexは共有しています。Emulex FCoE CNAとCisco Unified Computing SystemはIT管理者に現在導入可能なネットワーク統合ソリューションを提供します。

Q-Logic Corporation
APJ地区統括マネージングダイレクアター Joseph Sung様
QLogicジャパンは今回のCISCO様の発表を歓迎いたします。QLogicのCNAアダプターはCISCO様のUNIFIED COMPUTING SYSTEMと共に、多くの皆様に非常に強力なニューアーキテクチャと共に、これからのデータセンターのコストの削減、操作性の簡単化及びシステム構築の柔軟性の改善に寄与していくものと信じております。

SAPジャパン株式会社
グローバルSAPコ・イノベーションラボ バイスプレジデント アクセル へニング ザーレック 様
SAPジャパンは、シスコの新ユニファイド・コンピューティング・システムの発表を歓迎します。新ユニファイド・コンピューティング・システム(UCS)は、サーバ、ITサービスおよびSAPのビジネスアプリケーションやサービスの導入・展開・管理を容易にするために設計されています。このシスコのUCSは、コンピューティング、仮想化、及びネットワークリソースが新たなレベルのビジネスの可能性を提供し、コストの改善をもたらすデータセンターの進化の一つの例となるでしょう。シスコが提供する最新のアーキテクチャによって、我々共通のお客様がデータセンターにおける仮想化への包括的なアプローチを実現することを期待しています。

日本オラクル株式会社 
常務執行役員 アライアンス統括本部長 鈴木 登志夫様
日本オラクルはシスコシステムズの「Cisco Unified Computing System」の発表を歓迎いたします。オラクルは仮想化、サーバ集約、管理効率向上のベスト・プラクティスを実現するグリッド技術を提供しています。これらのソリューションと「Cisco Unified Computing System」を組み合わせることで、ITコスト削減に効果的なシステム基盤統合が実現できるものと期待しております。

日本ユニシス株式会社
常務執行役員 ICTサービス本部長 角 泰志様
日本ユニシスグループは、「Cisco Unified Computing System」の発表を歓迎します。日本ユニシスグループは、今まで培ってきたデータセンター事業者としての経験を活かして、お客様との関係強化を図るために最先端のデータセンター技術を活用していきたいと考えます。この先進テクノロジーを早期に適用することで、シスコの新技術と戦略的ビジョンに協調していく所存です。

ネットアップ株式会社
代表取締役社長 タイ マッコーニー様
ネットアップ株式会社は、シスコシステムズ様によるCisco Unified Computing System の発表を歓迎いたします。業界初のFCoE対応を実現したネットアップは、以前よりUnified Storageというコンセプトのもと、主要なストレージプロトコル全てに対応したシングルアーキテクチャのストレージシステムを提供してきました。Unified Computing Systemが標榜するWire Onceのコンセプトは、ネットアップとの親和性も高く、TCO削減・管理性の向上などIT環境におけるお客様の課題解決に大きな役割を果たすことが期待されます。

ネットワンシステムズ株式会社
代表取締役社長 吉野 孝行様
ネットワンシステムズは、ネットワークを中心とした次世代の仮想データセンターソリューションを強く推進しており、この度のシスコシステムズ様の発表を歓迎いたします。「Cisco Unified Computing System」は、コンピュータのバックプレーンをネットワークと同一化しており、仮想化によるメリットをより一層向上させる、柔軟なコンピューティングプラットフォームの構築に効果を発揮することができます。今後、シスコシステムズ様との強力な協業体制の下、「Cisco Unified Computing System」を通じて次世代データセンターを構築することにより、お客様のビジネスの 迅速性とコスト削減に貢献してまいります。

ノベル株式会社
代表取締役 兼 ノベル インコーポレーテット アジアパシフィック担当社長 マーティン コスター様
ノベルはシスコシステムズ様のCisco Unified Computing Systemシリーズの発表を歓迎いたします。ノベルのSUSE Linux Enterpriseは、物理環境・仮想環境を問わず、信頼性・パフォーマンスが高いシステム環境を提供するLinuxプラットフォームです。シスコシステムズ様は長年にわたって弊社の重要なパートナーであり、幅広く弊社のソリューションをサポートしていただいております。その実績により、Cisco Unified Computing SystemとSUSE Linux Enterprise の組み合わせがミッションクリティカルコンピューティングを必要とするお客様に最適なソリューションを提供し続けることを確信しております。

BMCソフトウェア株式会社
米BMCソフトウェア Chairman of the Board兼CEO ロバート・E.ビーチャム様
Ciscoの Unified Computing SystemはITの歴史において画期的な出来事です。これによりお客様が自社の環境をダイナミックに見直し、かつ、ビジネスニーズに基づいて再構成することが可能になります。しかも、単一の統合プラットフォームに基づいて単一コンソールによりすべてを管理することにより、かつては数週間あるいは数か月かかっていた作業が、数分で可能となります。このようなソリューションを提供する企業は今までになく、Ciscoが世の中にもたらすUnified Computing ビジョンに対して、当社がソフトウェアを提供させていただくことに非常に興奮しています。

マイクロソフト株式会社
業務執行役員 サーバープラットフォームビジネス本部 本部長 五十嵐 光喜様
シスコシステムズ合同会社様のUnified Computing Systemの発表、おめでとうございます。マイクロソフトは、ハイパーバイザーからオペレーティングシステム、アプリケーションまでのすべてのレイヤーにおいて、シスコシステムズ様と緊密に連携し、お客様にとって低コストで柔軟性があるアーキテクチャ構築を実現するべく、尽力しております。このたび発表されたUnified Computing Systemは、データセンターの仮想化を革新するアプローチであり、Windows Server 2008 Hyper-Vを基盤とした仮想化システムの導入が加速するものと期待しています。

レッドハット株式会社
代表取締役社長 廣川 裕司様
レッドハットとシスコとは長い間オープンソースコミュニティで協業して参りましたが、本日、日本においてもエンタープライズ向けの次世代ソリューションにおいて協業することになりました。レッドハットの「Red Hat Enterprise Linux」と「仮想化テクノロジー」、シスコの「Unified Computing技術」の組み合わせは、ミッションクリティカル分野、ハイパフォーマンスコンピューティング分野、クラウドコンピューティング環境において、急速的な顧客導入の起爆剤となることでしょう。今後ともレッドハットはシスコと協力して、新しいオープンソースソリューションをお客様に提供して参ります。

以上

関連リソース

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)
**当資料は、2009年3月16日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳に日本独自の情報を付加したものになります。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のWebサイトをご参照ください。
Cisco Unleashes the Power of Virtualization with Industry's First Unified Computing System

お問い合わせ