部門紹介

テクニカルアシスタンスセンター(TAC)

部門の役割

部門の役割

「お客様を成功に導く」事が、シスコの掲げるミッション。それを具現化する最も重要な役割を担っているのがテクニカルサービス部門です。その中でも、顧客に導入されたシスコ製品のテクニカルサポートを担っているのが、テクニカルアシスタンスセンター(TAC)です。主にユーザシステム部門の技術者や、パートナーのサポート技術者では解決できない複雑な問題に対する調査・解析とソリューションの提供を行います。製品単体で発生する問題から、ネットワークデザインに起因する問題、システムの信頼性、パフォーマンスなどさまざまな問題を取り扱っています。テクニカルアシスタンスセンター(TAC)には、シスコ製品そのものの設計ドキュメントやソースコードへのアクセスも許されており、必要に応じて開発部門と協力して調査を進め、問題の修正・解決策をお客様へ提供する他、お客様が抱える問題や要望を開発部門へフィードバックし、製品の品質向上にも貢献しています。

この部門で働く魅力

この部門で働く魅力

テクニカルアシスタンスセンター(TAC)では、米国の各拠点にも日本からエンジニアを派遣し、日本と現地のビジネスタイムの時差を利用して、国内のお客様に対し24時間体制のサポートを展開しています。
「グローバルな企業で技術力を磨きたい」-そんな方にとっては、絶好のフィールドです。テクニカルアシスタンスセンター(TAC)にはネットワークの各領域のテクノロジーを究めた人材が集結しており、世界でもトップレベルの知識・経験を持つエンジニアたちと、常に最先端のネットワーク技術を学べ、その技術力を存分に活かせる部門です。また、サポートエンジニアにも製品のソースコードのアクセス権限が許されており、エンジニアのテクノロジーに対する向上心や探究心が十分に満たされる環境も整っています。「お客様を成功に導く」ことを直接体感できる、やりがいを日々実感できる部門です。