日本版 ニュースリリース

Japan News






「SOLTERIA:ソルテリア」Cisco Powered Network参加

~国内初のMPLSベースIP-VPNサービス認定取得~

Apr. 18, 2000
No. 200031

 日本テレコム株式会社(本社:東京都中央区、社長:村上 春雄)とシスコシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:黒澤 保樹)は、日本テレコムの、SOLTERIA: ソルテリア~Managed IP Service~が、国内初のMPLSベースのIP-VPNサービスとして、Cisco Powered Networkの認定取得したことを発表いたします。

 Cisco Powered Networkは通信サービスがシスコのテクノロジーで構成されていることを証明するプログラムであり、Cisco Powered Networkは、シスコの高い信頼性がそのままエンド・ツー・エンドで保証されることを示します。 日本テレコムは国内最初のCisco Powered Network認定サービスプロバイダーとして、すでに ODNサービス、ATM専用サービス、FRサービス、CRサービスの認定を取得しています。

 SOLTERIAは、国内初のMPLS IP-VPN (仮想閉域網)サービスであり、日本テレコムがシスコのテクノロジーで構築する次世代ネットワークPRISM上で展開する最初の商用サービスとして提供されます。 商用サービス開始発表と同時にCisco powered Network認定を取得いたしました。

 SOLTERIAは、急速に変革を始めたお客様のビジネススタイルに対し、最も柔軟に対応できるネットワークサービスです。次世代の企業ネットワークシステムは、企業内だけではなく、関連企業・提携企業・取引先・お客様などの有機的なつながりが求められており、このサービスは、ユーザー企業がイントラネットやエクストラネットを構築する際に利用できる最適なサービスです。このサービスのメリットは以下の5つのポイントに集約されます。

  1. パフォーマンス
    MPLSではIPパケットのヘッダの中身を解析する従来のIPパケット転送ではなく、ラベルだけで、宛先を認識し高速スイッチングを実行するため、パフォーマンスが大きく向上します。
  2. 高い拡張性
    拠点が増えた場合、ルータ間で自動的にルーティング情報を交換しラベルを附加するので、追加拠点の接続のみで間単に増設できます。
  3. セキュリティ
    データにラベルをつけることでATMやフレームリレーと同等のセキュリティが実現できます。ラベルに該当するトラヒックのみが選別されて転送されます。
  4. 運用管理の容易さ
    自動的にラベルが貼られるので、ATMのVPI/VCI、フレームリレーのDLCIのような複雑な設定・管理が不要です。
  5. 経済性
    利用料金は、地域格差がなく均一で、コストパフォーマンスに優れています。 
また、MPLSはラベルによって網内の転送を実現するため、お客様は今まで使用しているプライベートアドレスを変更することなく次世代ネットワークサービスに加入することができます。

シスコシステムズはCisco Powered Networkプログラムを活用し日本テレコムの次世代サービスをサポートいたします。

日本テレコムは、4月19-20日開催のCiscoWave2000+Networkersにおいて、Cisco powered NetworkコーナーにてSOLTERIA展示ブースを開設いたします。

日本テレコム url http://www.japan-telecom.co.jp/

シスコシステムズ url http://www.cisco.com/jp/

Solteria url http://www.solteria.net/

CPN url http://www.keyman.or.jp/cgi-bin/open/210118/P01/

CiscoWave2000+Networkers url http://bizevent.nikkeibp.co.jp/cisco/intro.html