IT 認定とキャリアパス

642-887 SPCORE

Implementing Cisco Service Provider Next-Generation Core Network Services

試験番号 642-887
関連資格 CCNP Service Provider
試験時間 90 分(65 - 75 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

642-887 SPCORE Implementing Cisco Service Provider Next-Generation Core Network Services 試験。この試験では、MPLS テクノロジーおよび MPLS-TE サービスの概念と実装に関する知識を確認します。また、基本的な Quality of Service と高度な機能を実装するための Quality of Service with Multi Protocol Label Switching(MPLS)のテクノロジーの基本を理解しているかどうかについても認定します。この試験の受験対策として、Implementing Cisco Service Provider Next-Generation Core Network Services(SPCORE)コースが用意されています。

試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 38%     1.0   サービス プロバイダー IP NGN 環境に
                        おける QoS

      • 1.1

        DiffServ および IntServ QoS モデルの説明

      • 1.2

        QoS のメカニズム(分類とマーキング、輻輳管理および回避、トラフィック ポリシングおよびトラフィック シェーピング)の説明

      • 1.3

        IPv6 フロー ラベルの説明

      • 1.4

        企業環境および SP 環境における信頼境界の説明

      • 1.5

        QoS 設定用の Cisco MQC の説明

      • 1.6

        階層型 QoS の設定の説明

      • 1.7

        ネットワーク プロトコルを検出し、パケットを分類するための Cisco NBAR 機能の説明

      • 1.8

        標準的なエッジ PE ルータおよびコア P ルータの QoS 要件の説明

      • 1.9

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における、QPPB を使ったインタードメイン ネットワークでの分類およびマーキングの実装

      • 1.10

        Cisco IOS-XR および IOS-XE におけるクラスベース マーキングの実装

      • 1.11

        Cisco IOS-XR および IOS-XE におけるトンネル インターフェイスでの QoS 事前分類の実装

      • 1.12

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における CB-WFQ の実装

      • 1.13

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における LLQ の実装

      • 1.14

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における WRED の実装

      • 1.15

        Cisco IOS-XR および IOS-XE におけるトラフィック ポリシングの実装

      • 1.16

        Cisco IOS-XR および IOS-XE におけるトラフィック シェーピングの実装

      • 1.17

        Cisco IOS-XR ルータにおける LPTS およびハードウェア レート リミッタの説明

      • 1.18

        MPLS EXP ビットの説明

      • 1.19

        MPLS の QoS 実装の概念およびモデルの説明

      • 1.20

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における MPLS DiffServ トンネリングの実装

      • 1.21

        QoS の IOS-XR および IOS-XE 設定エラーのトラブルシューティング

  • 32%     2.0   サービス プロバイダー IP NGN 環境に
                        おける MPLS/LDP

      • 2.1

        シスコ ルータの CEF、FIB、LFIB、および LIB テーブルの説明

      • 2.2

        シスコ ルータにおける MPLS ラベルおよびラベル スタックの動作の説明

      • 2.3

        シスコ ルータにおける LDP の動作の説明

      • 2.4

        MPLS OAM(MPLS LSP Ping および MPLS Traceroute)の説明

      • 2.5

        サービス プロバイダー環境における MPLS アプリケーションの説明

      • 2.6

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における LDP の実装

      • 2.7

        Cisco IOS-XR および IOS-XELDP におけるハイ アベイラビリティ機能の実装

      • 2.8

        LDP の IOS-XR および IOS-XE 設定エラーのトラブルシューティング

  • 22%     3.0   サービス プロバイダー IP NGN 環境に
                        おける MPLS トラフィック
                        エンジニアリング

      • 3.1

        MPLS トラフィック エンジニアリング(TE)の概念の説明

      • 3.2

        MPLS TE 制約ベースのパス計算の説明

      • 3.3

        パスのセットアップ手順やメンテナンスを含む、MPLS TE トンネルの詳細説明

      • 3.4

        トラフィックを MPLS TE トンネルに割り当てる方法の説明

      • 3.5

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における MPLS TE トンネルの実装

      • 3.6

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における MPLS TE 帯域幅の実装

      • 3.7

        Cisco IOS-XR および IOS-XE における MPLS TE のリンクおよびノード保護の実装

  •   8%     4.0   転送テクノロジー

      • 4.1

        ATM/SONET/SDH ベースのバックボーンからパケット ベースの IP/MPLS バックボーンへの SP コア移行の説明

      • 4.2

        Cisco IOS-XR ルータにおける 10/40/100 GigabitEthernet インターフェイスの実装

      • 4.3

        DWDM、IPoDWDM、および ROADM の説明

      • 4.4

        Cisco IOS-XR ルータにおける IPoDWDM コントローラ/インターフェイスの実装

  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Implementing Cisco Service Provider Next-Generation Core Network Services (SPCORE)

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。英語版はこちらpopupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム