IT 認定とキャリアパス

200-120J CCNA

Cisco Certified Network Associate 試験

試験番号 200-120J CCNA
試験終了予定日:2016年8月20日
関連資格 CCNA Routing and Switching
試験時間 90 分 (50-60 問)
試験言語 日本語、英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

CCNA 試験およびトレーニングは、バージョン2.0から3.0に改訂されました。受験者は、受験する試験のバージョンを 200-120J CCNA v2.0 または 200-125J CCNA v3.0 より選択できます。200-120J CCNA v2.0 試験の終了予定日は 2016年8月20日です。

CCNA Composite 試験:200-120 CCNA は、CCNA Routing and Switching 認定に関連する複合試験です。 Interconnecting Cisco Networking Devices Part 1 (ICND1) v2.0 コースおよび Interconnecting Cisco Networking Devices Part 2 (ICND2) v2.0 コースを受講することで、試験の準備をすることができます。 この試験では、中小規模エンタープライズ ブランチ オフィス ネットワークの導入、運用、およびトラブルシューティングを行うためのスキルと知識が問われます。 この試験では、ICND 1 試験および ICND 2 試験の内容が含まれます。

試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  •   5%     1.0   IP データ ネットワークの運用

      • 1.1   さまざまなネットワーク デバイス(ルータ、スイッチ、ブリッジ、ハブなど)
                 の目的および機能の理解
         
      • 1.2   所定のネットワーク仕様に対応するコンポーネントの選択
         
      • 1.3   一般的なアプリケーション、およびアプリケーションによる
                 ネットワークへの影響の確認
         
      • 1.4   OSI モデルおよび TCP/IP モデルにおけるプロトコルの目的と
                 基本的な動作の説明
         
      • 1.5   ネットワーク上の 2 つのホスト間のデータ フローの予測
         
      • 1.6   シスコのネットワーク デバイスを LAN 内の他のネットワーク デバイスや
                 ホストに接続するための適切なメディア、ケーブル、ポート、
                 コネクタの確認
         
  • 20%     2.0   LAN スイッチング テクノロジー

      • 2.1   イーサネット ネットワークで用いられるテクノロジーと
                 Media Access Crontrol(MAC)方式の決定
         
      • 2.2   基本的なスイッチングの概念とシスコ製スイッチの動作の確認
        • 2.2.a   コリジョン ドメイン
        • 2.2.b   ブロードキャスト ドメイン
        • 2.2.c   スイッチングの方式
          • 2.2.c (i)   ストア
          • 2.2.c (ii)   フォワード
          • 2.2.c (iii)   カットスルー
          • 2.2.c (iv)   CAM テーブル
             
      • 2.3   リモート アクセス管理を含む、スイッチの初期設定の構成と確認
        • 2.3.a   hostname
        • 2.3.b   Managment IP address
        • 2.3.c   IP default-gateway
        • 2.3.d   Local user and password
        • 2.3.e   Enable secret password
        • 2.3.f   コンソール/VTY ログイン
        • 2.3.g   exec-timeout
        • 2.3.h   Service password encryption
        • 2.3.i   copy run start
           
      • 2.4   下記の基本的なユーティリティを使用した、ネットワーク ステータスと
                 スイッチ動作の確認
        • 2.4.a   ping
        • 2.4.b   telnet
        • 2.4.c   SSH
           
      • 2.5   VLAN によって論理的に独立したネットワークを作成する方法、
                 およびそれらの VLAN 間でのルーティングの必要性についての説明
        • 2.5.a   ネットワークのセグメンテーションと基本的な
                     トラフィック管理の概念の説明
           
      • 2.6   VLAN の設定と確認
         
      • 2.7   シスコ製スイッチのトランキングの設定と確認
        • 2.7.a   DTP(トピック)
        • 2.7.b   自動ネゴシエーション
           
      • 2.8   強化されたスイッチング テクノロジーの確認
        • 2.8.a   RSTP
        • 2.8.b   PVSTP
        • 2.8.c   EtherChannels
           
      • 2.9   PVSTP の動作の設定と確認
        • 2.9.a   ルート ブリッジ選出の説明
        • 2.9.b   スパニング ツリー モード
  •   5%     3.0   IP アドレッシング (IPv4/IPv6)

      • 3.1   IPv4 アドレスを割り当てるためのプライベート IP アドレスと
                 パブリック IP アドレスの操作と必要性の説明
         
      • 3.2   LAN/WAN 環境のアドレッシング要件を満たす適切な IPv6 アドレッシング
                 方式の確認
         
      • 3.3   LAN/WAN 環境のアドレッシング要件を満たす、VLSM と経路集約を
                 使用した適切な IPv4 アドレッシング方式の確認
         
      • 3.4   IPv4 と IPv6 を併用するための技術要件の説明
        • 3.4.a   デュアル スタック
           
      • 3.5   IPv6 アドレスの説明
        • 3.5.a   グローバル ユニキャスト
        • 3.5.b   マルチキャスト
        • 3.5.c   リンク ローカル
        • 3.5.d   固有ローカル
        • 3.5.e   EUI 64
        • 3.5.f   自動設定
  • 20%     4.0   IP ルーティング テクノロジー

      • 4.1   基本的なルーティングの概念の説明
        • 4.1.a   パケット転送
        • 4.1.b   ルータ ルックアップ プロセス
        • 4.1.c   プロセス スイッチング/高速スイッチング/CEF
           
      • 4.2   基本的なルータ設定を行うための CLI の設定と活用方法の確認
        • 4.2.a   Hostname
        • 4.2.b   Local user and password
        • 4.2.c   Enable secret password
        • 4.2.d   コンソール/VTY ログイン
        • 4.2.e   exec-timeout
        • 4.2.f   Service password encryption
        • 4.2.g   インターフェイスの IP アドレス
          • 4.2.g (i)   loopback
        • 4.2.h   banner
        • 4.2.i   MOTD
        • 4.2.j   copy run start
           
      • 4.3   デバイス インターフェイスの動作ステータスの設定と確認
        • 4.3.a   シリアル
        • 4.3.b   イーサネット
           
      • 4.4   下記を使用したルータの設定とネットワーク接続の確認
        • 4.4.a   ping
          • 4.4.a (i)   拡張 ping
        • 4.4.b   traceroute
        • 4.4.c   telnet
        • 4.4.d   SSH
        • 4.4.e   Show cdp neighbors
           
      • 4.5   所定のルーティング要件に対応するスタティック ルートまたは
                 デフォルト ルートのルーティング設定と確認
         
      • 4.6   複数のルーティング手法とルーティング プロトコルの比較
        • 4.6.a   スタティックと ダイナミック
        • 4.6.b   リンク ステートと ディスタンス ベクター
        • 4.6.c   ネクスト ホップ
        • 4.6.d   IP ルーティング テーブル
        • 4.6.e   パッシブ インターフェイス(仕組み)
        • 4.6.f   アドミニストレーティブ ディスタンス
        • 4.6.g   スプリット ホライズン
        • 4.6.h   メトリック
           
      • 4.7   OSPF の設定と確認
        • 4.7.a   シングル エリアのメリット
        • 4.7.b   OSPv2 の設定
        • 4.7.c   OSPv3 の設定
        • 4.7.d   ルータ ID
        • 4.7.e   パッシブ インターフェイス
        • 4.7.f   マルチエリア OSPF について
        • 4.7.g   LSA の種類と目的の理解
           
      • 4.8   VLAN 間ルーティング(「ルータ オン ア スティック」方式)の設定と確認
        • 4.8.a   サブ インターフェイス
        • 4.8.b   アップストリーム ルーティング
        • 4.8.c   カプセル化
           
      • 4.9   SVI インターフェイスの設定
         
      • 4.10   Cisco IOS ファイルの管理
        • 4.10.a   起動方法の種類
        • 4.10.b   Cisco IOS イメージ(15)
        • 4.10.c   ライセンス
          • 4.10.c (i)   ライセンスの表示
          • 4.10.c (ii)   ライセンスの変更
             
      • 4.11   EIGRP(シングル AS)の設定と確認
        • 4.11.a   フィジブル ディスタンス/フィジブル サクセサ/
                       アドミニストレーティブ ディスタンス
        • 4.11.b   フィジビリティ コンディション
        • 4.11.c   メトリック構成
        • 4.11.d   ルータ ID
        • 4.11.e   自動サマリー
        • 4.11.f   パスの選択
        • 4.11.g   ロード バランシング
          • 4.11.g (i)   不等
          • 4.11.g (ii)   等
             
  • 10%     5.0   IP サービス

      • 5.1   DHCP(IOS ルータ)の設定と確認
        • 5.1.a   DHCP を使用するためのルータ インターフェイスの設定
        • 5.1.b   DHCP オプション(概要と機能)
        • 5.1.c   除外アドレス
        • 5.1.d   リース期間
           
      • 5.2   ACL のタイプ、機能、使用例の説明
        • 5.2.a   標準(編集機能とシーケンス番号)
        • 5.2.b   拡張
        • 5.2.c   名前付き
        • 5.2.d   番号付き
        • 5.2.e   ログ オプション
           
      • 5.3   ネットワーク環境での ACL の設定と確認
        • 5.3.a   名前付き
        • 5.3.b   番号付き
        • 5.3.c   ログ オプション
           
      • 5.4   NAT の基本的な動作の確認
        • 5.4.a   目的
        • 5.4.b   プール
        • 5.4.c   スタティック
        • 5.4.d   1 対 1
        • 5.4.e   オーバーロード
        • 5.4.f   ソース アドレッシング
        • 5.4.g   一方向 NAT
           
      • 5.5   所定のネットワーク要件に対応する NAT の設定と確認
         
      • 5.6   クライアントとしての NTP の設定と確認
         
      • 5.7   ハイ アベイラビリティ(FHRP)の理解
        • 5.7.a   VRRP
        • 5.7.b   HSRP
        • 5.7.c   GLBP
           
      • 5.8   Syslog の設定と確認
        • 5.8.a   Syslog 出力の活用
           
      • 5.9   SNMP v2 および v3 の説明
         
  • 10%     6.0   ネットワーク デバイスのセキュリティ
     

      • 6.1   ネットワーク デバイスのセキュリティ機能の設定と確認
        • 6.1.a   デバイスのパスワード セキュリティ
        • 6.1.b   enable secret と enable
        • 6.1.c  トランスポート
          • 6.1.c (i)   telnet の無効化
          • 6.1.c (ii)  SSH
        • 6.1.d   VTY
        • 6.1.e   物理セキュリティ
        • 6.1.f   サービス パスワード
        • 6.1.g   外部認証方式の説明
           
      • 6.2   スイッチ ポートのセキュリティ機能の設定と確認
        • 6.2.a   スティッキ MAC
        • 6.2.b   MAC アドレス制限
        • 6.2.c   スタティック/ダイナミック
        • 6.2.d   違反モード
          • 6.2.d (i)   errDisable
          • 6.2.d (ii)   シャットダウン
          • 6.2.d (iii)   保護制限
        • 6.2.e   未使用ポートのシャットダウン
        • 6.2.f   Errdisable のリカバリ
        • 6.2.g   未使用ポートの未使用 VLAN への割り当て
        • 6.2.h   ネイティブ VLAN の VLAN 1 以外への設定
           
      • 6.3   ネットワーク トラフィックをフィルタするための ACL の設定と確認
         
      • 6.4   telnet と SSH によるルータへのアクセスを制限するための
                 ACL の設定と確認
         
  • 20%     7.0   トラブルシューティング

      • 7.1   IP アドレッシングおよびホスト設定に関連する一般的な問題の
                 トラブルシューティングと解決
         
      • 7.2   VLAN の障害に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.2.a   VLAN が設定されていることの確認
        • 7.2.b   ポート メンバーシップが正しいことの確認
        • 7.2.c   設定済み IP アドレスが正しいことの確認
           
      • 7.3   シスコ製スイッチにおけるトランキングの問題に関する
                 トラブルシューティングと解決
        • 7.3.a   トランク ステートの確認
        • 7.3.b   設定済みカプセル化が正しいことの確認
        • 7.3.c   許容 VLAN の修正
           
      • 7.4   ACL の問題に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.4.a   統計情報の確認
        • 7.4.b   許容ネットワークの確認
        • 7.4.c   方向の確認
          • 7.4.c (i)   インターフェイス
             
      • 7.5   レイヤ 1 の障害に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.5.a   フレーミング
        • 7.5.b   CRC
        • 7.5.c   ラント
        • 7.5.d   ジャイアント
        • 7.5.e   廃棄されたパケット
        • 7.5.f   レイト コリジョン
        • 7.5.g   入出力エラー
           
      • 7.6   一般的なネットワークの問題の特定と修正
         
      • 7.7   スパニング ツリーの動作に関する問題のトラブルシューティングと解決
        • 7.7.a   ルート スイッチの確認
        • 7.7.b   プライオリティの確認
        • 7.7.c   モードが正しいことの確認
        • 7.7.d   ポートのステータスの確認
           
      • 7.8   ルーティングの問題に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.8.a   ルーティングが有効になっていることの確認(sh ip protocols)
        • 7.8.b   ルーティング テーブルが正しいことの確認
        • 7.8.c   正しいパス選択の確認
           
      • 7.9   OSPF の障害に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.9.a   ネイバー アジャセンシーの確認
        • 7.9.b   Hello タイマーとデッド タイマーの確認
        • 7.9.c   OSPF エリアの確認
        • 7.9.d   インターフェイス MTU の確認
        • 7.9.e   ネットワーク タイプの確認
        • 7.9.f   ネイバーの状態の確認
        • 7.9.g   OSPF トポロジ テーブルの確認
           
      • 7.10   EIGRP の障害に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.10.a   ネイバー アジャセンシーの確認
        • 7.10.b   AS 番号の確認
        • 7.10.c   ロード バランシングの確認
        • 7.10.d   スプリット ホライズン
           
      • 7.11   VLAN 間ルーティングの問題に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.11.a   接続性の確認
        • 7.11.b   カプセル化の確認
        • 7.11.c   サブネットの確認
        • 7.11.d   ネイティブ VLAN の確認
        • 7.11.e   ポート モードのトランク ステータス
           
      • 7.12   WAN の実装の問題に関するトラブルシューティングと解決
        • 7.12.a   シリアル インターフェイス
        • 7.12.b   フレーム リレー
        • 7.12.c   PPP
           
      • 7.13   NetFlow 統計の監視
         
      • 7.14   EtherChannel の問題に関するトラブルシューティング
         
  • 10%     8.0   WAN テクノロジー

      • 8.1   さまざまな WAN テクノロジーの確認
        • 8.1.a   メトロ イーサネット
        • 8.1.b   VSAT
        • 8.1.c   セルラー 3G/4G
        • 8.1.d   MPLS
        • 8.1.e   T1/E1
        • 8.1.f   ISDN
        • 8.1.g   DSL
        • 8.1.h   フレーム リレー
        • 8.1.i   ケーブル
        • 8.1.j   VPN
           
      • 8.2   基本的な WAN のシリアル接続の設定と確認
         
      • 8.3   シスコ製ルータ間の PPP 接続の設定と確認
         
      • 8.4   シスコ製ルータでのフレームリレーの設定と確認
         
      • 8.5   PPPoE の実装とトラブルシューティング
         
  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Interconnecting Cisco Networking Devices Part 1 (ICND1 popup) v2.0
    • Interconnecting Cisco Networking Devices Part 2 (ICND2 popup) v2.0

    もしくは

    • Interconnecting Cisco Networking Devices: Accelerated (CCNAX popup) v2.0

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    学習情報

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。英語版はこちらpopupから、日本語版はこちらpopupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム